FC2ブログ

不同視

あなたの視力、左右で差がありませんか??

不同視とは
通常、右の視力が1.0で、左の視力が0.3というように、左右の視力に
著しい差がある眼のことを言います。
屈折度で言うと、2ジオプトリ-以上の差があるものと言われています。


【子供に急増している不同視…その理由は】

■テレビを見るときに体が斜めを向いている
■勉強するときや本を読むときに肘をつく
■リビングのテレビが斜め方向に設置されている
■寝転がって本を読む



子供の場合は、片方の視力が良いとなかなか気づきにくいものです。
仮に気がついても両眼だと見えるからと放っておくケースがあり、後悔する
場合も少なくありません。
左右で視力差があると、目が疲れやすくなって様々な症状を引き起こします。
(眼精疲労・肩こり・頭痛・食欲不振など)
また、片側だけを極端に酷使してさらに不同視を悪化させます。



まずは、お子様やご自身の視力に差が生じていないか
セルフチェックをしてみましょう。

1.まずは右目を手で隠し、左目で【遠く】を見てください。
  見る対象物は、文字など、見えているかどうかが判定しやすいものが
  含まれている範囲を選びます。
  距離は、その人の視力にもよりますが、3~5m程度が適当でしょう。

2.次に左目を手で隠し右目で【遠く】を見てください。

3.見え方がどのように変わりましたか?

1・2の見え方に変化がない場合は、今のところ『不同視』の心配はありません。
次に1・2で見え方が大きく変わった方場合は『不同視』の可能性があります。
何が原因(近視・遠視・乱視で)不同視になっているのかで、その後の
対処法も異なります。
気になる方は一度、眼科で原因を確認した方が良いでしょう。



不同視にならないための生活習慣が何よりも重要です。
普段の生活を1度見直してみましょう。(ma)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



交通事故にはご注意を…!

夏とは違い、日没の時間がどんどん早くなっていますね。
秋に入っていくこの時期は、交通事故が急増する時期と言われています!

何故、秋の夕方に交通事故が多いのでしょう?
原因は2つあると言われています。

1つは「人の数(往来)が増える時間帯と日没が重なる」ため。
もう1つはなんと「視力の低下のため」と言われているのです。

暗くなるのが早くなってくると、当然ながら昼間と比較して夕方は明るさが低下しますよね。
明るさが低下すると、目はより多くの光を取り入れようと瞳孔が開きます。
瞳孔が開き、より多く光をとり込もうとするため、突然の車のライトの眩しさに身動きが取れなくなってしまったり、映像がぼやけることがあります。

さらに、夜間性近視といって焦点が手前によることもあります。

視力に心配がある方は、油断せず安全と視界を確保しましょう。
メガネを持っている方は、しっかりメガネをかけましょう!
授業中だけメガネをかけている…という方も、この時期の夕方~夜の外出は、メガネをかけた方が安心かと思います。

暗くなるのが早いと精神的にも急いてしまいますよね。

そんな時こそ、しっかり周囲を見回して、安全には細心の注意を払いましょう。
車のライトを反射する反射材のキーホルダーをつけ、車側に気付いてもらえるようにするのも大切です。

きちんと気を付けて、穏やかな秋を過ごしましょう♪(安)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



tobidashi_kodomo.png

若年性老眼

老眼は目の毛様体と呼ばれる筋肉の筋力が低下し、水晶体の調節力が
弱まることが原因で起こります。
症状としては、近距離のものに焦点が合わせづらくなり、本や新聞などの
文字が見えにくくなったりします。
若くしてこのような症状がある人を若年性老眼といいます。

老眼というと、「お年寄りの代名詞」のような言葉ですが近年では
20代や30代でも老眼と診断される人が増えてきているようです。
一般的に老眼は40歳代後半以降に自覚しやすいようですが、人間の眼は
20歳を過ぎる頃から老化が始まるとされており、子供時代にパソコンやゲームなどで
眼を酷使、または同じ焦点を続ける生活をしていると20~30歳代でも若年性老眼を
発症することが稀ではないようです。
若年性老眼の場合では、早い時期から発症したことが仇となり、生涯において老眼と
向き合うべき時間が必然的に長くなります。
眼科等で若年性老眼と診断されたら、老眼鏡を使うのはもちろんのこと、食生活や
日常生活に気を付けるなど、あらゆる面で老眼対策が必要になってきます。
お年寄りの症状だと楽観視せず、今からでも老眼対策をしましょう。(玉)


ilm17_bd02049-s_20150930154048538.jpg




近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



睡眠と視力

私たちの身体の機能を正常に保つためには、6時間以上の睡眠が必要と言われています。
についても同じことが言えます。
眼精疲労、視力低下に関して、この睡眠不足が大きく関わっています。
そもそも「目」は起きている間は使い続けるものです。ですから睡眠不足で、ちゃんと目を休めていないと、
視力はあっという間に低下してしまうでしょう。 脳も目も体も全て休息が必要なのです。

例えば、眠くなって目が自然と閉じてしまうのは、 目がこれ以上外界の物を見ることを拒否しているサインです。
その眠い目を無理にこじ開けて、受験勉強や ゲームに取り組むと、目も次第に限界に近づいてきます。
そのうち、目の奥が痛くなったり、異物感、 極度の乾燥を感じて、日中でもまともに目を開けていられなくなります。
目が乾くからと、頻回に目薬をさすよりも、毎日きちんと睡眠を取ることを心がける ことで、目の不快感、乾燥は、次第に改善していきます。

