FC2ブログ
コンタクトレンズの歴史
2019年12月17日 (火) | 編集 |
視力を矯正する為に使用するコンタクトレンズ。
最近では、おしゃれの為のカラーコンタクトレンズなども普及しています。

コンタクトレンズには、ハードとソフトがあり、
それぞれ誕生した時期が違います。

今回は、コンタクトレンズの歴史を紹介します。


コンタクトレンズの原理は、レオナルド・ダ・ヴィンチが発見したといわれています。
レオナルド・ダ・ヴィンチはイタリアの有名な科学者でもありました。

1508年。
水の入った半球形のガラス容器の中で、目を開いた状態のイラストを描きました。
そのイラストを用いて、視力を矯正する効果について論じていたそうです。


<ハードコンタクトレンズ>
ダ・ヴィンチの発見から約440年後。
PMMA(ポリメチルメタクリレート)というアクリル樹脂の素材を用いたハードコンタクトレンズを開発。
しかし、初期のハードコンタクトレンズは酸素を透過しません。
その為、装用できる時間に限界があったりと、さまざまな問題がありました。

その後、酸素を透過する素材で作られたハードコンタクトレンズを開発。
連続して装用することが可能になりました。

※また、PMMAのコンタクトレンズの前には、ガラス素材のハードコンタクトレンズがありました。
しかし、製造が難しかったことから普及しなかったそうです。


<ソフトコンタクトレンズ>
1960年。
チェコスロバキアの研究所が、ハイドロジェルのコンタクトレンズ製造に関する内容の報告を発表したことから始まります。
この技術が1965年にアメリカに渡り、ソフトコンタクトレンズの開発がおこなわれました。

そして、1971年に初のソフトコンタクトレンズが発売。
その10年後には連続装用も認可されました。
ソフトコンタクトレンズは、材質に水を含んでいるため柔らかく、酸素透過性もあり、装用感も良好です。


ソフトコンタクトレンズの誕生により、各国のコンタクトレンズ普及率は飛躍的に向上しました。


今ではすっかり一般的になったコンタクトレンズ。
約500年以上の歴史があるなんて驚きですね。(い)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


噛む力と視力
2019年09月24日 (火) | 編集 |
文部科学省が発表した小学生と高校生を対象とした「視力1.0未満」の割合の調査で、平成30年の結果は過去最悪の67%でした。平成22年の結果と比べると、約10%も増加する結果に。… 原因のひとつとして挙げられたのは、日本人が持つ「かむ力」の衰え。最近では“柔らかい食事や食材”を「おいしい」とする傾向が強まっており、こうした食事に慣れた日本人は“かむ力”が自然と弱まっています。
人がものをかむときに使うのが、「咬筋(こうきん)」と呼ばれるほほからあごにかけての筋肉。じつはこの「咬筋」が、目のピントを合わせる筋肉「毛様体筋」と密接に関係しています。「咬筋」の衰えは「毛様体筋」の力を弱め、結果として視力低下の引き金に。視力と噛む力は密接な関係があるというのです。

よく噛むことで脳の血流が良くなるということなので、視力にもよい影響があるかもしれません。(O)
近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
2019年08月20日 (火) | 編集 |
まぶたの一部が赤くはれる麦粒腫(ばくりゅうしゅ)。

俗に「ものもらい」といわれる目の病気のひとつです。

この「ものもらい」には地域によって呼び方がいろいろあります。

★近畿地方・・・「めばちこ」
★愛知、三重などの東海地方・・・「めいぼ」「めぼ」
★宮城県・・・「ばか」
★熊本県・・・「おひめさん」
★北海道・・・「めっぱ」等

「ものもらい」は主に東日本で使われており、東京・千葉などの関東圏の90%近くで使われています。

はじめの症状は、まぶたの一部が赤くはれ、かゆみを感じることがあります。
まばたきをすると目が痛い、充血する、ゴロゴロする、まぶたが赤くはれるといった症状が出てきます。
そして次第に赤み、はれが強くなり、はれたところが自然に破れて膿(うみ)が出ることがあります。
そのあと症状は回復に向かい、炎症がおさまれば数日で治ります。

特に夏場は、多くの汗をかき不衛生になりやすく「ものもらい」になりやすくなります。

顔を拭くタオルは清潔なものを使い、手洗いを習慣にして、汚れた手で目をこすらないようにしてください。

コンタクトレンズは、レンズをつねにクリーンな状態に維持し、雑菌が付かないようにする必要があります。

まつげの生え際のアイメイクはなるべく避け、常に清潔になるよう心がけましょう。

体の抵抗力が弱まっているときが多いので、普段からの睡眠時間など健康管理にも気を配りましょうね!(い)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

視力表
2019年04月30日 (火) | 編集 |
春は視力検査のシーズンです。
視力検査をするときに、アルファベットの「」のような形をよく見かけますよね?

この「」のマークは、ランドルト環といいます。

ランドルトという眼科医によって考案されたものです。
1909年(明治42年)、国際的な標準視標として採用されました。

しかしこのランドルト環、必ずしも世界唯一の視標ではないのです。

例えば中国で広く用いられているのは、ランドルト環ではありません。
アルファベットの「E」を視標として用いたEチャートと呼ばれる検査表です。

古典的なラテンアルファベットを基礎としているものです。
中国のように母国語としてアルファベットを用いない国でも多く採用されています。

また、欧米では複数のアルファベットが並んだスネレン指標と呼ばれるものが普及しています。

1862年にオランダの眼科医ハーマン・スネレンによって考案されました。
現在も多くの国で使用されていますよ。


この様に、世界には様々な視力表があります。

まだ紹介していない視力表もありますので、調べてみると楽しいですよ!(い)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




「目の正月」
2019年01月08日 (火) | 編集 |
「月の鏡 小春に見るや 目正月」
これは、松尾芭蕉が24歳のときに詠んだ句です。

「小春」は秋の穏やかな日のことで、小春日和ともいいます。

こんな時期に、鏡のように澄んだ美しい月を見るのは、まるで目の正月のようだ。
そんな気持ちを詠んだ句なのだそうです。

さて、最後の「目正月」という言葉。
皆さん、聞いたことはありますか??

「目正月」とは、美しいものや珍しいものを見て楽しむことを例えた言葉です。

今使うとしたら、「この絶景インスタ映えしそう!」といった感じでしょうか。

日本人にとってお正月といえば、一年に一度の大切な日。
特に昔の人にとっては、特別な一日だったことでしょう。

今年は是非、自然の緑に触れたり、星空や青空を眺めたりして、
「目の正月」を体感してみてはいかがでしょうか。 (い)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。