FC2ブログ
就学前検診の時期ですね。
2019年11月26日 (火) | 編集 |
今年も、小学校の就学前検診の話しを聞く時期になりました。
以前,通われていた会員さんの話ですが・・・就学前検診の約半年前に入会された方がいました。
視力は片眼0.4からのスタートでした。
低年齢での近視であること、両親共に近視ということ、メガネを先延ばしにしたいことから
毎日トレーニングを頑張っていらっしゃいました。
毎月一回の視力検査で少しずつ見え方が良くなり、4ヶ月目の検査で片眼0.8まで回復。
就学前検診では右目左目共にA判定をもらったそうで、とても喜んでおられました。
その後もトレーニングを続け、最高で右1.2 左1.0まで回復されました。
予防のためにセンターに2年半通い、小学校の間は眼鏡無しで過ごされました。

今年も、就学前検診の結果が出るのを楽しみにしています。(О)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。





視力検査のアルファベット表記の見方は?
2019年11月19日 (火) | 編集 |
学校の視力検査で、視力を1.0、0.9、0.8……と0.1刻みで示すのではなく、A~Dの4段階で示すやり方は、なぜ採用され、いつ頃から広まったのでしょうか?

現在多くの学校で実施されている視力検査は、視力を以下の4段階に区切って表示するもの。
A(1.0以上 ):正常な視力
B(0.9~0.7):学校生活にはほとんど支障のない見え方
C(0.6~0.3):教室での授業に多少の影響が見られるため何らかの対策が必要
D(0.2以下 ):教室の最前列でも黒板の字が見えにくいために早急な対策が必要

 測定は、主に眼科にある環がいくつも並んだ集合体の視力表でなく、1つだけ描かれた「字ひとつ視力表」が使って行われることが多いようです。
この「字ひとつ視力表」には、それぞれ0.3/0.7/1.0の視力に相当するランドルト環が1つずつ描かれているため、そこからこの方式は「370(サンナナマル)方式」と呼ばれています。
学校での視力検査は本来、子供達の見え方が学校生活に適しているかどうかを知るための検査です。過去に行われた実験では、視力が0.7以上(370方式での「B」以上)あれば、教室の一番後ろからでも黒板の字が読め、逆に0.3を切る」(「C以下か」)と一番前の席からでも黒板が見えづらくなることが分かっています。

 加えて、「字ひとつ視力表」を使ったやり方は、従来の「集合体の視力表」と比べて検査に要する時間が少なく、結果の誤差が出にくく、導入の初期費用も少なくて済むという利点があります。また、見た目が簡易で答えやすいため、幼稚園や保育園などで幼児を対象にした検査にも適しています。

 まとめると、「検査をする側の負担が少なく、かつ教育現場の実情に即した結果を十分に測定できる」という理由から、今や多くの学校が370方式での視力検査を採用するに至ったのです。

370方式は、平成4年(1992年)の「学校保健法施行規則の一部を改正する省令」で、『学校における視力検査の特性にかんがみ1.0、0.7、0.3の3指標により判定して差し支えない』 と記述されたことにより、徐々に広まっていきました。
現在では小学校のほとんどが370方式を導入しており、幼稚園、中学校、高校、大学の多くでも採用されているとのこと。
ちなみに、今でも0.1刻みで測定している学校もありますが、その場合でも文部科学省に結果を報告する際には、A~Dの表示に直して報告されているそうです。

ただし、幼稚園から大学まで一律の基準で検査をするということに、まったく懸念がないわけではありません。幼稚園の狭い教室と、高校の広い講堂などを考えた場合に同じ基準で本当にいいのか、といった意見も見られると言います。

 また、小学校などでは視力を考慮して席を替えてもらうなどの対応ができても、成績順に並ぶ塾や予備校などでは、そうした対応が取られづらいという事情もあります。370方式は必ずしも完璧な方法というわけではないが、しかし教育現場の実情に即したやり方という意味では一定の評価ができるので、広く採用されているのです。

近年、子どもたちの視力が落ちていると言われています。370方式で「正常な視力」とされるのは「A」ですが、既に中高生の視力では「B以下」が半数を上回るというデータも。
その原因として考えられるのは、PCやスマホなどの長時間使用による近視の増加。「近視になってもメガネやコンタクトで対応できるのでは、と思われるかもしれないが、近視が進むと大人になってから網膜の病気や緑内障になりやすいことが分かっている」とある眼科医は言います。レーシックなどの視力矯正手術なども近視が進みすぎると断られるケースもあるのです。
 今後、タブレット端末型教科書の導入など、子どもたちを取り巻く視環境はさらに変化していくことでしょう。戸外で活動する時間を増やすことが、近視の予防につながると言われています。
 
