FC2ブログ
角膜とコンタクトレンズ
2019年06月11日 (火) | 編集 |
◆目(角膜)は呼吸しています。
角膜は、大気中の酸素を取り入れて代謝エネルギーに変えています。コンタクトレンズは角膜を覆う涙液の上にのるため、装用時の角膜は裸眼時よりも酸素不足の状態になります。この酸素不足の状態が続くと、角膜の抵抗力が落ち、様々な眼障害につながることもあります。
角膜は、カメラで言えばレンズにあたる大切な部分ですが、実は血管が通っていません。血管があると、光をスムーズに通過させられないからと言われています。そのため、角膜は表面の涙や、眼球内部から酸素と栄養を受け取ります。つまり、角膜は大気に触れている必要があるとも言えるのです。 .

●コンタクトレンズを使用する方は、目に合ったメガネも持っていますか?
もしメガネを持っていなければ、最初にメガネをつくりましょう。
コンタクトレンズは、メガネの代わりではありません。コンタクトレンズしか持っていないと、レンズを長時間つけてしまったり、目の調子が悪い時でもレンズを無理して使ったりして、大切な目にキズがつき、症状が悪化して取り返しのつかないことになることがあります。

●目の健康のためにも、寝る前と起きたばかりはコンタクトレンズよりもメガネの使用をお勧めします。
大気に触れていないと酸素が十分に供給されない角膜にとって、一日のうちで最も酸素が必要な時間が、夜寝る前と起きたばかりの時間です。寝る前は、日中酷使した疲れが出てくるため。そして起きたばかりは、就寝中、まぶたが閉じられていたため酸欠状態になっているためです。このタイミングに出来るだ角膜を外気に触れさせるためにも、メガネで過ごす時間を確保することが大切です。
以上のことを考えても、毎日コンタクトレンズを使用している方は、角膜の健康のために1週間に1日はコンタクトレンズを使わずメガネで過ごす時間を作ってほしいと思います。(久)

<a href="http://www.tokyo-shiryoku.co.jp/shiryou-seikyu.php" target="_blank" title="近視・遠視・乱視でお悩みの方、東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。">近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。
オルソケラトロジ-とは?
2015年02月20日 (金) | 編集 |
今回はオルソケラトロジ-とはどんなものなのかご紹介いたします。



●オルソケラトロジーの意味とは?

ギリシャ語でオルソは「矯正」、ケラトは「角膜」、ロジーは「療法」なので、オルソケラトロジーを日本語にすれば「角膜矯正療法」という意味になります。最近オルソケラトロジーを「オルソ」と略した呼び方を耳にしますが、「オルソ」には「矯正」という意味しかありませんから、正確な表現ではありません。海外ではオルソケラトロジーをオルソ-K®と略して呼ぶので、そのような呼称が望ましいと考えます。



●どんな方法で治すのか?

一人ひとりの角膜形状に合わせて精密にデザインされた専用コンタクトレンズを夜間装用することで、角膜表面の形状を凹レンズ型に矯正します。角膜に型付けされた凹レンズ形状は、レンズを外しても一定時間残るため、昼間は十分な裸眼視力を維持できる画期的な治療です。「夜寝るときにコンタクトレンズをして、朝起きてはずす。すると日中は裸眼で過ごせる」というのが、この治療法の基本パターンです。ただし、もともと軽度の近視を対象にしているので、従来の技術では強度の近視や乱視には対応できないという難点がありました。


●オサート®って何ですか?

従来のオルソケラトロジーでは治療が及ばなかった強度近視や強度乱視にも対応できるよう、新たに開発された治療法です。これに用いるレンズは、従来のオルソ-Kレンズ®のスペックと全く異なり、直径10ミリ程度のレンズの中に、患者さん一人ひとりに合わせて最大18ヵ所にも及ぶ工夫が凝らされています。強度近視には、レンズを何段階かに分けてステップアップさせていく方法で対応し、これに用いる最新のレンズデザインと多段階治療法は米国特許を取得しています。完全対応型のオーダーメイド治療として、1.5ミクロン単位でレンズをデザインする高い技術レベルにより、効果と安全性が更に高められました。 オサート®の開発によって、レーザー手術後の再近視化や角膜移植後の不整乱視、レーザー手術のできない円錐角膜、更には遠視にまで治療範囲が広がり、その結果老眼にも対応できるようになりました。


●治療にはどの位の期間がかかるの?

