FC2ブログ

夏の夜空☆

夏も本番 毎日焼けるような暑さの中
皆さま いかがお過ごしでしょうか?

今年は新型コロナウィルスの影響で 季節ならではの
イベントや行事がほとんど 見送られました。
その為、季節感が今一つ…感じられていないような気が致します。

そこで今回は夏の夜空を観察して頂いて~
ゆっくり季節を感じて、さらに!

目も心もリラックスして頂こうと思い、夏の星座をご紹介したいと思います。

暗くなって間もなく南北に淡い雲のような天の川が横切っています。
こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブ作る『夏の大三角』が真上付近に見え
夏本番 を感じさせます。

ペルセウス流星群は12日前後に最も多くの流星を見れそうです。
明かりを消して ご家族で探してみてください。(T)

夏の星座図



近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。 



就寝前

過ごしやすい夜になってきましたね。
ついつい寝る前 にスマホを見てしまう人、多いのではないでしょうか。

しかし、「寝る前スマホ」は、眼精疲労が起こる原因のひとつです。

目の疲れをためないようにするには、睡眠が一番。
就寝前には、脳をリラックスさせることが大切です。

オススメはアイピローの使用。

アイピローはアイマスクに比べて、目に被せる部分が厚く作られています。
中に保冷剤や保温材、アロマなどを入れることが出来ます。

もちろんアイマスク同様、光を遮ってくれるので、昼間に眠りたい時にも役立ちます。

★パソコン・スマホ・読書等、長時間酷使した目→温める

★充血などで赤くなってしまった目→冷やす

種類も、繰り返しタイプ・使い捨てタイプ・充電タイプと様々な物が発売されています。
普段使い、移動中など状況に応じて使い分けて下さい。

秋の夜長、就寝前の時間の使い方に気を付けましょう。(い)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

温める?冷やす?

最近、会員の方から「目は温めたほうが良いの??」と
いうご質問を、よく受けます。

温めたほうがいいのか、冷やしたほうがいいのか。
それは、疲れ目の症状にあります。


ドライアイなどのショボショボ目は温める!

エアコンの効いた室内で長時間のパソコン作業。
1日コンタクトレンズを装用し続けることによる疲れ目。
こうしたドライアイなどのショボショボした目には
温める解消方法が効果的です。

目や目の周辺を温めることで、血流が良くなり、
筋肉がほぐされるほか、新陳代謝の改善も見込まれます。
疲れ目やドライアイだけではなく、
眼精疲労が原因の頭痛や肩こりにも効果的です。


充血目には冷やす!

寝不足や結膜炎によって引き起こされる目の充血。
目の中の血管が膨張することによって生じます。
炎症や充血をおこしている目を温めるのは逆効果です。
こうした場合は冷やした方が良いでしょう。

目や目の周辺を冷やすことで、血管や筋肉が収縮し、
元に戻る活動を行います。
ただ、視神経症のある方は逆効果の場合もあるので注意しましょう。


目の症状によって違った眼精疲労の解消方法。
眼病などの原因から生じるものもあります。
心配な場合は一度眼科医の診療を受けることをおすすめします。 (い)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

愛してる

2015y11m27d_181520622_201702101629051a4.jpg



愛している

ありがとう

という言葉を恋人や家族、大切に思う相手に伝えている人は

家電メーカーパナソニックさんが300人を対象に行なった調査によると

84.7%の方が伝えてないと言う、少し寂しい結果

ただ

同社が調査したところ

愛している

ありがとう

を言葉にして相手に伝えると

愛の言葉で身体が温められ、体温が上がるという結果も出ています

伝えられた相手の

感情の影響が出やすい鼻頭あたりの体温を測った結果

体温は平均で0.8度上がり、なかには1.2度上がった人もいたとの事

友達、恋人、家族に言ってみよう

体温が上がれば血流も良くなる

血流が上がれば眼精疲労も軽減できます

ぜひぜひ言ってみてください(三)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


眼精疲労

『眼精疲労』という言葉、聞いたことがあると思いますが・・
その詳しい内容のこと、皆さんご存知ですか??

言葉の印象だけだと、単なる目の疲労と捕えがちですが・・

実は、その程度によっては眼だけではなく身体全体にも影響を与えてしまいます。

いわゆる目の疲れというのは、基本的に一晩しっかりと睡眠がとれさえすれば回復するものですが・・
眼精疲労になると状態が慢性化してしまい、回復が困難な状態となります。

また、症状としても眼精疲労は眼だけではなく頭痛や肩こり、首こりなど全身に影響を及ぼすものが多くなります。

では何故、眼精疲労が頭痛として症状が出てしまうのでしょうか?