また、目と脳は非常に近いところにあるため、睡眠不足によって、脳に蓄積した疲労感は、身体の中でも、目に
最も現れやすいと言われています。

一定の睡眠を取ること、そして普段でも、パソコンなどで目を使ったあとは、10分ほど目を閉じて意識的に物を見ない時間を作ってあげることが大事です。

ちなみにみ皆さんが寝るときはうつ伏せですか?仰向けですか?
目によい寝方は、【仰向け】だそうです。(うつ伏せは、眼球を圧迫するのがよくないそうです)
また、寝ている間に瞼が開いてしまう人は、目が乾いてしまい、視力が悪くなる原因になる。と言う眼科医もいるようです。

冬休みに入ると、普段より時間に余裕が出来る方は、読書やパソコン、ゲームの時間が増えるのではないでしょうか!!また遅くまでテレビを見たりして、ついつい夜更かししがちになります。
(受験生の皆さんは、いよいよ追い込みですから勉強時間を減らすわけにはいきませんが)
皆さん・・目のためにも、休憩と睡眠には十分心がけましょう 

ソニマックを持っているご家庭は、日々の疲れを残さないためにご家族皆で毎日しっかり使って下さいね。(久)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

目をほそめると

近視の傾向が出てくると、遠くを見るとき目を細めるようになることがあります。
目を細めると、はっきり見えない距離のものでも、ピントが合いやすくなるからです。
なぜ、ピントが合いやすくなるのでしょうか?

じつは、目の構造に似ているカメラでも、同じ現象があります。
カメラには、「絞り」という機能があります。
絞りは、レンズに入ってくる光の量を調節します。

目を細める事は、カメラでいえば絞りを強くすることにあたります。
絞りを強くすることで、光の入ってくる角度が制限されます。

そうすると、被写体にピントをあわせた時に、
その前後にもピントの合っている範囲が拡がります。
(カメラの専門用語では、「焦点深度」といいます)

よって、目を細める事は、

•ピントを合わせている位置の前後に、ピントが合う範囲が広がる
•はっきり見える距離が伸びる
•遠くが見えやすくなる
という現象が生じます。

ちなみに、絞りを弱くすると、この逆の現象が起きます。
カメラの場合は、この現象を利用して、被写体の背景にピントを合わせたり、
逆に背景をぼかしたりすることに使われます。

目を細めるということは、この原理によって、
遠くのものを見やすくしようとしているのです。


目を細めるクセはキケン信号!!!

遠くの黒板や、テレビが見えにくい時、目を細めると見えやすくなるので、
つい無意識にやってしまうことがあります。
ですが、これがクセになると良くないことがあります。

目を強く細めると、眼球に力を加えてしまいます。
それによって、眼球の表面の角膜を変形させてしまう事があります。
それが、乱視の原因となってしまう場合もあります。
乱視は一度なってしまうと、直すのは難しくやっかいです。

お子さまが、目を細めるクセをしていたら、要注意です。
目を細めないと見えない = 近視がすでに進行している
という図式が成り立ちます。

こういった信号に気づいたら、すぐに行動することが大切です。
そして、今回ご説明したように、目を細めるクセは、なるべく早く止めましょう。

(むら)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。
プロフィール

コルシカル

Author:コルシカル
トレーニング機器です。
医療機器ですよ!

視力回復見込みチェック、
好評実施中!!
ご希望の方はお近くの
センターまで!
お電話お待ちしてます!


===================

ケーブルテレビで放映されました!


画像をクリックすると
大きな画像で見れます!

※うまく表示されない場合は
最新のFlash Playerを入手下さい。

ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ 人気ブログランキングへ

Facebook始めました!
よかった「いいね!」お願いします。
カテゴリ
東京視力回復センター発行書籍
これで視力がグングン回復する
これで視力がグングン回復する
↑ ご希望の方はここから

当センター理事長著最新版。
公式の治療実験で効果が実証された本物の視力回復法。
小さな子供から大人まで、自宅でできる本格的なトレーニングを わかりやすく紹介。




医者いらずの視力回復メソッド
医者いらずの視力回復メソッド
↑ ご希望の方はここから

"東京視力回復センター監修の書籍「医者いらずの視力回復メソッド 」、書店、 コンビニ、アマゾン等で好評発売中!


超音波治療器ソニマック
眼精疲労を取り除き、
視力の低下予防と
視力回復の効果を高めます。
東京視力回復センター関連サイト
携帯サイトこちらから!
QR
携帯からの資料請求はこちら
QR
最近の記事
バックナンバー

2021年 09月 【4件】
2021年 08月 【1件】
2021年 07月 【3件】
2021年 06月 【2件】
2021年 05月 【4件】
2021年 03月 【4件】
2021年 02月 【2件】
2021年 01月 【3件】
2020年 12月 【3件】
2020年 11月 【3件】
2020年 10月 【3件】
2020年 09月 【3件】
2020年 08月 【3件】
2020年 07月 【2件】
2020年 06月 【5件】
2020年 04月 【2件】
2020年 03月 【5件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【4件】
2019年 12月 【2件】
2019年 11月 【5件】
2019年 10月 【5件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【3件】
2019年 07月 【2件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【6件】
2019年 03月 【3件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【4件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【4件】
2018年 04月 【4件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【7件】
2015年 10月 【8件】
2015年 09月 【8件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【8件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【8件】
2015年 03月 【8件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【9件】
2014年 11月 【8件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【10件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【13件】
2014年 02月 【12件】
2014年 01月 【14件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【13件】
2013年 09月 【13件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【13件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【12件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【13件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【12件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【13件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【3件】
2010年 07月 【5件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【3件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【5件】
2008年 09月 【4件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【3件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【4件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【3件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【4件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【5件】

最近のトラックバック
ご訪問有難うございます!!
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示