FC2ブログ

目の表情

マスクの着用が一般的になってきましたね。

口元が見えず、顔の半分以上が隠れている為、
表情が読み取りづらいという声も聞こえてきます。

マスクをつけていてもコミュニケーションを深めるには、
どうすればよいのでしょうか。

それは、目の表情を豊かにすることです。

怒り、恐怖、驚き、悲しみ、喜び。
どれもが目元に変化が生まれます。

表情を表現する際、眉の配置や傾きなどが全体の印象を握っています。

その為、笑顔もいつも以上に意識しないと相手には伝わらないのです。


最近は、テレワークなどで、相手とテレビ電話やテレビミーティングなどを
する機会もあると思います。

その時に、目と眉をいつも以上に下げると
優しい笑顔に見えますよ。(い)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



世界中で近視の人口が急増

近視対策には1日2時間以上の屋外活動が有効か??

東アジアの国々では、この60年間の近視の増加率は、香港では8倍、韓国と台湾では4倍というデータがあります。
その他のヨーロッパやアメリカなどでも近視の人口は増えつつあります。

世界各国の研究で、近視の進行を防ぐ効果があると認められているのが屋外活動。
近視の発症率と屋外活動について、アメリカ.オハイオ州立大学が2007年に報告した臨床結果があります。

○両親が近視でなくても屋外活動時間が1日1時間に満たない場合、片親が近視の場合と同様の発症率になる。

○両親が近視でも屋外活動時間を1日2時間以上行った場合、両親が近視ではない場合に近い状態まで近視発症率が下がる。

つまり、屋外活動の時間が近視発症率を大きく左右している可能性がある。両親が近視だから子供も近視になると諦めてはいけない。
また、屋外活動の時間が長いほど、子供の近視発症率が低くなることが数多くの研究から報告されている。(研究結果より参照)

現在はコロナの影響で、外出自体が制限され、当然ながら屋外活動時間が少なくなっています。
つまり、近視の発症率の増加や進行が心配されますので、特に気を付けるべき時期といえるでしょう。
学校の黒板が見づらい、テレビの時に目を細めるなど気になることがあれば、早目に対応が必要です。(久)

┅近視・遠視・乱視·弱視でお悩みの方┅
視力回復見込みチェック受付中(予約制)

センターにより受付曜日が異なります。
まずは、ご希望のセンターに(渋谷、池袋、立川、横浜、横浜都筑、千葉船橋)お問い合わせの上、必ずご予約をお願い致します。



東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

偏光サングラスとUVカットサングラス

紫外線が気になる季節になりました。紫外線から目を守るためにUVカットサングラスを使用する方は多いと思います。
それ以外に偏光サングラスというものがあります。偏光サングラスは、特殊なフィルム「偏光膜」がレンズ内に入っていて、
余分な反射光をカットしてくれるサングラスです。上下や斜めからの反射をカットすると、まぶしさが抑えられて、目に心地よい、
クリアな視界で物を見ることができます。

また、偏光サングラスは路面や水面、雪面などの自然光の乱反射を防いでくれるので、マリンスポーツやウインタースポーツを
するときに便利です。他にも、車の運転や、屋外でのスポーツ観戦、ランニングにも重宝します。アウトドアで使う場合はグリーン系、運転で使う場合はグレー系レンズがおすすめです。注意する点は、スマホやカーナビの画面は、偏光サングラスをかけたままだと角度によって見えづらいこともあるということです。(O)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

コロナ自粛が明けて‥

県をまたいでの移動が可能になり、少しずつ生活が動き始めていますね。

自粛期間中、どうしても家の中で過ごすことが多く、遠くを見る機会が少なくなり、
気づいたら以前より見づらさや疲れやすさを感じている方もいるのではないでしょうか?
お子様は自分で見づらいと認識することが難しい場合もありますので、
以前と比べて目を細めたり、近付いて物を見たりしていないか等、親御さんがチェックしてあげましょう。

改めて、目のケアで大事なポイントをお話しします。

◎外遊びや散歩など、積極的に遠くを見る機会をつくりましょう。
まだまだ、外出は控えたい‥そんな時はベランダや窓から遠くを見るだけでも違います。
遠くのあの屋根や看板の文字は見える?鳥や飛行機なども探してみましょう。

家の中でも見づらいもの(時計の文字盤や秒針の刻み等)を探して、
ピントが合ってくるまで見つめるのもトレーニングになります。
(両目で簡単な場合は片眼でも試してみましょう。左右に差があった場合は要注意です!)