治療を開始した直後は月に1~2回の診察が望ましく、その後は月に一度の検査が1~2回、そして2ヶ月に一度の検査が1~2回続きます。治療開始後半年を経過したら、定期検査は半年から1年に一度程度の間隔となります。軽い近視であっても、治療を続けている限り、効果と安全性を確認するための定期検査が必要です。強度近視の場合は、2~3ヶ月でレンズを変更してステップアップしていくので、安定した視力を得るのには1年程度かかります。

(むら)
近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


安易にコンタクト…本当に適していますか?
2014年08月01日 (金) | 編集 |
近年、『メガネより見た目が良いから…』『お洒落の一環で…』という理由で
初期の近視の状態でも、コンタクトを使用するケースが多く、更に近視を進行させて
しまう事も少なくありません。
メガネでもそうですが、コンタクトも誤った使用法や目にとって合っていない状態の
人が使用することで、更なる低下を招いてしまうことがあります。
では、どのような目の状態の人に適しているのでしょうか?

本来コンタクトの使用が適しているケース
○左右の視力の差が大きい人
片眼が正常視力で、もう片眼が強度近視・または遠視などで、左右の視力が極端に
異なる場合、メガネで矯正すると両眼視(両方の目で1つのモノを見ること)し辛く
違和感を生じ、眼精疲労の原因となってしまいます。
コンタクトであれば、視力が低下している方にだけ装着すれば良いので、
違和感なく両眼視することが出来ます。

○強い角膜乱視や不正乱視の人
角膜の湾曲が一定方向に特に強い『角膜乱視』や、角膜の湾曲が一定方向に
定まっていない『不正乱視』の場合、メガネでの矯正が困難です。
コンタクトの場合、レンズを目の表面に装着することで、角膜の湾曲に涙が入り
形状を変え、矯正力を高めてくれます。

○強度近視や強度遠視の人
屈折度数が強くなればなるほど、メガネのレンズは厚くて重くなり、レンズの中心部と
周辺部の厚さに差が出てきます。
そうすると、中心から外れたところでは良い視力が得られなくなります。
目に直接装着出来るコンタクトの方が、視野が広くなり矯正力が優れていると
言えます。
また、メガネで矯正した場合、近視の度数が強くなるほど見えているモノが
実物よりも小さく見えます。(逆に遠視の場合は大きく見えます。)

しかし、実状は上記の状態以外の人で使用している場合が多く、
その結果、視力を低下させてしまうのです。
初期の近視は、遠方視力が悪く、近距離視力は正常です。
近くのモノは見えるわけですから、遠くのモノを見る時にだけ矯正すれば良い事に
なります。ところが、安易にコンタクトを使用すると、簡単に取り外しが出来ない為
近くのモノを見る時にも矯正を強いられているというわけです。
コンタクトを着けて、長時間『読書・勉強・パソコン』等を行うと、裸眼で近くを
見ている時より、調節筋は緊張状態になってしますのです。
その結果、自分の力でモノを見るという事をしなくなり、近視は更に進行してしまうのです。

今一度、本当に自分の目がコンタクトが必要な状態なのか??
見直してみましょう。(masu)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

コンタクトレンズ使用障害
2013年10月07日 (月) | 編集 |
テレビで、10代のコンタクトレンズによる障害が急増しているというニュースが放送されていました。

障害の内容としては、

レンズの汚れが原因で結膜障害になった
つけっぱなしで目に潰瘍ができた
目の中でコンタクトが割れ角膜が傷つき失明寸前だった

というような驚きの内容ばかり、


障害が増えている背景(要因)として

安易に子どもにコンタクト使用を許してしまうこと
処方の要らない、誇大・安売りコンタクトが多くなっていること
子どもの場合、基本的な衛生管理が出来ないケースが多いこと

