FC2ブログ

コロナワクチン接種後 目への副反応は?

新型 コロナウイルスワクチン接種が国内で日々進んでいます。

接種後の一般的な副反応としては、発熱・注射下部分の痛み・倦怠感・頭痛・筋肉や関節の痛み等が
知られていますが・・・・先日会員さんより『接種後、自宅でのトレーニングが見づらい。』や『片目に鈍痛があった』
と相談されましたので目への副反応調べてみました。

●アストラゼネカ社のワクチンを接種したあと4~28日の間に眼のかすみが強い場合や長期間続く場合には、
直ちに医療機関を受診する必要があります。これは脱髄という神経の異常や、血栓症がおこることが報告
されているからです。

また、因果関係は不明ですが、ファイザー社のワクチンを接種した翌日に複視(ものが二重に見えること)が
おこったとの報告があります
新型コロナウイルス感染症のワクチンによって眼におこる副反応の多くはアナフィラキシーによるものと思われます。
視神経炎や外眼筋麻痺のように重症なものは非常に少ないと考えられています

その方が専門機関に問い合わせると、やはり一種の副反応と説明されたそうです。
(幸いその方は一時的なもので、1週間弱で見え方が戻りました)


ただ新型コロナウイルスワクチンだけではなく、 インフルエンザワクチンを接種した方にも まれに、
目の赤み、目の痛み、かすみ目などの軽度の症状が起こることがあるようですので、あまり怖がらず💦・・・
ただ症状が長引く際には念のため専門医での検査をお薦めします。(久)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


斜位

会員さんのなかに斜位の方がいらっしゃいます。
人間の眼は片方の眼だけでも当然見ることはできますが、物を立体的に捉えるために両眼を上手に使って生活しています。
両目の位置は違いますから、当然異なる角度から物が見えていることになります。その差を視差と言いますが、その視差は脳で計算されて、立体感や距離感を感じています。

斜位の方に両目を開けたまま片目を覆っていただくと、覆われたほうの眼は楽な位置へ移動して休んでしまいます。
見たいものを両目で見ようとすると正しい位置に目を戻すことを繰り返しているため普段から目が疲れると自覚されている方も多いかもしれません。

そんな斜位の方に有効な訓練を紹介します。

訓練には、キャラクターペンの人形などを、眼前約50cmから徐々に近づけ、両目でしっかり見るようにします。見る目標物は、はっきりした目印を選びましょう。両目が等しく内に「寄る」ことが重要です。
正常な寄り目の目安は、眼前6~8cm程度です。両目もしくは片目が内寄せできなくなったところが寄り目の限界です。その限界が眼前15cm以上であれば訓練をしましょう。一日に約5分間で20回くらい、ペンを動かしながらゆっくりくり返します。常に両目で目標物を見るようにしてください。

訓練では、両目が等しく内に寄ることが重要です。見る目標物(キャラクターペンの人形など)は、鼻のようなはっきりとしたポイ選び、両目でしっかり見るようにします。顔に対して、ゆっくり真っ直ぐ目標物を近づけましょう。

また短期間に集中的にやるよりも、毎日持続して行った方が効果的です。歯磨きや入浴の前後に習慣化させると良いでしょう。
※日本眼科医会様のHPを参考にさせて頂きました。(o)

斜位


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

夏場に起こりやすい目の病気

今年の夏も厳しい暑さになりましたね。9月に入ってもうすっかり秋の涼しさが?と思いきや、
10月頃にまた残暑が残るかもと予報されているようです。体調管理には気を付けたいですね。

そんな高温多湿の夏場に起こりやすい目の病気があります。
『結膜炎』や『ものもらい』です。

結膜炎は、結膜にウイルスや細菌が感染したり、アレルギー物質が付着したりして起こる結膜の炎症のことです。ウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎、アレルギー性結膜炎が代表的なものとして挙げられます。主に目の充血や目やに、かゆみ、発熱やリンパ節の痛みを感じる場合もあります。ウイルス性結膜炎は、はやり目やプール熱と呼ばれるものがあり、人から人へ感染する為、早期の治療が必要です。

ものもらいは麦粒腫や霰粒腫の事を指すことが多く、地域によっては『めばちこ』と呼ばれる所もあります。
まつ毛の毛根やマイボーム腺に細菌が感染し、炎症を起こして腫れや痛み、化膿などの症状が生じた状態です。放っておくと外科的手術が必要になる場合もあります。

夏場は他の季節に比べ細菌が増えやすく、さらに暑さによる夏バテ等で免疫力が低下しているとなりやすくなります。
また、アトピーやハウスダスト等のアレルギーがある人は目をこすることが多く、季節に関係なくかかりやすいと言われています。

予防策としては、まずむやみに目を触らないこと。どうしても触る時は手を清潔にしてからにしましょう。
前髪が伸びすぎているのも良くありません。上まぶたにかからない長さにするか、ピン留めで留めるようにしましょう。
アイラインを控えめにする、コンタクトレンズの衛生面に気を付けることも大切です。
免疫力を落とさないようにすることも大事な予防法です。食事をしっかり摂ること、寝不足にならないよう睡眠をきちんと取ること、寝る前にホットタオル等で目を温めてあげるのもオススメです。

