FC2ブログ
免疫力を高めるさといも 2
2019年03月26日 (火) | 編集 |
前回の 免疫力を高めるさといも 1 からの続きです。

漢方では、里芋は肝臓、腎臓を補益するといわれています。
あの独特なぬめりの中にはムチンという物質が含まれていて、
常食していれば肝臓や腎臓の弱りを助け、老化防止にもなります。

また、ムチンは、タンパク質の消化・吸収を高めて胃腸の働きを
活性させ、潰瘍の予防に役立ちます。

慢性腎炎には、薄切りにして鍋でこげるまで焼いたものを粉末にして、
1回に50g、1日3回服用するといいと言われています。

また、糖尿病には、煮たものを朝晩適量食べると効果的だとも
言われています。

里芋のムチンは唾液腺ホルモンの分泌を促進し消化を助けて、
便秘を解消させます。里芋を常食していれば、自然なお通じが
得られるようになります。

ムチンは里芋のぬめりの中にある物質ですから、調理する前に
洗い落としてしまっては、せっかくの効能も半減してしまいます。
料理の見栄えは多少劣るかもしれませんが、ぬめりをなるべく
生かした仕上がりをおすすめします。

皮をむいたらぬめりをそのままに、いきなり煮ていくと、調味料が
ぬめりに溶け込んで里芋を包んだ形に煮あがるので、味が全体に
からみ、口当たりも滑らかになります。

ぬめりを残したまま煮ると鍋の中にたくさん泡が浮いてきますが、
これを抑えるには、軽く炒めてから煮たり、味噌汁なら先に味噌を
半量溶き入れてから煮ていく方法もあります。

ただしこのぬめりは、のどの粘膜を刺激するため、せきやたんの出る人、
風邪でのどに炎症を起こしている人や、皮膚に化膿がある場合は少し
ひかえたほうが良いでしょう。

下痢をしている人は、乾燥した里芋の葉柄(ぞくにいうズイキ)を
煎じて飲めば、下痢止めに効きます。

煮物や汁の実、田楽、あえ物、揚げ物など、里芋ならではの
味わいを楽しみましょう。



(健康栄養効果効能 
免疫力を高める健康 食べ物・栄養食品
効果効能ナビ さといも)
を参考にさせていただきました。 (植)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

眼科の視力検査・・・
2019年02月19日 (火) | 編集 |
眼科の視力検査について

皆さんは視力検査と聞くと第一に、裸眼(コンタクトや眼鏡をつけない状態)でどのくらい見えているかを調べる検査だと
思うのではないでしょうか?それは間違っていないのですが、眼科の視力検査は少し違うのです。

眼科の視力検査は近視や乱視の度数をいれて1.0以上の視力(矯正視力)が出るかを見る検査といったほうが正しいのです。

何も異常がない眼ですと、基本は視力が1.0以上出るといわれています。逆にどんなに眼鏡の度数を入れても1.0未満の視力ですと、何か眼に病気があると疑われます。いってしまえば眼科の視力検査は眼に異常が無いかをスクリーニング(チェック)する検査といっても過言ではありません。
裸眼の視力が0.1でも眼鏡をかけて1.0以上の視力が出ることは病的とはいえません。逆に裸眼の視力が0.8でも眼鏡をかけても0.8しか見えないことは病気が隠れている可能性があります。病気の場合は眼科で治療していきますが、矯正が出ている場合は
眼科からすると問題なしとされますから(裸眼視力を厳密に測定する眼科は少なく、だいたいこのくらい・・・という感じのようです。)
経過観察又は・・・メガネの処方となるわけです。
しかし、近視・乱視と言われた場合、「経過観察」こそが危険です。当然ながらその間に自然と良くなることはなく、さらに低下して
後悔することになります。早期発見・早期対策これが回復の一番の近道です。(久)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

