FC2ブログ
視力と年齢・・・40代・50代
2019年08月06日 (火) | 編集 |
40代や50代になると、視力の低下や不調といっても・・・・単に近視・乱視ではないことがあります。

年齢が上がってくると、目の筋肉が柔軟性を失い、近くにある物体に焦点を合わせにくくなります。暗いと物が見えにくかったり、青と緑の色調の区別が難しくなることもあるでしょう。これらはいずれも老視と呼ばれる状態の徴候。この状態は全く自然なもので、ほとんどの人に起こります。
そしてほとんどの人が、眼鏡や多焦点コンタクトレンズなど、何らかの種類の視力矯正手段を利用しています。

定期的に眼科医のもとを訪れ、自分の年代に関連するあらゆる潜在的な目の心配ごとを把握しておくことが重要です。適切な知識を得ることで、トラブルの徴候をどのように認識するかを学ぶだけでなく、視力を脅かすおそれのある疾患を治したり、進行を遅らせることができる場合もあります。次の定期検診に行くまでの間に視力の変化に気づいたら、あるいは何らかの形で目が傷ついていると感じたら、眼科医に相談してください。

長期的な目の健康のためには、十分な休息をとり、定期的に運動し、正しい栄養を心がけることが極めて重要です。栄養に関しては抗酸化性ミネラルやその他のビタミンがフリーラジカルからの防護や関連疾患の予防に役立つことが証明されているそうです。フリーラジカルは不安定な分子で、放っておくと目の細胞を損傷させ、白内障や加齢型の黄斑変性など、深刻な目の病気につながるおそれがあります。

今までより見づらいな・・・と思ったら、目の病気が隠れていることがあります。自己判断をせず一度眼科で検査をすることをお勧めします。そのうえで、目の病気ではなく近視・乱視によるものであればトレーニングですこしでも視力を取り戻しましょう。(久)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


コンタクトレンズ装用で失明?
2019年07月23日 (火) | 編集 |
今回はイギリスで日頃からコンタクトレンズを装用したままシャワーを浴びていた事が原因で、右目を失明してしまった男性のニュースをご紹介いたします!(先日、ネットやテレビでも出ていたのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね)

ニックさんは幼い頃から視力が弱く、4歳の時に眼鏡をかけ始めた。しかし、大好きなサッカーを快適にプレイしたいためにコンタクトレンズを使用することにした。当時のことをニックさんはこう振り返っている。
「20代の頃からスポーツに専念するようになって、眼鏡は運動をするのに邪魔だったのです。コンタクトの装着に慣れた頃は、これまでにない快適さを感じました。」

ニックさんはコンタクトレンズを週に5日ほど装着し、それ以外はメガネで過ごしていた。普段はコンタクトレンズを外して就寝し、朝起きた時に装着してスポーツジムで一汗流した後に会社へ向かうという生活を送っていた。ジムではトレーニングを終えた後、コンタクトレンズを着けたままシャワーを浴びていた。これが右目の失明の原因になろうとは思いもしなかったとニックさんは明かす。

「コンタクトレンズを着けたままシャワーを浴びることに対して何とも思ってもいませんでした。特に誰からも注意を受けることもなく、私がお世話になっている検眼士からも特に何も言われていませんでした。」

ところが2018年1月、ニックさんは右目の眼球が傷ついていることに気付いた。コンタクトレンズを装着しているときに目をこすってしまったせいだと思っていたが、1週間経っても状態が良くならず検眼士のもとを訪れた。検眼士からは目に潰瘍のようなものがあるため、すぐ病院へ行くように勧められた。病院で診察を受けたニックさんはアカントアメーバ角膜炎の可能性があると診断され、検査結果は1週間後とあってその間不安を抱えることとなった。
病院から戻ったニックさんは、すぐにインターネットで自分の目の症状について調べた。すると場合によっては眼球摘出のケースもあると知って愕然とした。そして検査の結果、アカントアメーバ角膜炎という診断が下されてしまったのだ。
この角膜炎はアカントアメーバという微生物による感染症だが、アカントアメーバは池や川、水道水などに存在しており、感染すると目の痛みや視力低下、最悪の場合は失明してしまうという。

ニックさんの場合はコンタクトレンズを着けたままシャワーを浴びたことが原因だとみられ、眼球を摘出することは無かったものの抗菌薬の点眼を3週間続け、症状が和らいだように思えた。しかし2018年3月、ニックさんは車を運転中に突然右目の視力を失ってしまった。そのショックは並大抵のものではなく「本当に大きな打撃をうけました。エクソシストのような眼帯をして、このグロテスクな右目と付き合っていかなければならないのですから」というほどだった。精神的にも苦痛な日々を送っていたニックさんだが、現在は非営利団体「Fight for Sight」で働いており、今回のことを教訓としてコンタクトレンズを装着したままシャワーを浴びたり泳いだりすることの危険性を多くの人に訴えている。

ニックさんは昨年7月と9月に2度の手術を受け、現在は角膜移植手術を待っている状態だが、「もし手術によって視力が戻ったなら二度とコンタクトレンズを着けてシャワーを浴びることはないだろう」と述べた。
ちなみに一般社団法人日本コンタクトレンズ協会でも、アカントアメーバによる感染症の恐れがあるためコンタクトレンズを装着したままの水泳、入浴、シャワーはやめるように呼びかけている。

