FC2ブログ

目の色、いろいろ

眼科の病気には、病名に色の名前が入っている病気がいくつかありますね

例えば白内障の『白』です
白内障は、カメラのレンズに相当する水晶体が濁り、視力が低下する病気のことです。
進行した白内障の眼を外から見ると、文字通り、瞳が白くなっているのです。

そして緑内障は『緑』ですね
緑内障は、眼圧(眼球の内部から外側に向けてかかる力)が高くなり、視神経が圧迫されて、視力が低下したり視野が狭くなる病気です。
眼圧が高くなるのは、眼球内の房水が過剰に溜まることが原因なのですが・・
この時、瞳の奥が青みかがって見えることがあります。

日本では、古くから目が見えなくなる病気のことを『そこひ』と呼んできました。

瞳が白く濁る白内障は、白そこひ。
緑内障は、青そこひ・・という具合です。

黒そこひ(黒内障)という病気もあります。

『瞳が黒く見えて、目が見えなくなってしまう病気』という意味ですが・・
瞳はもともと黒っぽいものなので、それをわざわざ病名にするのも、ちょっと変な話ですよね。

黒そこひは、白そこひ、青そこひに対して、外見上は全く異常がなく、原因がよく分からないまま視力が低下してしまったことを表現した病名と言えるでしょう。


現在では、眼の外見に問題がなくても検査によって、例えば網膜剥離や硝子体出血のように正確に診断されますので、黒そこひ、という言葉は使われなくなっています。

ところで・・目の色の話といって、皆さんが真っ先に、思いつくのは病気のことより、外国の人の青い瞳のことかもしれません。

瞳の色は、透明な角膜ごしに見える虹彩(カメラの『絞り』にあたります)表面の色素量で決まります。

虹彩表面の色素が豊富な人・人種ほど、瞳は濃い茶色になります。
逆に、色素量が少なければ薄い茶色になります。

白色人種の場合は虹彩表面には色素がなく、虹彩実質(虹彩そのもの)が透けて見えていて、虹彩内の色素の量によって、瞳が青く見えたり、灰色に見えたりするそうですよ。

人によって目の色も、状態も本当に様々ですね。

きちんと自分の目の健康を守っていきましょう!(I)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

風邪をひいたときのこと

先日風邪をひいたときに度々涙がぶわっとあふれ出てくる時がありました。
その時は鼻も痛いし目も痛いし辛かったです。
どうしてそのようなことが起こるのか気になったので調べてみました。



特に、涙や目やにといった目の不快感に繋がる原因に、鼻水があげられるそうです。

まぶたの際に涙が出る穴があいていますよね。顔の中央の方にある穴です。その穴は、
涙点と言って鼻涙管と繋がっています。そして、鼻涙管は鼻の内部に繋がっています。
要するに、目と鼻は繋がっているんです。

なので、風邪をひいて鼻水や鼻づまりといった鼻の症状がひどい時、
ウイルスが目の方にも進入し、涙や目やにが出るらしいです。

また、目の痛みが起きる場合ですが、それも鼻と関係しています。
鼻水が長引きひどくなると「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」を発症することがあります。

副鼻腔炎は、蓄膿症とも呼ばれています。蓄膿症の方がなじみがあるかもしれませんね。
副鼻腔炎は、副鼻腔の中に炎症がおきて膿が溜まった状態です。どろっとした鼻水がでます。
(汚くてすいません…)この副鼻腔は、頬や目の周りにあります。
なので、ここに炎症がおきると目にも痛みが出ることがあります。

副鼻腔炎は自然治癒はせず耳鼻科に行って、膿を吸ってもらったり、
鼻を生理食塩水で洗う必要があります。治るのに時間がかかりますので、放っておくと厄介です。

風邪をひいた時に目の痛みが出てきた場合、
副鼻腔炎を疑ってすぐに耳鼻科に行くことをお薦め致します。
(むら)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

目線の向き

皆さんは人と話している時、目を見て話していますか?
その時、相手の目線が動いたりしますよね。

目の向きは、心理状態や考えている事の表れ。
今回は目の動きと心理状態についてのお話です。

目が上を向いている時
人間の目は、過去のことを思い出す時は左上に向きます。
また、今まで見たことのないことを想像する場合には右上を向くといわれています。

ただし、これは右利きの人の場合です。
左利きの人だと逆になるケースがあるとのことです。

目が横を向いている時
【左】
聴覚的に形成されたイメージを指します 。
「脳内でとても高い音程を作ってください」と言われた時に、
聞いたこともない音を聴覚的に形成しながら目はこの方向を向きます。

【右】
聴覚的に記憶されたイメージを指します。
「母親の声がどんな声だったか思い出してください」と言われた時に、
耳で覚えている音を考えながら目はこの方向を向きます。

目が下を向いている時
【左下】
嗅覚・味覚・感覚を指します。
「キャンプファイアーの匂いを思い出してください」と言われた時に、
その匂いや味などの感覚を思い出すときに目はこの方向を向きます。

【右下】
内在的な言葉を指します。
いわゆる独り言のことで、これをしているときに目はこの方向を向きます。

いかがでしたか。
目線は無意識に動いてしまいます。
今度、会話をする際に目の動きを意識してみて下さい。
相手の心理がわかって面白いですよ! (い)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


まばたき

私たち人間は1分間に平均20回、3秒に1回のペースでまばたきをしています。
なぜ、これほど頻繁にまばたきをするのでしょうか?

