進化する携帯! 低下する視力・・・
2008年04月24日 (木) | 編集 |
電車やバスを利用して通勤、通学をされていり方も多いかと思いますが、
皆さんはその時間はどのように過ごしていますか??
私は好きな音楽を聴きながら、人生や社会について考えています。(笑)

最近、よく目にするのがワンセグ対応の携帯、DS等でテレビを見ている方。
(地下鉄を利用している方は残念!
携帯の進歩には本当、感心させられます。
機種によっても性能は違いますが、小さい画像の割には綺麗で鮮明ですし、
画像のブレもあまり気にならず、つかの間の時間つぶしには十分すぎるくらいの性能ではないでしょうか。
ただ、訓練を行っている方、視力低下が気になっている方には
「ちょっと待った!」です
通常のテレビの画面に比べ画面も小さく、乗り物の中では一定の距離や
明るさを保つことも出来ません。
(画面に対しての適正距離は【インチ数×0.15】位ともいわれます。)
かつ、揺れも激しく、その中で画像を見続ける事は目にもかなりの
疲労感を与えます。
毎日往復そんな過ごし方では、目にも良いわけがありません。
やむを得ない場合もありますが、その後には目の体操、トレーニング、
遠くを見るなどのケアが欲しいものです。
貴重な通勤時間ではありますが、そういった気配りから視力低下を防ぐことも大切です。

もちろん音漏れ等、周りの人への気配りもお忘れなく  (渋)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ


忘れられない会員さん
2008年04月18日 (金) | 編集 |
ずいぶん前のことですが、20代の女性の方がカウンセリングに来られました。目の状態は右0.2・左0.3でどちらも近視性乱視でした。
話を聞くと「4ヵ月後に自動車の免許取得、6ヵ月後には結婚」との事。「それまでにメガネがいらないようにしたい」それに対して「回復は十分に見込めるが時間が・・・・」と答えると、「後悔しないようにやれることは全部やってみたい」という事になり、トレーニングのスタートとなりました。

センターには必ず週に1回は来て、自宅では毎日20分間トレーニングを頑張った結果、見事裸眼で免許を取得。結婚式の1週間前には、右0.8・左0.9で両目で測ると1.0~1.2とこちらがビックリするほどの回復でした。
それから半年後に一度来られましたが回復時と変わっておらず、お礼を言われましたが、こちらの方が「ありがとう」という気持ちでした。

年齢や生活環境・もちろん遺伝の問題など一概には簡単に「回復」という言葉は使えませんが、こんな体験をさせてくれたからこそ、今もこの仕事に頑張れていると思います。
いま来られている全ての人達が、もっともっとよい状態になっていくよう願っています。(光)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ

桜の季節
2008年04月12日 (土) | 編集 |
sakura

今年の桜は天候の影響もあり、見ごろは短かったように思います。
こちらの写真は、先週の小田原城公園のものですが、散り始めてはいましたが、桜のトンネルになっていました。
桜を見ていると、春の様々な思いに耽ります・・・。
入学・卒業・就職・転勤・転属・出会いと・別れの季節ですね!!

この可愛いピンクのも花が散ると、新たな若葉が出てきます。
私はこれからの新緑の季節が一番好きです。

木々の生命の力強さを感じ、そのエネルギーを少し分けてもらいつつ、暮らしていきたいと思う散歩道でした。(本)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

春の学校検診
2008年04月04日 (金) | 編集 |
そもそも学校の視力検診は、授業を受ける上で支障が無いか調べるためのもので、屈折異常(近視・遠視・乱視・弱視を含む)を調べるためのものではありません。また、大人数の生徒たちを1日で測らなければならないため、
1度に検査室に数人一緒に入る場合が多いようです。そうすると後ろに並んでいる子は、『環』の並びを覚えることが出来てしまい、正確な視力検査が出来ません。学校によっては、担任の先生や保健係が検査を行う場合もあるようです。検査の基準も甘く、目付き等は特に注意されることも無く、また場合によっては時間を掛けて、見えるまで『環』を見せる場合もあります。


このように正確な視力検査が出来ませんので、B以下の判定をもらって眼科を受診した時にはすでに、仮性近視ではなく真性近視になっているケースも多々あります。場合によっては、メガネを勧められ慌ててセンターにご相談に来られる方が大変多いのが実状です。


『A・B判定』だからと安心せずに視力と屈折値をチェックすることが
とても大事なのです。

何に関しても、早期発見・早期対策が大切と言われますが、
目に関しても同様です。
当センターでは無料カウンセリングを行っております。
是非1度視力測定と屈折値をお調べにご来所下さい。
これから測定をご希望される方が大変多くなります。ご予約の際はお早めにご連絡下さい。  (福)

詳しくは当センターのHPを御覧下さい。 


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