FC2ブログ
おかげさまで
2008年03月26日 (水) | 編集 |
東京視力回復センターは、昭和50年3月8日に最初のセンターを開設して以来、今年で33周年を迎えることが出来ました。銀行が倒産し、大企業や老舗のデパートが合併をする時代に33年続けてこられたことは、我々の誇りです。
50周年・100周年を目指して、これからも皆様の視力回復に取り組んでいきたいと思いますので、今後も宜しくお願いいたします。

視力回復センター発祥の地はどこかご存知ですか?実は九州の福岡県がその地で、当センターの理事長とその伯父が臨床治療実験を行ない、トレーニング法の効果を確認して、その後東京視力回復センター設立へと繋がっていきます。それ以降、治療実験など全く行なわずに、見様見真似で視力回復トレーニングを行なうセンターが現れては消え、出来てはなくなり...。
やはり、まがい物は淘汰されていくものみたいです。

当センターでは看護士や内科医・外科医・歯科医、なかには眼科医がお子さんにトレーニングを受けさせることもあります。最初は皆さん半信半疑(どちらかと言えば疑いの眼差し・・・)でご来所されますが、当センターのトレーニング法や医学的根拠をご説明すると、ご納得していただけます。
「近視は治らない」とか「視力回復なんてインチキ」などとおっしゃる方もいますが、確かにそういう視力回復センターが存在するのも、残念ながら事実です。しかし、我々はそういったセンターとは全く別のセンターであることを皆さんにお分かりいただければ、と思います。

ただいま、33周年記念のささやかなキャンペーンを行なっております。この機会に視力回復をはじめてみませんか?
詳しくは当センターのHPを御覧下さい。 (大)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