◎テレビを見たり、本を読んだりする部屋は、明るすぎたり、暗すぎたりしないように注意しましょう。
テレビの明るさと部屋の明るさに差が出ないようにしましょう。
読書も暗いから見づらくて近付くことがないように、逆に明るすぎるのも目が疲れやすくなりますので、
スタンドのような目の近くに置く照明機器は必要ないでしょう。

また、家で映画館のように部屋を暗くしてテレビを見るのは目の負担が大きいのです。
スクリーンに投射する映写機の方がテレビよりは負担が軽いですが、長時間見続けないようにしましょう。

◎テレビゲーム、携帯ゲームやスマホ、動画視聴等の使用を長時間しないで、眼を休ませましょう。
人は集中するとまばたきが減り、涙の量が少なくなると、ドライアイの原因にもなります。
30分に1回、目の休憩を取り入れましょう。30㎝程度の距離で見る電子機器は15分に1回のペースで目を休めてあげても良いくらいです。
ゆっくり目を閉じたり、外の景色に目を向けてみましょう。気持ち多めに取り入れると良いですよ。
目の体操を知っている方はゆっくり丁寧に体操をしましょう。

◎栄養のバランスを考えた食生活を、心がけましょう。
ビタミンやカルシウムは目にとっても良い効果があります。

◎少しでも気になる様子が見られたら、一度眼科専門医を受診しましょう。
眼病等は何もなく、近視、遠視、乱視、弱視と診断されたら、センターでも相談可能です。
トレーニングで今より悪くさせないために頑張りましょう。生活改善アドバイスも実施中です。(か)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

伊達眼鏡

伊達眼鏡(だてめがね)は、装身具としてかける眼鏡。
伊達眼鏡の場合、視力の補正や、遮光など、眼鏡の機能を目的としていない。
そのため度無しのレンズがはめ込まれているか、レンズそのものが無いタイプもある。

語源は『立つ』で、これは『目立つ』や、『男が立つ』と言う「引き立つ」と言う意味。
一説には、仙台城主の伊達政宗の家来の服装に由来するエピソードがあったため、
『立つ・立て』に現在のような「伊達」と言う漢字が使用されるようになったとも。

昔から「眼鏡は男を三分(さんぶ)上げる」と言われ、男性が眼鏡を装着すると三割増しで
男前になるとされる。サングラスは伊達眼鏡の代表的存在であり、しばしば装飾具として
重宝される。
対して「眼鏡は女を三分下げる」と言われていたが、最近では眼鏡をかけている女性も
「眼鏡女子」と呼ばれ人気があり、眼鏡をチャームポイントとする女性も多い。

伊達眼鏡は仮面をかぶるのと同じであり、コンプレックスを隠すためのもので、周期的に
流行するとの分析もある。(植)

伊達眼鏡

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


プロフィール

コルシカル

Author:コルシカル
トレーニング機器です。
医療機器ですよ!

視力回復見込みチェック、
好評実施中!!
ご希望の方はお近くの
センターまで!
お電話お待ちしてます!


===================

ケーブルテレビで放映されました!


画像をクリックすると
大きな画像で見れます!

※うまく表示されない場合は
最新のFlash Playerを入手下さい。

ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ 人気ブログランキングへ

Facebook始めました!
よかった「いいね!」お願いします。
カテゴリ
東京視力回復センター発行書籍
これで視力がグングン回復する
これで視力がグングン回復する
↑ ご希望の方はここから

当センター理事長著最新版。
公式の治療実験で効果が実証された本物の視力回復法。
小さな子供から大人まで、自宅でできる本格的なトレーニングを わかりやすく紹介。




医者いらずの視力回復メソッド
医者いらずの視力回復メソッド
↑ ご希望の方はここから

"東京視力回復センター監修の書籍「医者いらずの視力回復メソッド 」、書店、 コンビニ、アマゾン等で好評発売中!


超音波治療器ソニマック
眼精疲労を取り除き、
視力の低下予防と
視力回復の効果を高めます。
東京視力回復センター関連サイト
携帯サイトこちらから!
QR
携帯からの資料請求はこちら
QR
最近の記事
バックナンバー

2020年 07月 【2件】
2020年 06月 【5件】
2020年 04月 【2件】
2020年 03月 【5件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【4件】
2019年 12月 【2件】
2019年 11月 【5件】
2019年 10月 【5件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【3件】
2019年 07月 【2件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【6件】
2019年 03月 【3件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【4件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【4件】
2018年 04月 【4件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【7件】
2015年 10月 【8件】
2015年 09月 【8件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【8件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【8件】
2015年 03月 【8件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【9件】
2014年 11月 【8件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【10件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【13件】
2014年 02月 【12件】
2014年 01月 【14件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【13件】
2013年 09月 【13件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【13件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【12件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【13件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【12件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【13件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【3件】
2010年 07月 【5件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【3件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【5件】
2008年 09月 【4件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【3件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【4件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【3件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【4件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【5件】

最近のトラックバック
ご訪問有難うございます!!
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示