FC2ブログ

盲点

盲点とは、脊椎動物の目の構造上、生理的に存在する見えない部分の一つで、

生理的暗点 または フランスの物理学者エドム・マリオットにより発見されたためマリオット暗点(マリオット盲点、マリオット盲斑)と言います

(盲点に相当する網膜上の部位は視神経円盤または視神経乳頭と呼ばれる)


私たちが普段見えているものは、目から入った情報が脳に伝えられたものということになっています

しかし実際には見えていない部分を脳が作り上げている部分もあります。

無いところから創り上げるわけではなく、目から入った情報を元にして脳が補完するのです


まず目から入ってきた情報(光)は、網膜で受け止められ

網膜から、脳にその情報を伝えます

しかし網膜には光が当たっても(情報を脳に伝えない)全く見えない部分があり、これを視覚の盲点と言います


ただし両目の盲点はそれぞれ別の角度にあり、お互いが盲点をカバーしあっているため普段は気づきません

かと言って片目だけで見ても、その盲点が小さかったり、うまく脳が仕入れた情報を利用し補完してしまうので盲点に気づきにくいのです

しかし視覚の盲点は以下の方法で確認できます

                               


まず左目を閉じます(または手で左目をふさぐ)  そして上の十字のマークを右目だけで見ます

右目で十字のマークを見ながら、となりの黒丸の存在を確認します

直接黒い丸を見てはいけません

視点を置くのは十字のほうだけですが、視野の片隅に黒い丸の存在を確認します

そしてそのままゆっくりモニターのスクリーンに近づきます

近づきながらずっと十字を見つめておきます

するとある一定の距離でこの黒い丸が消えるポイントがあります。視覚の盲点に入ったからです

そしてそのままさらにスクリーンに近づいていくとまたこの黒い丸は現れます


目には黒い丸の情報が入ってこないので、脳は仕方なく白地を作り出しています。視覚は脳に何の伝達もしていないので、見えているものは脳が作り出したものということになります


盲点・・・思い込みには気を付けたいですね (ち)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

色覚異常の見え方

今回は色盲についてです!


色覚の異常とは、どんな状態?

“物を見る”という機能は、視力、視野、色覚の三つに支えられています。視力は細かい物を見分ける力、視野は同時に見渡せる範囲、色覚は色を識別する感覚のことです。
 この三つの機能は、網膜(カメラのフィルムに該当する組織)にある光を感じとる「視細胞〈しさいぼう〉」の働きに委ねられていて、視細胞がうまく機能しないと、視力が低下したり、視野が狭くなるなどの異常が生じます。色覚についても、視細胞の機能次第で色を識別しにくくなる状態があり、それを色覚の異常と呼んでいます。

先天色覚異常と後天色覚異常

 色覚の異常には、先天性と後天性があります。先天性の場合は原因が遺伝的なものなので、現時点では有効な治療法がない一方、色覚異常の程度は変化せず、また色覚以外の視機能は問題ないことがほとんどです。
 後天性の場合は、なにかの病気(緑内障や網膜の病気など)の一つの症状として、色覚に異常が現れます。ですから色覚以外の視力や視野にも影響が出たり、病気の状態によって色の見え方が変わることがあります。
 後天色覚異常では、もとにある病気自体が治療対象となり、色覚の異常だけがクローズアップされることはあまりありません。

先天色覚異常と後天色覚異常
先天色覚異常  後天色覚異常

原 因 遺伝的なもの 眼疾患の一つの症状として起きる
症 状 両眼性だが、異常の程度は変化しない 異常の程度に左右差があることが多く、原疾患により改善・悪化する
色覚以外の症状 正常。ただし1色覚(全色盲)の場合、視力は良くない 視力や視野に異常があることが多い
その他 他人に指摘されたり検査を受けない限り、異常を自覚できない 色覚に異常が起きたことを自覚できる男性の20人に1人。色覚異常はまれではない

 先天性の色覚異常は、日本人男性の5パーセント、女性の0.2パーセントの頻度で起きていて、国内で300万人以上が該当し、まれなものではありません。ただしその程度は人によって異なります。検査で指摘されない限り気付かない人もいれば、社会生活に支障を感じる人もいますが、多くのケースでは、色覚の異常のため日常生活に困ることはありません。

区別がつきにくいのはどんな色?

「色盲とはすべてが白黒に見える状態」と思っている人が多いようですが、それは「色盲」という表現から生まれた誤解です。このため日本眼科学会では「色盲」という用語をすべて廃止しました。色覚に異常があっても区別のつきにくい色があるだけで、目に写る風景はカラーの映像です。
 では、どんな色が区別しづらいのでしょうか。頻度の多い2型色覚(2型2色覚と2型3色覚)の人が間違えやすい組み合わせは、赤と緑、オレンジと黄緑(きみどり)、緑と茶、青と紫、ピンクと(しろ)・灰色、緑と灰色・黒です。1型色覚(1型2色覚と1型3色覚)の場合これに、赤と黒、ピンクと青が加わります。


色盲の人はこんな見え方をしているそうです!!
vis-yasai.jpg
vis-kouyou.jpg

同じ野菜や風景でもこんなに見え方が違うなんて驚きでした。(神)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



