FC2ブログ
目薬の使い方
2019年02月26日 (火) | 編集 |
皆さんは目薬の正しい使い方をご存じでしょうか?

眼球に直接影響を及ぼす目薬は、誤った使用法を続けていると逆に眼病を招いてしまうことも!
これだけは押さえて欲しい、“正しい目薬の点眼法”をまとめました。


☆片目ずつ1滴で十分!                   
1滴以上点眼しても効果は変わらず、溢れた分は鼻や口に抜けていきます。使い方をよく確認しましょう。

☆ボトルに直接書き込みをしない!
油性ペンなどで直に書き込むと、インクの成分が薬剤にしみ込んでしまう場合があります。

☆2種類の目薬を使う時は5分以上間隔を空ける!
目薬を1滴さすと、目の中はほぼ満タン状態になります。
そこへ続けて2番目の目薬を使用すると、始めにさした薬成分を流してしまいます。

☆瞼やまつ毛に触れないように!
毛先や皮膚が点眼口に触れると細菌による汚染が始まり、変色や成分の変化につながります。

☆温度変化が品質低下につながる!
暑くなる車内に置いたままにしたり、冷やし過ぎたりしても薬効成分の効果を低下させます。
医療用の目薬は、温度指定や保存条件が書かれているものもあるので注意が必要です。

☆消費期限を守る!
市販のものは3ヶ月、処方されたものは1ヶ月が消費期限の目安です。

☆用途をよく見る!
コンタクトを外して使わなければならないものには、防腐剤が含まれていることが多いのです。
レンズをしたまま点眼すると、その成分がレンズや眼球に残ってしまうので注意が必要です。

☆処方された目薬
眼科医は、患者さんの全身状態、病気の種類や症状の程度に応じて、薬を処方しています。
眼科医から処方された目薬は、その人専用です。貸し借りは絶対にしないで下さい。

~点眼後は…~
目薬をさしたあと、パチパチとまばたきをする人がいます。
まばたきをすると、薬が目の全体に行き渡るように思えるためです。
まばたきをすると、涙が目を潤すと同時に目から鼻へと流れていってしまいます。
目薬をさしてすぐにパチパチとまばたきをしてしまうと、薬が涙と一緒に目から流れ出て、効き目が下がってしまうのです。
目薬をさしたら、しばらくは目を閉じ、軽く目頭を押さえているのが効果的です。
目頭を押さえる時は、強く押さえつけないようにしましょう。(I)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

ミドリンについて
2013年07月12日 (金) | 編集 |
お問い合わせの際に質問されることがありますが、



「眼科で処方される“ミドリン”という目薬をさしていますが



それでもそちらのトレーニングは受けられますか?」というもの。



なんでも、よその視力回復トレーニング的な所に問い合わせたら、



「ミドリンを使用していると視力回復効果が見られなくなるため



トレーニングとミドリンの併用はできません」などと言われたそう。



ミドリンは副交換神経麻痺剤で、薬効が続いている間は瞳孔が開いたままに



なるので、眩しがったりピント調節ができなくなります。




当然その間はトレーニングもできませんが、基本ミドリンは寝る前に



点眼するため、朝には効果は消えています。なのでトレーニングには



全く支障ありません。



ただし、麻痺剤での視力回復効果が期待できるのは、だいたい仮性近視まで



なので、別に使用はかまいませんが、それで視力が回復するかと言われると



難しいところでしょう。積極的に使用を勧めることもありません。



「ミドリンとトレーニングの併用はできない」というのは、?????ですね()。



03_img_large03.jpg





近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



ブログランキング参加中!クリックしてね!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ
目薬
2013年07月08日 (月) | 編集 |
今日は目薬についてです!