センターのトレーニングでは日常意識して見る機会の少ない5Ⅿ先のランドルト環を注視する事を基本としています。
トレーニングを積むことによって日常生活の中でも遠くを意識して見るようになったという声を多く頂いております。(か)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

視力が低下しても、子供にはわからない
2018年04月17日 (火) | 編集 |
視力低下は病気とは違い、痛みや出血などの症状がないため、
特に小さな子供に視力低下を自覚させるのは難しいです。

視力が1.0なくとも、0.5程度の視力があれば日常生活に支障がありません。
そのため、保護者に訴えることも少ないようです。


また、幼児や低学年の児童は、はっきりと意思表示が出来ません。

一般的な視力検査をしても正確な結果が出るとは限りませんし、結果が悪くても
「小さいし検査がうまく出来なかったのかも」、「たまたま体調が悪かったのかも知れない」と
軽く片付けられてしまうこともあるようです。

どんな小さな変化にも気付いてあげられるよう子供の生活を注意深く観察してみてください。

●よく転んだり、ぶつかったりする 
●目を見開いたり、細めたり、眉をひそめてものを見る 
●テレビに近づいていく
●目が充血していたり、痛がったりする 
●よく涙目になる 
●顔を動かしたり、斜めにものを見る
●飽きっぽく、イライラしたり疲れやすい 
●光に対してまぶしがる
●ものを見たりするときに目をこする…


「おかしいな?」と思ったら、カレンダーの文字や時計などを見せて読ませてみたり、
看板の文字を読ませてみたりしてみてください。

この時、読めたことを確認するだけでなく、どんな目つきで見ているのかをチェックしてみてください。

幼児の場合、離れた位置から絵本などの絵を見せてもいいでしょう。

視力検査表があれば理想的ですが、ご家庭にあるものや窓から見える景色など、
対象物を決め早期発見に努めましょう。(I)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

新学期に向けて
2018年04月03日 (火) | 編集 |
いよいよ新学期がスタートします。
クラス替えまた席替えに伴い、学校での席順も変わることでしょう。


黒板を見るのに、目を細めたり、時間をかけて見つめたら分かるのでは
授業に支障をきたします。
教科書やノートを見る時と同じように、楽に見えなければなりません。
教室の、どの場所から見ても、黒板の字が見える視力は0.7以上と
言われています。学校によっては、生徒の視力に応じて席順を変えて
くれるところもありますので、先生に事情を話して、前の席にしてもらうと
良いでしょう。


授業によって席順が変わってしまい、見づらくなってしまうというケースも
あるようです。
そのような場合は、見づらい時だけメガネを使うことも大切です。


《0.7以上》
だいたいのものは見えていますが、教科書を読むだけでも
目の酷使は伴います。良い姿勢を心がけ、近くを見たら、
その分掲示板など、遠くを見るようにしましょう。

《0.5~0.6》
見つめ方が悪くならないように、無理せず、3~4番目にするのが
適当です。反射などで疲れや見にくさを感じる時は、中央の方が良い
でしょう。

《0.3~0.4》
近くの方が楽に見えるので、1~2番目が望ましいです。
目つきなどに気をつけながら、ゆっくりあわてず読むようにしましょう。

《0.1~0.2》
学年によっては黒板の字がかなり見えにくく、見えているつもりでも、
無意識に目を細めて見やすくしている場合もあります。
無理をしないと見えない場合は、適切な度のメガネを掛けましょう。
近視が強ければ、それだけ疲労につながりますので、目を休める等、
心掛けて下さい。(ma)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


就学前検診
2017年10月31日 (火) | 編集 |
来年の4月に小学校に入学されるお子様がいるご家庭には、就学前健康診断のお知らせが届いていると思います。
時期は毎年11月くらいに実施されることが多いようです。

健康診断 の内容は

●聴力検査

●耳鼻咽頭の検査

●歯科

●眼の検査(眼科医が眼の疾病を調べます)

●視力検査
視力検査に使う「C」型のランドルト環を使って視力を測ります。右左を口頭で伝えられない児童は
ランドルト環の切れ目を指で指します。メガネやコンタクトの場合は、視力検査を省略する場合があります。

視力検査のやり方が分からないという場合もありますから、検診の前に自宅で練習しておくのも良いと思います。
会員のご兄弟で気になる方は、センターで視力測定致しますのでお申し出ください。
また、検診で視力低下を指摘された場合は、できるだけ早目に専門機関で正確な検査を受けてください。
但し、眼科は目の病気が専門のため、近視・乱視・遠視については、積極的な取り組みはなく
すぐにメガネを作成するか・・・「様子を見ましょう」と言われることが多いようです。
手遅れにならないように・・・ご心配な方は当センターにお問合せください。(久)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。