えっ! そんなに早く?
2008年02月27日 (水) | 編集 |
 先日、父の健康診断に付き添ってかかりつけの病院へ行くと、担当の先生より「近いうち眼科でも診てもらって下さいね。」とのこと。ついに来たかと思った。白内障である。
早急に手術の必要はないが、眼底が少し白濁しているらしい。今年78歳になるのでそろそろかもと思っていたが。今のうちに名医を探しておこうかと思っていた矢先、友人から電話があり、「白内障の手術をすることになった。」と! 一瞬耳を疑った。
友人は今年で41歳。白内障にはまだ早いと思ったが、どうやら若年性白内障になってしまったようだ。最近左目が霞んで見えるようになったので眼科に行ったらそう診断されたと。
数日後に手術を控えているとのことなので励ましの言葉をかけたもののしばらくは信じられない思いでいっぱいであった。
 後日友人から手術は無事に終わったと一報があり、「すごくよく見える」とのこと。手術は点眼局部麻酔で行われ、10~15分とかなり短い時間で終わったと。術後問題がないかをみるため、しばらく病院で休んでそれから帰宅。
 ちなみに友人の家系は比較的早い年齢で白内障手術をしている人が多いらしいが、そういう遺伝的要素にも加え、環境的にもよいとは言えない生活を送っていたのがまずかった。友人はヘビースモーカーで、医者の話によるとどうやらそれが原因で白内障の進行を早めてしまったようだ。白内障とは元々透明な水晶体レンズが白く濁ってしまう症状をいうが、白く濁らないようにするためにはビタミンCでの予防が効果的である。しかし喫煙はビタミンCなどの大事な栄養素を簡単に破壊してしまう。
白内障だけに「“白”害あって、いや百害あって一利なし」である。
白内障予備軍の人にも、そうでない人にも強く節煙を勧めたい。

 今回の一件で白内障に対して僅かだが予備知識ができた。父の手術の時までに白内障について更なる研鑽を重ね、少しでも心に余裕がもてればと思う。(立)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ


春の足音?
2008年02月22日 (金) | 編集 |
先日、久しぶりに近所をぶらぶら散歩してみました。
いつもの寝ぼけながら会社へ行く時とは違い、色々な発見があり
とても新鮮で楽しいひと時でした(^o^)

まだまだ寒いなぁ~と思いながら歩いていると、どこからともなく
梅の香りが...
そのうちに梅の花が咲いている庭が見えてきました。
寒さに負けず、元気に咲き誇っているその梅の花を見て
春の足音を感じました(^.^)/~~~

が、しかしその夜の天気予報では週末は雪の予報...
まだまだ春は遠いようです


                                      (池)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



視力低下の児童が急増!
2008年02月13日 (水) | 編集 |
文部科学省が実施する学校保健統計調査によると、
平成19年度の児童の視力低下に関するデータでは、
小学生の3人に1人、中学・高校生では2人に1人が1.0以下視力低下であると報告されています。
怖いのは、幼稚園児でも視力低下が増えており
このままでは単純な近視では終わらず、
かなり強度の近視になる人の割合が高くなることが懸念されます。
また、コンタクトの乱用による角膜疾患や近視の急激な進行による
網膜への影響も考えられるため、まずは皆さん一人一人が早期発見、
早期対策
に取り組む必要があると思います。
センターに来られている方は定期測定を実施していますが、
これを読まれている会員以外の方も是非「自分の視力は自分で守る!」
という気持ちでいてほしいと考えています (本部事務局)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



パイロットに合格!
2008年02月07日 (木) | 編集 |
私が入社して間もない頃、Sさんという方が当センターに通われており、
右目0.2 左目0.3の視力でした。
当時は現在よりパイロットの身体検査基準が厳しく、
両眼とも0.8以上必要でした。
Sさんは眼科で「回復は難しい」と言われ、藁にもすがる思いで
当センターに入会したとの事でした。
毎日5~6回(約1時間)は必ずトレーニングに励み、左右共0.6までは順調に回復したものの、その後2~3ヶ月は停滞気味で「このままでは無理」と一時期落ち込んでましたが、最後の2ヶ月間の頑張りでセンターの視力検査では、右目0.9 左目1.0、航空会社の身体検査では、
右目1.0 左目1.2との結果がでました。
その他の身体検査や筆記試験も見事にすべてパスして、現在では国内の
航空会社の現役のパイロットとして活躍されています。
私はこのSさんから努力する事の大事さや諦めない強い心というものを
教わった事に感謝しています。
これからも少しでも皆さまのお役に立てるように頑張っていこうと思います。(光)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。