などを 日本眼科医会が言っているようです。

しかし、眼科医によっても考え方が異なり、『中学生であればコンタクトレンズの使用はOK』と薦めている眼科医もあれば、『中学生でもコンタクト使用は、よほどの理由が無い限り反対』という眼科医もいるようです。
(例えば部活・スポーツのためだけに使うなど・・・)

見た目や面倒のような理由で、コンタクトを使うには、メガネに比べて視力低下が進み易い事や、目の障害が増えていることを考えるとリスクが高いのではないでしょうか?

安売りされている粗悪品に限らず、医者の処方を得たとしても、子ども本人がコンタクトを使用する上での衛生管理ができないことでの障害も多いのが実態だと思います。

日常生活では、さほど不自由がなく黒板が見づらいという程度ならば、1日中コンタクトレンズを装用するよりは、見づらいときだけ、度が弱めのメガネ(視力で言うと0.7位が見えるもの)を使用するほうが、目のためには良いでしょう。


自分またはお子様の年齢や目の状態に合った、コンタクトレンズやメガネの使い方を知ることが、大切ではないでしょうか?         (久)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



自分は大丈夫…が招く危険性
2013年09月09日 (月) | 編集 |
年々、使用者が増えている使い捨てタイプのコンタクトレンズは、
ケアが簡単で便利になった一方で、目のトラブルも絶えないと聞きます。
私も友人から、『使用期間よりも長く使用していたら目がゴロゴロする…』
という話をよく耳にしていました。


使用期間を越えて使うとどのようなトラブルが起こるのでしょうか。


○1日タイプのレンズは、こすり洗いが出来ない薄さ…

コンタクトレンズは、それぞれ決められた期間に耐えられる薄さで出来ています。
装着する、外すを繰り返すうちに品質が劣化し、酸素透過性や保湿機能が落ちます。
その結果、目に傷が付き易い、見えにくいということが起こります。
1日使い捨てタイプは、一度外した後に再度装着することを想定して作られていません。
ペラペラの薄さで破れやすく、こすり洗いには耐えられません。
こすり洗いをせずに、保存液にだけつけて翌日また使う人もいますが、
汚れたレンズを目に入れることになり、感染症の原因となります。

感染症の症状としては、充血や目やに、まぶしさや目の痛みなどです。
緑膿菌(自然環境中に存在する代表的な常在菌の一種)や
アカントアメーバ(アメーバの一種で土壌に住む微生物。一部の種が感染性を持つ)
に感染すると重症化します。

特に緑膿菌は進行速度が早く、角膜に穴が開くことも珍しくありません。
アカントアメーバは、ほとんどの場合、感染が治まった後も角膜に濁りが残り、
目が見えづらくなります。最悪の場合は失明することもあります。


○外さずに使用期間を越えたら…

レンズを装着している角膜には、空気中や涙から酸素が供給されています。
睡眠など長時間まぶたを閉じると酸素が角膜に供給されないため、
酸素不足によって角膜のトラブルが起こる可能性が高まります。


○『今まで大丈夫だったのに』が危険を招く…

今日、問題が起こらなかったとしても、明日も起こらないとは限りません。
2週間タイプや1カ月タイプを1日延長して使ったとしても、
トラブルが起こることは少ないようです。
しかし、一度使用上の注意を守らなかった人はやがて、2日、3日と期間が
延びて常習化する傾向があります。コンタクトレンズのトラブルのほとんどは、
使用上の注意を守らない無理な使用をしている場合です。


「自分は大丈夫」と考えがちですが、起こってしまってからでは手遅れです。
必ず使用期間を守って正しい使い方をしましょう。
また、もし目に強い痛みや異常を感じた場合は、すぐにレンズの使用を中止して
眼科を受診するようにしてください。(増)




近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



ブログランキング参加中!クリックお願いします!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