FC2ブログ

自分は大丈夫…が招く危険性

年々、使用者が増えている使い捨てタイプのコンタクトレンズは、
ケアが簡単で便利になった一方で、目のトラブルも絶えないと聞きます。
私も友人から、『使用期間よりも長く使用していたら目がゴロゴロする…』
という話をよく耳にしていました。


使用期間を越えて使うとどのようなトラブルが起こるのでしょうか。


○1日タイプのレンズは、こすり洗いが出来ない薄さ…

コンタクトレンズは、それぞれ決められた期間に耐えられる薄さで出来ています。
装着する、外すを繰り返すうちに品質が劣化し、酸素透過性や保湿機能が落ちます。
その結果、目に傷が付き易い、見えにくいということが起こります。
1日使い捨てタイプは、一度外した後に再度装着することを想定して作られていません。
ペラペラの薄さで破れやすく、こすり洗いには耐えられません。
こすり洗いをせずに、保存液にだけつけて翌日また使う人もいますが、
汚れたレンズを目に入れることになり、感染症の原因となります。

感染症の症状としては、充血や目やに、まぶしさや目の痛みなどです。
緑膿菌(自然環境中に存在する代表的な常在菌の一種)や
アカントアメーバ(アメーバの一種で土壌に住む微生物。一部の種が感染性を持つ)
に感染すると重症化します。

特に緑膿菌は進行速度が早く、角膜に穴が開くことも珍しくありません。
アカントアメーバは、ほとんどの場合、感染が治まった後も角膜に濁りが残り、
目が見えづらくなります。最悪の場合は失明することもあります。


○外さずに使用期間を越えたら…

レンズを装着している角膜には、空気中や涙から酸素が供給されています。
睡眠など長時間まぶたを閉じると酸素が角膜に供給されないため、
酸素不足によって角膜のトラブルが起こる可能性が高まります。


○『今まで大丈夫だったのに』が危険を招く…

今日、問題が起こらなかったとしても、明日も起こらないとは限りません。
2週間タイプや1カ月タイプを1日延長して使ったとしても、
トラブルが起こることは少ないようです。
しかし、一度使用上の注意を守らなかった人はやがて、2日、3日と期間が
延びて常習化する傾向があります。コンタクトレンズのトラブルのほとんどは、
使用上の注意を守らない無理な使用をしている場合です。


「自分は大丈夫」と考えがちですが、起こってしまってからでは手遅れです。
必ず使用期間を守って正しい使い方をしましょう。
また、もし目に強い痛みや異常を感じた場合は、すぐにレンズの使用を中止して
眼科を受診するようにしてください。(増)




近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



ブログランキング参加中!クリックお願いします!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ


カラコンの危険!

最近よく目にするカラコン...
「瞳が大きく見える」などの理由で10~20代女性に人気の
カラーコンタクトレンズ(カラコン)で眼障害のトラブルが多発している。
不適切な使用でトラブルとなるケースが多くなってきているそうです。


◆8割が受診せず

日本で販売されているのはソフトレンズだけで、
装用感は良いが、汚れが付きやすく、微生物に汚染されやすい。

コンタクトレンズが原因で重篤な眼疾患となる症例のほとんどがソフトレンズ。
カラコン利用者の多くは購入前に眼科を受診せず、
不適切な使用で眼疾患を起こしているケースがほとんど。

同学会が会員の眼科医1105人を対象に行った調査では、
昨年7~9月にカラコンで目に障害を負ったのは395人。
多くは軽症だが、視力障害が残る可能性があった人が2・8%。
8割が購入前に眼科を受診していなかった。

カラコンは平成21年、「高度管理医療機器」として薬事法の規制対象となった。
販売業者は都道府県知事の許可を受ける必要があり、
店舗に管理者を置き、危険性の説明が義務付けられている。
ただ、購入に処方箋はいらず、インターネットや
一部の店舗では洋服を買うのと同じように購入できる。

◆低い酸素透過性

眼障害の原因の一つに酸素透過性の低い材質が使われていることがある。
角膜の健康には酸素が必要で、酸素透過性の低いレンズを長時間装用すると
角膜にびらんを生じたり、角膜周辺部に新生血管ができたりする。
使い捨てを繰り返し使ったり、友人同士で使い回したりするなどのずさんな
使い方のケースもあった。

購入時は必ず眼科医の診察を受け、装用方法・サイクルを守って使うこと。

しっかり管理して、安全に使用しましょう!!(神)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

テーマ : カラーコンタクト(カラコン)
ジャンル : ファッション・ブランド

本当に誕生するのかな???