いかがでしたか?怖いですね。。
夏休みに入り、海やプールなどでコンタクトレンズを使いたいという方もいらっしゃるかもしれません。
コンタクトレンズは目にとっては異物です。雑菌も入りやすく感染症にもかかりやすいのです。どうしても、海やプールで使用する際は、1回使い捨てのソフトレンズにして、遊び終わったら外してメガネに掛け変えましょう。その時目を洗ったり、目薬を使用するのも良いですね。ハードレンズの場合もそのままつけっぱなしにせず、一度洗浄しましょう。(か)

※ライブドア ニュース オンラインを参考にさせて頂きました。

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


利き尻
2019年07月16日 (火) | 編集 |
様々な腰痛を改善してきたメディカルトレーナーの先生によると
「人には利き手、利き足があるように、身体に左右のあるものは
優位性が生じる。お尻にもそれがあって “利き尻” とそうでない
お尻がある。」とのこと。

誰にでもあるという “利き尻” 

ぎっくり腰の鍵となる利き尻をチェックする方法を紹介。


利き尻 01


ぎっくり腰の鍵 利き尻チェック法

1 左右どちらか一方に脚を投げ出し、床に横座りする。
    この時、身体を垂直に保つようにする。

2 反対側にも同じように横座りする。

3 楽な方で横座りしたときに、地面についている方の
    お尻が“利き尻”。

座る時に利き尻に偏りすぎることがぎっくり腰の原因になってしまうとのこと。


目も同じで、「利き目」に頼り過ぎない方がいいかと。頼り過ぎると視力に
左右差が生じることがあると思います。バランスを大切に。(植)


(メディカルトレーナー 伊藤和磨先生 の記事を参考にさせていただきました。)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


涙の役割
2019年06月25日 (火) | 編集 |
皆さん、「涙活(るいかつ)」を知っていますか?
涙活とは能動的に涙を流し、心をキレイにする活動のこと。

涙を流すことは、身体を落ち着かせる副交感神経を活性化するため、
リラックス効果が得られるといいます。

今回は、涙のさまざまな役割について見ていきましょう!


何でもないときにも常に目の表面を覆ってくれている涙。
免疫に関わる物質や殺菌作用を持つ物質が含まれています。

万が一、目に異物が入り込んでしまったときは、
その刺激によって涙が分泌され、異物を洗い流す役割があります。

また、目の表面に均一に行きわたり、よく見える状態を保つレンズのような役割もあります。
そのため、一部が乾いて涙の膜が均一でなくなると、白くぼやけた見え方になってしまうのです。

さらに涙には、目に栄養分や酸素を届ける役割もあります。
ものを見るために重要な角膜(黒目)には、光を透過しやすくするため、
栄養分や酸素を運んでくれる血管が通っていません。
そのため、目の表面を覆う涙が、血液の代わりにその役割を担ってくれているのです。


では、涙の出る量はどのぐらいなのでしょうか。

涙は、眠っているときには、ほとんど分泌されません。
仮に睡眠時間を8時間とした場合、1日に分泌される涙の量はおよそ0.7g。
涙を1年分全部ためてみたとしても、缶コーヒーのロング缶1本分程度と非常に少ないのです。

また、涙の分泌量は、加齢とともに減少していきます。
コンタクトレンズが若い頃より扱いづらくなったという方は、
涙の量が減っているために装着がうまくいかないのかもしれません。

そこで意識したいのが、「まばたき」をすること。
まばたきには、ポンプのように涙の分泌を促す役割と、
目の表面に涙をまんべんなく広げる役割とがあります。
「目が乾いたな」と感じる前に、普段からまばたきを意識的に行うよう心がけましょう!(い)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


視力矯正を始めた理由
2019年06月04日 (火) | 編集 |
■ 視力矯正を始めた理由は「勉強」のため?

日常生活において視力はとても重要で、視力矯正を行う人は少なくありません。
「ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー」では、視力矯正(眼鏡・コンタクトレンズの利用)をしている15~19歳の学生996名にアンケートを実施。
視力矯正と学生生活の変化について意識調査が行われました。

「視力矯正してよかったと思いますか?」という質問では、全体の95.3%が「とてもよかった・よかった」と回答。
視力矯正をはじめた理由については勉強(64.4%)、2位が部活/スポーツ(36.8%)という結果に。
3位以下の「ファッション」(17.7%)や「恋愛」(6.6%)に大差をつけています。

また「視力矯正したことで、学生生活上のパフォーマンスが上がったことはありますか」という設問でも、「勉強がはかどるようになった」(41.5%)、「部活/スポーツで力を発揮できるようになった」(32.9%)と回答。
視力矯正で学校生活の向上を実感している人が多いようです。

ただ、強すぎる眼鏡を常用することで近視が進行してしまうことがあります。視力の回復ができる目なのにすぐに眼鏡やコンタクトレンズを使用してしまうのは注意が必要です。
眼鏡について不明な点がありましたら、いつでもご相談ください。

眼鏡・コンタクトレンズは自分に合ったものを選んで、生活力の向上につなげてくださいね。
(レタスクラブニュースより)(o)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。