メガネの「鼻あて」は鼻の低い日本人が発明した。
2019年02月12日 (火) | 編集 |
メガネフレームの真ん中部分には、2個の小さな「鼻あて」がついている。ここを鼻の両側に当てると、レンズと眼球の間に適切な距離が保たれ、レンズがずり落ちにくくなるのだが、この鼻あて、実は日本人による発明らしい。
メガネが使われるようになったのは13世紀頃のヨーロッパで、当時のメガネは手で持ったり、鼻の上に乗せたりして使うものだった。
日本で最初のメガネは16世紀にやってきたフランシスコザビエルが戦国大名の大内義隆に贈ったものとされる。17世紀初めには国内でも生産され始めた。これらはほとんどが老眼鏡。現代と違い近眼になる人はあまりいなかったらしい。
当時のメガネは、金属やべっこうのフレームの両端に穴を開け、そこに通したひもで耳にかけるタイプだった。だが鼻の低い日本人は、レンズがまつ毛と接触して具合が良くない。そこで、いつしか鼻あてをつけるようになった。現在のメガネの鼻あては金具とプラスチックだが、当時の人も金具だけでは痛かったのか、綿と布でくるむなど、様々な工夫が重ねられていた。
鼻が高かろうが低かろうが、鼻あてがつくとメガネは、ぐっと使いやすくなる。今では、世界中のメガネに鼻あてがついている。

『人類なら知っておきたい 地球の雑学』(雑学総研/KADOKAWA)を参考にさせていただきました。(o)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

スマホ‥明るさの設定していますか?
2019年02月05日 (火) | 編集 |
今や、小学生でもスマホを持っていると言う人が多い時代。これがゲーム機器所有者となるとさらに割合は増えるのではないでしょうか?

目の黒目の部分を「瞳孔」と言い、光の入り口の作用を果たしています。明るいと感じると、これ以上の光は入らないと小さくなり、この時毛様体筋と言う目の筋肉が緊張し、目が疲れやすい状態になります。(勉強や読書など近くで作業をしている時も同じ状態になります)逆に暗いと感じると、瞳孔は大きくなりもっと光を取り込もうとし、毛様体筋は緩んで目はリラックスしている状態になります。(これは遠くを見ている時と同じ状態です)つまり、明るいより暗い方が目にとって良いのです。
よく「暗い所にいると目が悪くなる」と言う話を耳にしたことがあるかもしれません。これは暗いから目に悪いのではなく、明るい所でなら近づける必要がなく見ることが出来るのに、暗いから近づいてしまう・目つきが悪くなってしまうのが悪いのであって、暗いこと自体は明るすぎるより目にとって負担が少ないのです。

明るすぎる状態は目が疲れやすくなる要因となります。ところが、スマホやタブレット、パソコンやゲーム機器、テレビを含め、画面から強い光が放たれています。特に「ブルーライト」と呼ばれる光が有名ですね。特に目との距離が近いスマホ、手持ちタイプのゲーム機器は要注意です。集中しやすく瞬きが減ってくるとドライアイの原因にもなりやすいです。

そこで、手軽に出来る対策法として、スマホなどの明るさの設定を見直して欲しいと思います。上記の通り、暗い方が目にとって良いので、なるべく暗くしてみましょう。
初期設定のままだと、かなり明るめに設定されている場合が多いので、まずこれを見るのに支障がないくらい暗く(小さく)してみましょう。理想的には0パーセントでもいいくらいです。慣れないうちは暗く感じるかもしれませんが、慣れてくると初期設定や必要以上に明るく設定(100パーセント)だと目が痛いと感じるくらいになっていきます。ただし、暗くしすぎて近づいてしまうのであれば、近づかない程度の明るさにしましょう。目つきも注意です。
スマホだけでなく、テレビやパソコン、タブレットなどたいていの電子機器はこの明るさの設定ができるはずですので、ぜひ見直してみてください。

また、画面に直接ブルーライトカットシールを貼ったり、ブルーライトカットメガネを利用するのも有効的です。
勉強や仕事でどうしても時間が長くなってしまう場合はこちらもぜひ検討してみてください。(か)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




免疫力を高めるさといも 1
2019年01月29日 (火) | 編集 |
原産は熱帯アジアで、日本へは稲より早く、紀元前1世紀ごろに入ってきました。
当時は里芋を葉でくるんで、蒸し焼きにして食べていたと考えられています。
現在では煮っころがしやふくめ煮に代表されるように、家庭料理には欠かせない食材です。

里芋の主成分はでんぷんですが、他のいも類と比較してとくに多いのがカリウムの含有量です。
ビタミンはCを若干含みます。

水分が多いのでほかの芋類に比べてエネルギーが低く、さつま芋や、山芋の半分以下です。

里芋独特のぬめりは、ガラクタンという炭水化物と、タンパク質の結合した粘性物質によるもので、
ガンや、潰瘍の予防に効果があるといわれています。
ガラクタンは免疫力を高め、ガン細胞の増殖を抑制してくれます。

この続きはまた「免疫力を高めるさといも 2」で。(植)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。