もし、万が一かかってしまったかも?と思ったら、早目に眼科を受診するようにしましょう。
※大正製薬様のHPを参考にさせて頂きました。(か)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

テーマ : 目のトラブル、目の病気
ジャンル : ヘルス・ダイエット

防災週間

8月30日~9月5日は防災週間です。
立川センターはこの度、非常口への誘導通路を
新しく設置する関係で、リニューアルオープンする
ことになりました。
8月29日~オープンしておりますので、宜しくお願い
致します。

夏休みが明けても、オンライン授業でなかなか登校が
出来ない状態の学校があると聞きます。
避難訓練もする機会が減るかもしれませんが、
防災意識は高めておきたいものです。(↑)

DSC_0038a.jpg


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

子供の裸眼視力

文部科学省は7月28日、2020年度の学校保健統計調査の結果を発表しました。

裸眼視力が1・0未満の小中学生の割合がいずれも過去最悪となり、
文科省は「スマートフォンなどデジタル端末の利用時間の増加が一因では」
とみています。


発表によると、視力1・0未満の割合は...

★幼稚園児は、1・84ポイント増の27・90%

★小学生は、前年度比2・95ポイント増の37・52%

★中学生は、0・82ポイント増の58・29%

★高校生は、過去最悪だった前年度より4・47ポイント減り63・17%


1・0未満の割合は、
小1が24・22%、小6は49・47%、中3は60・61%と、
学年ごとに増加傾向にあります。

小中学生は、1人1台の学習用端末を配る「GIGAスクール構想」により、
今春以降、授業などで端末を使う時間が増えました。

文科省は、導入の影響などを把握するため、
今年度から、全国の小中学生約9000人を対象に近視の実態調査を行っています。


例年、学校保健統計の調査は4~6月に行います。
しかし、コロナ禍の休校などに配慮し、20年度は20年4月~21年3月と期間を延長。

全国の幼稚園児や小中高校生(5~17歳)の25%にあたる334万人の健康診断の結果をまとめました。

調査時期が例年と異なるため、文科省は「過去の数値と単純比較はできない」としています。(い)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


プロフィール

コルシカル

Author:コルシカル
トレーニング機器です。
医療機器ですよ!

視力回復見込みチェック、
好評実施中!!
ご希望の方はお近くの
センターまで!
お電話お待ちしてます!


===================

ケーブルテレビで放映されました!


画像をクリックすると
大きな画像で見れます!

※うまく表示されない場合は
最新のFlash Playerを入手下さい。

ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ 人気ブログランキングへ

Facebook始めました!
よかった「いいね!」お願いします。
カテゴリ
東京視力回復センター発行書籍
これで視力がグングン回復する
これで視力がグングン回復する
↑ ご希望の方はここから

当センター理事長著最新版。
公式の治療実験で効果が実証された本物の視力回復法。
小さな子供から大人まで、自宅でできる本格的なトレーニングを わかりやすく紹介。




医者いらずの視力回復メソッド
医者いらずの視力回復メソッド
↑ ご希望の方はここから

"東京視力回復センター監修の書籍「医者いらずの視力回復メソッド 」、書店、 コンビニ、アマゾン等で好評発売中!


超音波治療器ソニマック
眼精疲労を取り除き、
視力の低下予防と
視力回復の効果を高めます。
東京視力回復センター関連サイト
携帯サイトこちらから!
QR
携帯からの資料請求はこちら
QR
最近の記事
バックナンバー

2021年 09月 【4件】
2021年 08月 【1件】
2021年 07月 【3件】
2021年 06月 【2件】
2021年 05月 【4件】
2021年 03月 【4件】
2021年 02月 【2件】
2021年 01月 【3件】
2020年 12月 【3件】
2020年 11月 【3件】
2020年 10月 【3件】
2020年 09月 【3件】
2020年 08月 【3件】
2020年 07月 【2件】
2020年 06月 【5件】
2020年 04月 【2件】
2020年 03月 【5件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【4件】
2019年 12月 【2件】
2019年 11月 【5件】
2019年 10月 【5件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【3件】
2019年 07月 【2件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【6件】
2019年 03月 【3件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【4件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【4件】
2018年 04月 【4件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【7件】
2015年 10月 【8件】
2015年 09月 【8件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【8件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【8件】
2015年 03月 【8件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【9件】
2014年 11月 【8件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【10件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【13件】
2014年 02月 【12件】
2014年 01月 【14件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【13件】
2013年 09月 【13件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【13件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【12件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【13件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【12件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【13件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【3件】
2010年 07月 【5件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【3件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【5件】
2008年 09月 【4件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【3件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【4件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【3件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【4件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【5件】

最近のトラックバック
ご訪問有難うございます!!
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示