FC2ブログ
小中学生9割近視 失明のおそれ「強度近視」も中学生の1割
2019年12月02日 (月) | 編集 |
近視について慶応大学のグループが東京都内の小中学生1400人を対象に調べたところ、全体の9割近くが近視で、特に中学生の1割程度が、将来失明につながる病気を発症する危険性が高まる「強度近視」であることが分かりました。
慶応大学の研究グループは子どもの近視の実態を明らかにしようと、東京都内の一部の小中学校の児童と生徒合わせて1416人の目の状態を調べました。
その結果、近視だったのは、
▽小学生689人のうちの76.5%、
▽中学生727人のうちの94.9%で、
特に中学生では、少なくとも9.9%にあたる72人が「強度近視」でした。

近視は子どもたちの屋外活動の減少に伴って増えているとされ、2050年には、▽世界人口の半数に当たる48億人が近視に、
▽9億4000万人が強度近視に、なるという試算があり、WHO=世界保健機関も深刻な懸念を示しています。

〇 強度近視 網膜剥離そして失明のおそれ
近視が進行し、裸眼でおよそ17センチまで物を近づけないとはっきりと見えない強度近視になると、目の奥にある網膜などの組織が、伸びた眼球によって引き伸ばされたり圧迫されたりして傷つきやすくなり、将来的に網膜剥離や緑内障といった失明につながる病気の危険性が高まるとされています。
近視はアジアを中心に世界で急増していて、オーストラリアなどの研究グループが3年前に出した試算では、2050年には世界人口の10分の1にあたる9億4000万人が強度近視になると予測されています。
このため世界各地で近視になる人を減らすための対策が進められています。
最近の研究では、一日2時間、屋外で活動し、十分な量の光を浴びることで近視の発症を抑えられることが分かってきており、20歳以下の8割が近視の台湾では、2013年から体育の授業を1週間に150分屋外で行うことを義務づけ,台湾全体では、7年間で視力0.8未満の子どもが5%以上減ったということです。
一方で、日本は近視への対策が遅れており、全国に近視の子どもがどれだけいるのかという調査も行われておらず、文部科学省によりますと、現在、子どもの視力の低下が運動時間や勉強、読書、ゲームの時間などと関連するかどうか、調査を行っている段階だということです。

慶応大学の坪田一男教授は「日本では子どもの近視に関するデータもほとんどないなど、対策は不十分だ。国のレベルで取り組むべき緊急の課題だ」と指摘しています。

成長期の子供の場合、視力低下=メガネという考えや、メガネが合わなくなったら度を強くすればよいというように近視を安易に考えていると将来が心配です。進行を抑制することも回復することと同じくらいに大切なことだと考えます。(久)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


近視の合併症について
2019年11月06日 (水) | 編集 |
強度近視になると網膜剥離・近視性緑内障・近視性黄斑変性になる確率が、かなり高くなると言われています。
上記の症状は痛みを伴う事が少なく、特に子供はうまく説明できない為、発見が遅くなることが多いようです。
中でも、網膜剥離(裂孔)は、近年増加の一途をたどっており気を付けたいものです。
※飛蚊症(虫が飛んでるように見える)が長く続くときや視野欠損(視界の一部が欠けて見える)を伴う場合は、
速やかに眼科専門医に診てもらうようにしてください。
ともかく強度近視にならないようにすることが、少しでも上記の合併症を避ける一番の近道といえそうです。(光)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

暗くなり始めたら、メガネを使用しましょう
2019年09月17日 (火) | 編集 |
まだまだ残暑が残りますが、朝晩は過ごしやすい日も出てきましたね。日が沈見始めて暗くなるのも早くなってきました。

夜間や雨の日に車等の運転が見づらくて苦労されている方、いらっしゃるかもしれません。実はこれらは、視力が「明るさ」によって大きく変化することが原因なんです。
目の瞳孔と呼ばれる部分は明るさの入り口の作用をしています。明るい場所ではまぶしさを軽減するために瞳孔は小さく閉じ、一方、暗くなれば光を取り込もうとして瞳孔は大きく開きます。暗い場所で瞳孔が大きくなった結果、眼に入ってくる光の屈折領域が広くなることで、近視の度数が強くなったり、乱視の角度が変わったり、また、明暗順応などの視覚機能によっても視力に影響がでます。一般的には視力に換算すると昼間は1.0見える方でも夜間視力は0.8程度にまで低下してしまうのです。
お子様の自転車事故の例もあります。お店の前にかかっているチェーンが暗くなると見えなくなってしまい、そのまま突っ込んで転んで大けがをしてしまう事、意外と多く聞かれます。

ですので、普段メガネを必要としない場合でも夜や雨などの外出用にメガネを用意しましょう。車を運転される方は必須ですよ。
お子様の場合でも同様です。特に自転車に乗って一人で外出するようになったら、0.7~0.8くらいに合わせたメガネをかけて乗りましょう。(か)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。






バイトレットライト
2018年01月12日 (金) | 編集 |
taiyou_156474890_201801121204124a5.jpg



皆さん、近視を抑制するバイオレットライトはご存知ですか

2016年12月、慶應義塾大学医学部の研究チームは、太陽光に含まれる「バイオレットライト」が

近視の進行をおさえる可能性があることを世界で初めて発表しました

バイオレットライトとは紫外線の手前にあたる波長360〜400nmの紫色の光を言います

太陽光には豊富に含まれていますが、屋内で使われる蛍光灯やLEDライトにはほとんど含まれていません

バイオレットライトは近視の進行を抑制すると考えられている遺伝子

「EGR1」を活性化されることがわかりました

バイオレットライトが目に入るとEGR1が活性され近視が抑制する

(近視で眼球が伸びていく率を減らす)とされています

バイオレットライトの有効にとり入れるには、

出来るだけ午前中に外に出ましょう(夕方はバイオレットライトが減ってしまう)

1日2時間くらいが目安です。(曇りでもOK!)

外へ出られない時は部屋の窓を開けましょう(窓ガラスがUVカットの場合もある為)

特に近視がの進行が早いお子様は外あそびやスポーツ等も良いでしょう

もちろん、太陽光は紫外線も含まれますので浴び過ぎや直視するのは

止めましょう

まだ寒い日が続きますが出来るだけたくさん外に出る意識を持って

過ごしてみてはいかがでしょうか(三)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。










世界中で近視の人口が急増!近視対策は?
2017年11月07日 (火) | 編集 |
世界各国での研究で、近視の進行を防ぐ効果があると認められているのが
屋外活動だ。近視発症率と屋外活動時間の関連について
アメリカ・オハイオ州立大学が2007年に報告した臨床研究がある。

○両親が近視ではなくても屋外活動時間が1日1時間に満たない場合
片親が近視の場合と同様の近視発症率になる

○両親が近視でも屋外活動時間を1日2時間以上行った場合
両親が近視ではない場合に近い状態まで近視発症率が下がる

 つまり、屋外活動の時間が近視発症率を大きく左右している可能性があるのだ。
両親が近視だから子どもも近視になるとあきらめないでほしい。

 また、屋外活動の時間が長いほど子どもの近視発症率が
低くなることが数多くの研究から報告されている。
(むら)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。