それは『脳疲労』というものが関係しています。
目を酷使した場合に疲れを認識するのは『脳』です。

その疲れが蓄積されると『脳疲労』という状態を引き起こしてしまいます。

『脳疲労』は脳の自律神経が極度に疲労した状態で頭痛などの症状として表れます。

パソコン操作などによる疲れ目から『眼精疲労』に悪化した人の場合・・
長時間にわたる猫背の姿勢が習慣化したため、首の前側と左右の筋肉に過剰な負荷がかかり・・
肩、背中、胸の筋肉が硬直・緊張し血流が悪化します。

これが結果として脳の疲労につながり、眼精疲労を悪化させてしまいます。
眼精疲労がほぼ例外なく頭痛や肩こりや首こりを伴うのはこのためです。

この状態でモニター画面などの近距離を、長時間集中して見てしまうと
更なる脳と目の酷使に繋がり、慢性的な眼精疲労の無限ループにはまり込んでしまうのです・・

目の疲れや頭痛の表面的な症状だけを解消しようという考え方では根本的な解決にはなりません。
一晩眠っても回復せず、脳や体に疲れがどんどん蓄積してしまいます・・!

根本治療の第一歩は、脳と体の疲労体質からの脱却(疲労しやすい体の正常化)です。

その為には生活の改善が不可欠!

パソコン作業や勉強などをする時には姿勢に気を付け、こまめに休憩をとったり・・
休憩している間、可能なら同時に軽く体を伸ばしてあげるなどのストレッチなども効果的です。

そして、日頃から十分な睡眠を意識すること。

などなど毎日の生活の中で少しのケアを行う事で、少しずつですが『眼精疲労』は軽減していきます。

ですが『眼精疲労』にも症状にも軽い症状、重い症状といった差があります・・

状態が深刻な場合や改善が見られない場合。
実は眼科でも眼精疲労の治療は多く行われていますので、1度相談してみると良いかもしれません。(I)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。
プロフィール

コルシカル

Author:コルシカル
トレーニング機器です。
医療機器ですよ!

視力回復見込みチェック、
好評実施中!!
ご希望の方はお近くの
センターまで!
お電話お待ちしてます!


===================

ケーブルテレビで放映されました!


画像をクリックすると
大きな画像で見れます!

※うまく表示されない場合は
最新のFlash Playerを入手下さい。

ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ 人気ブログランキングへ

Facebook始めました!
よかった「いいね!」お願いします。
カテゴリ
東京視力回復センター発行書籍
これで視力がグングン回復する
これで視力がグングン回復する
↑ ご希望の方はここから

当センター理事長著最新版。
公式の治療実験で効果が実証された本物の視力回復法。
小さな子供から大人まで、自宅でできる本格的なトレーニングを わかりやすく紹介。




医者いらずの視力回復メソッド
医者いらずの視力回復メソッド
↑ ご希望の方はここから

"東京視力回復センター監修の書籍「医者いらずの視力回復メソッド 」、書店、 コンビニ、アマゾン等で好評発売中!


超音波治療器ソニマック
眼精疲労を取り除き、
視力の低下予防と
視力回復の効果を高めます。
東京視力回復センター関連サイト
携帯サイトこちらから!
QR
携帯からの資料請求はこちら
QR
最近の記事
バックナンバー

2020年 09月 【3件】
2020年 08月 【3件】
2020年 07月 【2件】
2020年 06月 【5件】
2020年 04月 【2件】
2020年 03月 【5件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【4件】
2019年 12月 【2件】
2019年 11月 【5件】
2019年 10月 【5件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【3件】
2019年 07月 【2件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【6件】
2019年 03月 【3件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【4件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【4件】
2018年 04月 【4件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【7件】
2015年 10月 【8件】
2015年 09月 【8件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【8件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【8件】
2015年 03月 【8件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【9件】
2014年 11月 【8件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【10件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【13件】
2014年 02月 【12件】
2014年 01月 【14件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【13件】
2013年 09月 【13件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【13件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【12件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【13件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【12件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【13件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【3件】
2010年 07月 【5件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【3件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【5件】
2008年 09月 【4件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【3件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【4件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【3件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【4件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【5件】

最近のトラックバック
ご訪問有難うございます!!
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示