FC2ブログ
麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
2019年08月20日 (火) | 編集 |
まぶたの一部が赤くはれる麦粒腫(ばくりゅうしゅ)。

俗に「ものもらい」といわれる目の病気のひとつです。

この「ものもらい」には地域によって呼び方がいろいろあります。

★近畿地方・・・「めばちこ」
★愛知、三重などの東海地方・・・「めいぼ」「めぼ」
★宮城県・・・「ばか」
★熊本県・・・「おひめさん」
★北海道・・・「めっぱ」等

「ものもらい」は主に東日本で使われており、東京・千葉などの関東圏の90%近くで使われています。

はじめの症状は、まぶたの一部が赤くはれ、かゆみを感じることがあります。
まばたきをすると目が痛い、充血する、ゴロゴロする、まぶたが赤くはれるといった症状が出てきます。
そして次第に赤み、はれが強くなり、はれたところが自然に破れて膿(うみ)が出ることがあります。
そのあと症状は回復に向かい、炎症がおさまれば数日で治ります。

特に夏場は、多くの汗をかき不衛生になりやすく「ものもらい」になりやすくなります。

顔を拭くタオルは清潔なものを使い、手洗いを習慣にして、汚れた手で目をこすらないようにしてください。

コンタクトレンズは、レンズをつねにクリーンな状態に維持し、雑菌が付かないようにする必要があります。

まつげの生え際のアイメイクはなるべく避け、常に清潔になるよう心がけましょう。

体の抵抗力が弱まっているときが多いので、普段からの睡眠時間など健康管理にも気を配りましょうね!(い)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

視力表
2019年04月30日 (火) | 編集 |
春は視力検査のシーズンです。
視力検査をするときに、アルファベットの「」のような形をよく見かけますよね?

この「」のマークは、ランドルト環といいます。

ランドルトという眼科医によって考案されたものです。
1909年(明治42年)、国際的な標準視標として採用されました。

しかしこのランドルト環、必ずしも世界唯一の視標ではないのです。

例えば中国で広く用いられているのは、ランドルト環ではありません。
アルファベットの「E」を視標として用いたEチャートと呼ばれる検査表です。

古典的なラテンアルファベットを基礎としているものです。
中国のように母国語としてアルファベットを用いない国でも多く採用されています。

また、欧米では複数のアルファベットが並んだスネレン指標と呼ばれるものが普及しています。

1862年にオランダの眼科医ハーマン・スネレンによって考案されました。
現在も多くの国で使用されていますよ。


この様に、世界には様々な視力表があります。

まだ紹介していない視力表もありますので、調べてみると楽しいですよ!(い)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




「目の正月」
2019年01月08日 (火) | 編集 |
「月の鏡 小春に見るや 目正月」
これは、松尾芭蕉が24歳のときに詠んだ句です。

「小春」は秋の穏やかな日のことで、小春日和ともいいます。

こんな時期に、鏡のように澄んだ美しい月を見るのは、まるで目の正月のようだ。
そんな気持ちを詠んだ句なのだそうです。

さて、最後の「目正月」という言葉。
皆さん、聞いたことはありますか??

「目正月」とは、美しいものや珍しいものを見て楽しむことを例えた言葉です。

今使うとしたら、「この絶景インスタ映えしそう!」といった感じでしょうか。

日本人にとってお正月といえば、一年に一度の大切な日。
特に昔の人にとっては、特別な一日だったことでしょう。

今年は是非、自然の緑に触れたり、星空や青空を眺めたりして、
「目の正月」を体感してみてはいかがでしょうか。 (い)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




目の保養
2018年11月27日 (火) | 編集 |
先日、散歩がてら大山まで紅葉を見に行ってきました!

今年は暑い日が長かったからか、色付きが遅いと聞いてましたが、

山の方は思った以上に色付いてました。

image1.jpeg

曇ってはいましたが、もみじの赤が綺麗で、ライトアップ前の時間に

行きましたが圧巻の風景でした。

まだまだ、見ごろの場所もあると思います。

勉強にゲームにタブレットばかりではなく、この季節ならではの

紅葉狩りに出かけてみるのもいいのではないでしょうか?

遠方を見るので目のリフレッシュ、保養にもなりますよ~ (な)



近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


ことわざ
2018年04月24日 (火) | 編集 |
 あおば  め  くすり
「青葉は目の薬」

これは、ことわざです。

★諺(ことわざ)とは「言葉の業(わざ)」のこと。

日常生活の中から生み出されました。
昔から人々の間で言い習わされてきたことばの事です。
この短いことばの中に教訓や知識、風刺、物事の法則などが含まれています。


「青葉は目の薬」。意味は・・・
青葉の緑は、疲れた目を薬のように回復させる効果があるということ。

読書や細かい仕事などをしていて目が疲れた時、
みずみずしい青葉の緑色を眺めたりするとよいということです。

しかし、日常生活の周りに青葉はあまりありませんよね。
でも、遠くのものなら何でも大丈夫!

2.5m以上離れたものを、じーっと見つめましょう。
時間は1~2分ぐらいです。

そうすることによって、目の筋肉の緊張をほぐすことが出来ます。

近くを見る時...目の筋肉は力が入ります。
遠くを見る時...目の筋肉はリラックスします。

長時間近くの物を見続けると、目は疲れてしまいます。
それが蓄積されると、近視になってしまいます。

近くの物を見たら、遠くの物を見る。

必ず、休憩を取るようにしましょう! (い)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。