FC2ブログ
カラーコンタクトにご用心!
2007年11月28日 (水) | 編集 |
すでにご存知の方も多いと思いますが、カラーコンタクトによってさまざまな弊害を引き起こすといった内容が、最近の新聞・ニュースで明らかになりました。
※会員の方は、今回のセンターだよりに詳しく記載しています。

簡単に説明すると、視力補正を目的としたコンタクトレンズが「高度管理医療器」に対し、カラーコンタクトは薬事法上の適用を受けず、安全性の保証がされていません。全国の消費者センターに「エステで購入したカラーコンタクトで炎症を起こした」「ディスカウントストアで買って装着したが、角膜に傷がついた」といった危害情報が多く寄せられているとの事です。

このことを重くみた国民生活センターが詳しく調べてみると、中には色素の原料として使われていたと思われるチタンやアルミニウムが溶け出しており、またそれ以外でも角膜細胞が破壊され、細かい傷がつく「点状表層角膜症」が確認されています。いずれにしてもファッション感覚でカラーコンタクトを使用すると危険なリスクが伴うということを認識しておいてください。(光)