目の錯覚

目の錯覚

 先日、上野の国立科学博物館で下のような図形を見ました。
有名な図形なので、ご存知の方も多いと思います。

s1.png

上の2つの縦線の長さは同じでしょうか? 右の縦線の方が長く見えませんか?
しかし実際に長さを測ってみると、2つの縦線は同じ長さだと分かります。
これは、”ミュラー・リヤー錯視”とよばれる、今から120年以上前に発表された現象です。

このように、目で見たときに実際とは違って感じられる心理的な現象のことを、目の錯覚、あるいは錯視といいます。
錯視には様々な種類があり、物の大きさ、角度、色などが変わって見えるものや、止まっているのに動いているように見えるもの、平面なのに立体的に見えるものなど、多くの錯視が発表されています。

それでは、なぜそのような現象がおこるのでしょうか?

ものを見るという行為は、私たちの目と脳が協力して働いたものです。錯視は目で見て感じるものですが、その多くは脳によっておこると考えられています。

目から入った情報は、実は、そのままでは不完全。だから、脳の働きにより、細部の情報を補って鮮明な映像にしているのです。さらに、脳は、目に見える世界を奥行きのあるものとして想像します。

例えば、左の縦線を見た時、脳は壁のコーナーがこちらに出っ張っていると理解するため、手前にあるので実際は見た目より短いだろうと判断してしまいます。
同じように右の縦線を見た時、壁のコーナーが奥に引っ込んでいると理解し、遠くにあるので実際は見た目より長いに違いないと思い込みます。
このように、平面にある世界を脳が立体として理解するので、錯視が起きるのですね。

s2.png


この他にもいくつかの図形を紹介しますので、目の錯覚の不思議な世界を楽しんでくださいね。(ゆ)

s3.png
黒い円の大きさは同じ?       


s4.png
どっちの机が大きいかな?       


s5.png
2本の横線は歪んでる?

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


猫の錯覚

今回は猫に目の錯覚の絵を見せるとどうなるか

という動画がありましたのでご覧ください

癒やされます(三)


動画は↓↓↓↓↓↓↓こちらから





近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

補色残像効果

補色残像とは、赤色の図形を30秒くらい見た後に、白い壁や紙を見ると青緑色の残像が見えるという現象です。


ヒトの眼の網膜には、色の判別が出来る錐体細胞があり、

錐体細胞は赤、青、緑それぞれの色を受容する3種類の細胞があります。


赤をしばらく見つめていると、赤色光を受容する錐体細胞だけが反応し続けて疲労してしまうため、

赤を見続けた後すぐに白を見ると、他の2つの錐体細胞だけが反応して、赤の補色の青緑に見えるのです。


この補色残像効果によって、昔の手術着は白色でしたが、当時の執刀医に「青緑色のシミが見える」現象がおきていたため、現在の手術着は青緑色が採用されています。


補色とは以下の図の反対色のことです。気になる方は試してみてください。(ち)

lesson04_zu02.gif



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

コルシカル

Author:コルシカル
トレーニング機器です。
医療機器ですよ!

視力回復見込みチェック、
好評実施中!!
ご希望の方はお近くの
センターまで!
お電話お待ちしてます!


===================

ケーブルテレビで放映されました!


画像をクリックすると
大きな画像で見れます!

※うまく表示されない場合は
最新のFlash Playerを入手下さい。

ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ 人気ブログランキングへ

Facebook始めました!
よかった「いいね!」お願いします。
カテゴリ
東京視力回復センター発行書籍
これで視力がグングン回復する
これで視力がグングン回復する
↑ ご希望の方はここから

当センター理事長著最新版。
公式の治療実験で効果が実証された本物の視力回復法。
小さな子供から大人まで、自宅でできる本格的なトレーニングを わかりやすく紹介。




医者いらずの視力回復メソッド
医者いらずの視力回復メソッド
↑ ご希望の方はここから

"東京視力回復センター監修の書籍「医者いらずの視力回復メソッド 」、書店、 コンビニ、アマゾン等で好評発売中!


超音波治療器ソニマック
眼精疲労を取り除き、
視力の低下予防と
視力回復の効果を高めます。
東京視力回復センター関連サイト
携帯サイトこちらから!
QR
携帯からの資料請求はこちら
QR
最近の記事
バックナンバー

2020年 09月 【3件】
2020年 08月 【3件】
2020年 07月 【2件】
2020年 06月 【5件】
2020年 04月 【2件】
2020年 03月 【5件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【4件】
2019年 12月 【2件】
2019年 11月 【5件】
2019年 10月 【5件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【3件】
2019年 07月 【2件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【6件】
2019年 03月 【3件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【4件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【4件】
2018年 04月 【4件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【7件】
2015年 10月 【8件】
2015年 09月 【8件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【8件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【8件】
2015年 03月 【8件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【9件】
2014年 11月 【8件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【10件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【13件】
2014年 02月 【12件】
2014年 01月 【14件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【13件】
2013年 09月 【13件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【13件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【12件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【13件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【12件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【13件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【3件】
2010年 07月 【5件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【3件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【5件】
2008年 09月 【4件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【3件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【4件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【3件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【4件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【5件】

最近のトラックバック
ご訪問有難うございます!!
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示