人間のまばたきは次の3種類にわけられます。

1.【反射性まばたき】 光や風など、外部からの刺激によって誘発されるまばたき
2.【随意性まばたき】 自らの意思によって意図的に行うまばたき(ウィンクなど)
3.【自発性まばたき】 これといった要因もなく無意識に行うまばたき

人間のまばたきの大半は、3番目の『自発性まばたき』です。
この自発性まばたきは「眼球を潤すために生じるもの」といわれています。
しかし、眼球湿潤のためだけであれば1分間に3回程度のまばたきで十分だということがわかりました。

目を潤す以外の重要な役割があるのでしょうか?


大阪大学が2012年に発表した研究リポートをご紹介します。

まず、一定数の被験者を集めます。
音声のない2種類の映像を見てもらい、まばたきのタイミングを調べる実験を行いました。

①これといったストーリーのない風景映像を見ている時
 →まばたきのタイミングはバラバラ。

②ストーリーが次々に展開するコメディ映画を見ている時
 →動作の終了やストーリーの切れ目に合わせて、一斉にまばたきをする。

この時、まばたきをするたびに、脳が切り替わることが判明しました!
周囲に注意を向けていた状態から安静した状態に変わるのです。
まばたきはなんと、脳をリセットする役割を果たしていたのですね。

さらに、人と話す時に相手と同じタイミングでまばたきをしてみて下さい。
相互理解や共感性は自然と高まることがわかっています。
円滑なコミュニケーションにつながりますよ!(い)




リンパの流れ

リンパマッサージは視力回復に効果的

視力を回復させるためには体の血流を改善することが大事です。
血流を良くすることで、目に大切な栄養が届くようになります。
栄養が届けば、目の機能も改善し、目のトラブルも解消でき
視力回復が可能です。
またそれだけでなくむくみ、冷え性、首こり、肩こりなどを改善することができ
ダイエット、美肌効果も期待できます。
理想は毎日行うことですが、継続できる範囲で行っても十分に効果は得られます。

いつも行っている目の体操は顔のまわりをマッサージする
動きが入っています。
目を使った後は目の体操を取り入れ
血液の流れリンパの流れを常に
良くするように心がけましょうね。
(むら)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

プロフィール

コルシカル

Author:コルシカル
トレーニング機器です。
医療機器ですよ!

視力回復見込みチェック、
好評実施中!!
ご希望の方はお近くの
センターまで!
お電話お待ちしてます!


===================

ケーブルテレビで放映されました!


画像をクリックすると
大きな画像で見れます!

※うまく表示されない場合は
最新のFlash Playerを入手下さい。

ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ 人気ブログランキングへ

Facebook始めました!
よかった「いいね!」お願いします。
カテゴリ
東京視力回復センター発行書籍
これで視力がグングン回復する
これで視力がグングン回復する
↑ ご希望の方はここから

当センター理事長著最新版。
公式の治療実験で効果が実証された本物の視力回復法。
小さな子供から大人まで、自宅でできる本格的なトレーニングを わかりやすく紹介。




医者いらずの視力回復メソッド
医者いらずの視力回復メソッド
↑ ご希望の方はここから

"東京視力回復センター監修の書籍「医者いらずの視力回復メソッド 」、書店、 コンビニ、アマゾン等で好評発売中!


超音波治療器ソニマック
眼精疲労を取り除き、
視力の低下予防と
視力回復の効果を高めます。
東京視力回復センター関連サイト
携帯サイトこちらから!
QR
携帯からの資料請求はこちら
QR
最近の記事
バックナンバー

2020年 03月 【5件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【4件】
2019年 12月 【2件】
2019年 11月 【5件】
2019年 10月 【5件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【3件】
2019年 07月 【2件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【6件】
2019年 03月 【3件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【4件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【4件】
2018年 04月 【4件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【7件】
2015年 10月 【8件】
2015年 09月 【8件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【8件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【8件】
2015年 03月 【8件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【9件】
2014年 11月 【8件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【10件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【13件】
2014年 02月 【12件】
2014年 01月 【14件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【13件】
2013年 09月 【13件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【13件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【12件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【13件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【12件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【13件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【3件】
2010年 07月 【5件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【3件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【5件】
2008年 09月 【4件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【3件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【4件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【3件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【4件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【5件】

最近のトラックバック
ご訪問有難うございます!!
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示