FC2ブログ
青色LEDの危険性
2011年10月21日 (金) | 編集 |
紫外線による傷害の可能性につていは広く知られていますが、



波長が紫外線に近接している青色光も人体に傷害を



及ぼす可能性があることは、これまで一般の人には



あまり知られていませんでした。ところがLEDの登場により、



白色LEDの光がこれまでの光源に比べて青色成分が含まれる割合が



非常に高いため、専門家によって問題が指摘されています。



さらに、問題の青色光そのものを発光する青色LEDの場合は



さらにその危険性が指摘されています。


pic01.jpg


1.眼の青色光網膜傷害


2.皮膚への生理的ダメージ


3.覚醒レベル、自律神経機能、体内時計、メラトニン分泌など


への生理的影響(夜間の生理作用)




特に青色LEDについては、「特に青色LEDは青色光による



網膜傷害の作用スペクトルに近い分光特性をしているので危険度が高く



青色光は眩しさを感じにくいため危険を感じにくい。」と明確に



その危険性を指摘しています。



LEDで白色光を実現するにはいくつかの方法がありますが、



主流は青色LEDに黄色の蛍光体を組み合わせることで白色光を



実現しています。ところが、青色LEDで励起しているため



青色成分を多く含み、白色光であっても青色光による



影響・安全性を議論せざるを得ないところです。



今後の研究によっても変わると思われますが、



とりあえずの対策としては光源を凝視しないことです。



ライトの光が直接目に入ってこないように、



カバーなど使用しておきましょう。



↓センターで取り扱っているLEDデスクライトです。





詳細や購入をご希望の方は画像をクリックしてみましょう。(鳥)



「近視・遠視・弱視でお悩みの方、
 東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。」




ブログランキング参加中!クリックしてね!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ
照明と節電
2011年09月15日 (木) | 編集 |
秋の気配が感じられ、少しずつ涼しくなってきています。
皆さんはどのようにして猛暑を乗り切りましたか? 震災
の影響からこの夏は節電に努められたことと思います。
中でも照明の使い過ぎに気を付けたという方が多かったと
聞きます。照明を減らすことで、暑さも和らぎ、冷房を余
りかけずに済みますし、節電が節電を呼ぶ訳ですね。   

自宅だけではなく、様々なオフィスでも照明の調節に取り
組んだようで、ある企業では普段750wもあったデスクの上
を300wにしたところ、さほど不便もなく、作業できたとの
ことです。
TV局のニュースキャスターのテーブルの上は1,100wもある
そうですが、天井からの照明の距離を少し下の方へ近づけ
たことでワット数を減らし、節電につなげたようです。

過度な照明の削減は節電と、目の緊張緩和にもなります。
強い照明は縮瞳から、ピント調節を司る毛様体筋の疲労、
視力低下を招きます。照明には気をつけてお過ごし下さい。(植)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

LEDスタンド OPTO
2011年09月14日 (水) | 編集 |
新商品 LEDIC EXARM OPTO
LED光源使用 直流タイプの眼にやさしいスタンドです。

LEX-960.jpg

一般の蛍光灯や白熱灯は、交流電源の影響で光のチラツキがあります。
このチラツキが眼精疲労を引き起こすの要因の一つになります。
OPTOは、電流が安定した直流点灯方式のため、光のチラツキがありません。
また、紫外線・電磁波を含まない人にやさしいライトです。


LED光源で4万時間の長寿命!!(1日8時間使用で13年間)
 

一般電球と比べ、LEDは元々熱くなりにくいですが
さらに、特殊なフィルターで光源部をカバーしているので
どこに触れても熱くない、お子様にも安全設計のライトです。


2000ルクスの充分な明るさがあり、調光機能(100~10%)により、明るさをコントロールできます。




見た目は簡素な作りですが、眼への負担を考えられた性能の高いスタンドです。
また、軽量で持ち運びも簡単なのでリビングで勉強するお子様にもおすすめの商品です。

見本を置いてあるセンターもあります。
気になられた方はセンタースタッフに声を掛けて下さい!(良)




ブログランキング参加中!!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ
近業時には照明にも気をつけよう
2011年06月01日 (水) | 編集 |
ご家庭ではスタンドなど、いろいろな照明を使っていると思います。

しかし、お子様の勉強机また書斎、そして職場のデスクの照明、気にしていますか?
机の照明は、(インバータ)蛍光灯?それとも白熱灯?

蛍光灯を見るとチラツキを感じますよね。

蛍光灯がチラついて感じるのは次の理由からです。

蛍光灯のように放電灯の場合は、こちら側の電極から、むこう側の電極へ、次の瞬間には
むこう側の電極からこちら側の電極へと、交互に放電が繰り返されるので、ごく短い瞬間ごとに
光が点滅することになります。

これがチラツキのもとになるのです。

白熱灯の場合にはフィラメントが高温体になって熱とともに光が放射される発光原理で、
交流の点滅があっても、フィラメントの温度が下がらない以上、光の強さに変化は起こりません。

一般の蛍光灯や白熱灯は交流電流の影響でチラツキが生じます。
このチラツキが目の疲労の大きな原因となります。

最近主流になってきたLEDはチラツキの度合いとしては、
蛍光灯>白熱灯>LEDでかなり少ないです。

当センターでは電流を安定した直流点灯方式にし、チラツキをなくしたバイオライトを
お奨めしています。

目に最もやさしい光は日の出30分後の太陽光と言われています。
この優しい光に近づけたのがバイオライトです。

視力の低下が気になる方、目が疲れるという方、照明について気にされている方は
パンフレットもご用意しておりますので、詳しくは所員までご相談ください。(桑)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