イギリスのニュースです。

コンタクトレンズをつけているだけで視力が回復したらいいのにな~というのは切実な願いを叶えるべく夢のようなコンタクトレンズが登場するかもれません。

イギリスの大学の研究者たちは幹細胞でのインプラント技術の開発を進め、つけているだけで視力を回復させるという画期的なコンタクトレンズを研究開発中。

幹細胞とは、脳から心臓まで体のどのような器官をも再生可能にしてしまうという成長細胞。

研究者たちは目から移植したこの幹細胞を用いて、とても繊細な粘膜部分を作り出す新技術を開発。

さらにこの複雑な技術を用いて、視力低下の最たる原因となる角膜のダメージを治癒する生物分解素材のレンズを作ることが可能となったようです。このレンズ上では幹細胞が増殖し、視力を自然と回復させる機能が備わったらしい。

また、このコンタクトレンズのもう1つの魅力は、手術などで使用される縫い糸と同じ細胞分解素材からできているので、体に全く負担がないことだそうです。

まだ今は研究開発段階ですが、このまま上手く行けばすぐにでもインドでテスト使用が開始されるようです。(森)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


コンタクトレンズの危険性

【参考資料:読売新聞より 9月27日(木)配信】

全国の眼科医から厚生労働省への報告で
 『2009~11年度の間に、コンタクトレンズの利用によって
 失明につながる角膜浸潤などの目の障害が計69件』という事が、
 明らかになった。


主な原因は、不十分な手入れや長時間の装着などによるもの。
21件が菌の感染などにより黒目が白く濁る角膜浸潤、
18件が白目が炎症を起こす結膜炎。(複数回答あり)

製品を特定できた43件のうち、
20件は、視力補正を目的としないカラーコンタクトレンズ。

2009年11月の薬事法施行令改正で、
カラーコンタクトの販売店に管理者を置くことが義務づけられましたが、
依然、適切な管理が利用者に浸透していない実態が浮き彫りになった。





コンタクトレンズを使用している人は、

適切な取り扱いを改めて確認して、大切な目を守りましょう。

トラブルが起きてからでは、非常に大変です。

定期検診も忘れずに受けましょう。(大)




近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

色が変わるコンタクトレンズ

体の状態によって色の変化するコンタクトレンズ......


お洒落なイメージを思い浮かべるかもしれません。


色の変わるコンタクトレンズは、糖尿病患者のためのコンタクトレンズで、

涙の中に含まれているグルコースの量によって、今の自分の血糖値が

高いのか低いのかを知ることができるコンタクトレンズだそうです。

ちなみに糖尿病は厚生労働省によると患者が日本中に1370万人いると推定されています。

開発されたコンタクトレンズを用いることによって糖尿病患者は、

常に視界の左下にある小さな半透明のドットで自分の血糖値を判断できるようになるそうです。

血糖値が上がった場合も下がった場合も、その危険度に応じて色を変えてくれるとのこと。

商用利用が可能かどうかのテスト中だそうですが、現在、血糖値を測定する方法は採血するしかないため、製品化されると糖尿病の人たちの一助になるかもしれません。

尚、このコンタクトレンズの開発と同時に、血中のコレステロールに反応するレンズも開発されているそうです。

geddes_new1.jpg


「近視・遠視・弱視でお悩みの方、
 東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。」









プロフィール

コルシカル

Author:コルシカル
トレーニング機器です。
医療機器ですよ!

視力回復見込みチェック、
好評実施中!!
ご希望の方はお近くの
センターまで!
お電話お待ちしてます!


===================

ケーブルテレビで放映されました!


画像をクリックすると
大きな画像で見れます!

※うまく表示されない場合は
最新のFlash Playerを入手下さい。

ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ 人気ブログランキングへ

Facebook始めました!
よかった「いいね!」お願いします。
カテゴリ
東京視力回復センター発行書籍
これで視力がグングン回復する
これで視力がグングン回復する
↑ ご希望の方はここから

当センター理事長著最新版。
公式の治療実験で効果が実証された本物の視力回復法。
小さな子供から大人まで、自宅でできる本格的なトレーニングを わかりやすく紹介。




医者いらずの視力回復メソッド
医者いらずの視力回復メソッド
↑ ご希望の方はここから

"東京視力回復センター監修の書籍「医者いらずの視力回復メソッド 」、書店、 コンビニ、アマゾン等で好評発売中!


超音波治療器ソニマック
眼精疲労を取り除き、
視力の低下予防と
視力回復の効果を高めます。
東京視力回復センター関連サイト
携帯サイトこちらから!
QR
携帯からの資料請求はこちら
QR
最近の記事
バックナンバー

2020年 08月 【1件】
2020年 07月 【2件】
2020年 06月 【5件】
2020年 04月 【2件】
2020年 03月 【5件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【4件】
2019年 12月 【2件】
2019年 11月 【5件】
2019年 10月 【5件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【3件】
2019年 07月 【2件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【6件】
2019年 03月 【3件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【4件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【4件】
2018年 04月 【4件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【7件】
2015年 10月 【8件】
2015年 09月 【8件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【8件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【8件】
2015年 03月 【8件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【9件】
2014年 11月 【8件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【10件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【13件】
2014年 02月 【12件】
2014年 01月 【14件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【13件】
2013年 09月 【13件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【13件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【12件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【13件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【12件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【13件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【3件】
2010年 07月 【5件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【3件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【5件】
2008年 09月 【4件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【3件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【4件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【3件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【4件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【5件】

最近のトラックバック
ご訪問有難うございます!!
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示