市販の目薬には『防腐剤』が多く含まれており、
角膜に傷を作ることがあるそうです。

防腐剤を入れないと1、2週間で使えなくなってしまうため、
市販の目薬には必ず防腐剤が入っています。
この防腐剤が長く角膜を刺激するために、角膜に傷を作ることがあります。



「市販の充血をとる目薬」は血管収縮剤が入っており、
さらに充血が悪化することが多い

一時的には充血は取れますが、頻繁に使うことにより、
逆に目の血管が太くなる。
1度太くなった血管は細くならず、充血が酷くなる。



「処方された目薬」
防腐剤は入っておらず、涙と同じ成分のものが含まれている

処方された目薬は人工涙液でできている。


リバウンドを避けるため、なるべく血管収縮剤を使わない

血管収縮剤を連用していると、
薬の効果が切れたときに、かえって充血してしまう。
この「リバウンド現象」を避けるため血管収縮剤を使わないそうです。



本来は医師に相談した上で使用した方が良いです。
しかし多忙で通院できない人は、
「市販の目薬」を購入するときに注意しておきたいポイントがあります。

血管収縮剤が含まれていない目薬を選ぶ

出典血管収縮剤を含まない目薬


パッケージに「第3類医薬品」と記載されているものは、収縮剤が含まれていない。
現在販売されている目薬の多くは「第2類医薬品」で、
収縮剤が含まれているものが多いので注意しましょう。


今後購入する時はぜひ注意してみてみるといいですね(神)












近視・遠視・弱視でお悩みの方。資料請求はこちらからどうぞ
目薬について
2013年03月06日 (水) | 編集 |
『目薬』は、病院で医師が症状を改善させるために用いる病気の予防・治療用のものと、
一般に薬局やドラッグストアで購入できるものまで様々な種類があります。
今日はそういった目薬についてご紹介したいと思います。

市販されている目薬のほとんどは、目の充血を抑える目的の目薬となります。
点眼することで目が潤い、適度な刺激と清涼感が得られるものが多くあります。
ただ、市販されているものの殆どは防腐剤が使われており規定の使用回数以上に
点眼することで涙の油膜を壊してしまう可能性もあるようです。
またコンタクトレンズ使用中にコンタクト専用以外の目薬を使用することで
成分の影響でレンズが曇ったり、変形することもありますので注意して下さい。

市販されているもの以外は眼科医の処方による目薬となります。
これらは基本的に医師の指導を守っていれば安全です。
が、指導された方法を守らずに使用した場合には
含有成分がステロイドなどの作用が強いものが多い為に
致命的な症状を引き起こすこともありますので十分気をつけて下さい。

この時期は花粉症などの影響で目薬を使用される方も多いと思いますが
しっかり使用説明書を読み点眼するようにして下さい。
(西)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



目薬点眼時の注意点
2013年02月25日 (月) | 編集 |
花粉の飛散量が日に日に増えてきた今日この頃、
点眼薬が手放せないという方が多くなっているのではないでしょうか。
私もその1人です…

今回は目薬を点す時の注意点についてお話します。

・点眼の際は手を石けんで洗うなど、清潔に行いましょう。

・点眼時は頭を後方に傾け、天井を見つめるようにします。
 一方の手で下まぶたを軽く引っ張り、容器を目の真上に持ってきて、点眼します。

・目の縁や皮膚についた余分な目薬をティッシュペーパー等で拭き取りましょう。

・点眼容器の先が、まぶたやまつ毛等に触れると目やにや雑菌等のため、
 目薬が汚染、または混濁することがありますので注意しましょう。

・目薬の使用により、目の充血、かゆみ、はれ等の異常があらわれた場合には、
 使用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。
 医師から処方された目薬については、医師または薬剤師から指示された使用法を
 正確に守って使用しましょう。


【子供への点眼方法】
・足を開いて座り、その中にお子さんを寝かせます。
 この時、お子さんを怖がらせないように注意しましょう。

・お子さんの頭を押さえて点眼します。点眼の時にお子さんが動くと、容器の先で
 目を傷つけることがありますので注意しましょう。
 また、お子さんが泣いている時は、涙で目薬が流されてしまいますので、
 点眼は避けてください。


花粉症の私にはこの時期が辛いものではありますが、
やはり暖かい春の到来は待ち遠しいものですね。(増)


冬期プライスダウン第三弾実施中!!
2月末まで!!


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。