FC2ブログ

科学眼外傷

皆さんは『科学眼外傷』という目の状態をご存知ですか??

名前を見て何となく推測がつく方もいらっしゃるかと思いますが・・

私たちが普段生活をしていて、化学物質が誤って目に入ってしまった状態のことを指します。
科学物質・・洗剤・有機溶剤・パーマ液・コンタクトレンズ洗浄液、など。
身近に『科学物質』は様々あります。

怖いのは、場合によっては失明してしまうことがあることです。

中には、角膜表面が完全に剥がれてしまったり、角膜全体が濁ってしまうこともあります。

化学物質の中にも種類があります。
目に入ってしまった化学物質がアルカリ性だった場合、眼球表面の障害だけに留まらないことがあります。
化学物質が、角膜を透過し、内部まで障害を及ぼしてしまう場合もあるのです・・

化学物質が眼に入ってしまったら、すぐに流水で洗い流しましょう。
これくらい大丈夫だろう、と油断せず、念の為に眼科を受診した方が安心です。

生活の中に、目の危険は実はたくさん潜んでいます。

しっかり注意して、自分の目を大切に守っていきたいですね(安)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

子供の目の病気について

目がかゆい
まぶたに触ると痛い
目やにが普段より多く出るなど…

お子様自身が感じる自覚症状や
親御さんが一緒に過ごす中で見てわかる症状があるときは、
以下のような病気の可能性も考えられます。

気になることが有りましたら、
なるべく早く眼科医を受診するようにしましょう


斜視

目標物へ視線を向けるとき、一方の目は正しくそちらへ向いているが、
もう一方は別の方向を向いているという状態を斜視といいます。
※早期治療が大切です。


弱視

視力の発達する時期に十分に目を使わないで、
視機能が正しく発達しないままになる状態です。
極端に悪い場合は、眼鏡やコンタクトレンズを用いても
視力が0.0いくつということもあって、日常生活に支障をきたしてしまいます。


不同視

右の視力が1.2もあるのに、左は0.2といったように
左右で視力が極端に異なる状態を不同視(ふどうし)といいます。
左右の目に映った像を脳で一つに統合する「両眼視機能」の発達が障害されて、
立体感や遠近感が分からなくなってしまいます。


色覚異常

網膜には色を感じる錐体という細胞があり、
その異常によって色覚異常が生じます。
後天的なものは、網脈絡膜や視神経の疾患に伴って発現しますが、
ほとんどが生まれつきのため一般的には先天色覚異常のことを指します。


先天性白内障

白内障は水晶体が濁って、物がかすんだりぼやけて
見えたりするようになる病気のことです。
年配者の病気というイメージが強いですが、
遺伝や子宮内感染による先天性の白内障も少なくなく、
250人の新生児に対して1人という高い発症率となっています。


先天性緑内障

房水を排出する役目を果たしている前房隅角の形成異常が原因で、
生後1年以内に発症するのがほとんどです。
症状としては光が当たっていない場所でもまぶしさを感じたり、
涙の量が多くなったりします。


先天性鼻涙管閉塞

目から鼻への管が生まれつき開通していないため、
涙が目から鼻へ流れずにあふれ出てしまいます。
涙嚢にたまった涙に細菌が感染することもあります。


網膜芽細胞腫

網膜に発生する悪性腫瘍のことで、
1万5000人の出生につき1人の割合で発症するとされています。
この病気は視力が失われるだけでなく、視神経を通って脳に転移したり、
それ以外の臓器では骨髄などにも転移して命にかかわります。


咽頭結膜炎(プール熱)

のどに炎症が起きて、結膜の充血、目の痛み、目やになどの
結膜炎の症状とともに、38~40度の高熱が4~5日続いたり、
下痢などが起こる病気です。幼稚園児から小学生に多く発症します。


ウイルス性角結膜炎

消毒剤に抵抗力が強いアデノウイルス(8型、19型、37型)に
感染して起こるものです。乳幼児の症状は、目が赤くなり目やにが出て、
結膜に白い膜がかかったようになるのが特徴です。


アレルギー性結膜炎

樹木や草花の花粉、家の中のほこり・ダニ、
ペットの毛やフケなどに対して、免疫が過敏に反応して、
目のかゆみや痛み、目やに涙、異物感、充血、まぶたの腫れ
などのアレルギー反応を引き起こすものです。


眼瞼下垂

上まぶたが垂れ下がってくるために、目が開けにくくなる病気で、
子供のまぶたのトラブルの中で、多いものの1つです。
両目の見る能力の発育が妨げられたり、斜視や乱視、弱視、
左右の視力が著しく違う不同視になる恐れもあります。


麦粒腫(ものもらい)

まつげの毛根に付属する分泌腺に、
ブドウ球菌などの細菌が入って化膿するのが、
一般的に「ものもらい」や「めばちこ」と呼ばれています。


眼瞼内反症(さかさまつげ)

まつ毛の毛先が眼球に向かって生えてしまい、
毛先が角膜に触れて傷をつけてしまうことがある病気です。
まぶたの組織や筋肉の未発達などが原因となり、
乳幼児や小児の下まぶたにしばしば起こります。


これらの他にも、様々な症状や病気の兆しが有りますので
お子様の動向や発言に注意を払いましょう。(大)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。
プロフィール

コルシカル

Author:コルシカル
トレーニング機器です。
医療機器ですよ!

視力回復見込みチェック、
好評実施中!!
ご希望の方はお近くの
センターまで!
お電話お待ちしてます!


===================

ケーブルテレビで放映されました!


画像をクリックすると
大きな画像で見れます!

※うまく表示されない場合は
最新のFlash Playerを入手下さい。

ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ 人気ブログランキングへ

Facebook始めました!
よかった「いいね!」お願いします。
カテゴリ
東京視力回復センター発行書籍
これで視力がグングン回復する
これで視力がグングン回復する
↑ ご希望の方はここから

当センター理事長著最新版。
公式の治療実験で効果が実証された本物の視力回復法。
小さな子供から大人まで、自宅でできる本格的なトレーニングを わかりやすく紹介。




医者いらずの視力回復メソッド
医者いらずの視力回復メソッド
↑ ご希望の方はここから

"東京視力回復センター監修の書籍「医者いらずの視力回復メソッド 」、書店、 コンビニ、アマゾン等で好評発売中!


超音波治療器ソニマック
眼精疲労を取り除き、
視力の低下予防と
視力回復の効果を高めます。
東京視力回復センター関連サイト
携帯サイトこちらから!
QR
携帯からの資料請求はこちら
QR
最近の記事
バックナンバー

2020年 09月 【3件】
2020年 08月 【3件】
2020年 07月 【2件】
2020年 06月 【5件】
2020年 04月 【2件】
2020年 03月 【5件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【4件】
2019年 12月 【2件】
2019年 11月 【5件】
2019年 10月 【5件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【3件】
2019年 07月 【2件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【6件】
2019年 03月 【3件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【4件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【4件】
2018年 04月 【4件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【7件】
2015年 10月 【8件】
2015年 09月 【8件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【8件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【8件】
2015年 03月 【8件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【9件】
2014年 11月 【8件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【10件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【13件】
2014年 02月 【12件】
2014年 01月 【14件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【13件】
2013年 09月 【13件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【13件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【12件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【13件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【12件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【13件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【3件】
2010年 07月 【5件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【3件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【5件】
2008年 09月 【4件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【3件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【4件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【3件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【4件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【5件】

最近のトラックバック
ご訪問有難うございます!!
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示