学校の視力測定
2008年05月30日 (金) | 編集 |
今年も学校での視力測定の結果が続々とかえってきています。「去年は0.3だったのに、今年は0.9だった!」とお父さん・お母さんと大喜びで報告されると我々も非常に嬉しく思います。

あまり大きな声ではいえませんが、学校検診は正直視力測定の仕方が甘いことが多く、実際よりも良い視力がつくことが多く見られます。例えば、「環の方向が一つでも答えられれば良い」とか「目を細めたり、顔を曲げたり変な見方をしていても構わない」等があるようです。
ですので、学校で1.0可、といわれても完全には安心できないこともありますので、ご注意下さい。

また、学校検診は通常年1回か2回しか行なわないので、視力低下の発見が遅れることが心配されます。「去年はAだったのに今年はいきなりCだった・・・・。」というようなご相談もよく受けます。前述の測定の甘さも考えられますが、子供の視力低下のスピードは大人の数倍とも言われますので、1.0から0.3まで落ちてしまうには、1年あれば十分過ぎるくらいです。

子供の視力低下は、本人にあまりハッキリした自覚がないことが多いので、学校検診は発見方法の一つとしては良いのですが、中には視力低下を見逃すこともありますし、具体的な近視か遠視か乱視かなど、目の状態まではわかりませんので、きちんとした検査を行なってください。

そして近視と判断されたら、とにかく早急に対策をとってあげてください。こちらとしても、早ければ早いほど、正常視力まで戻せる可能性が多く残されていますが、かなり近視が進行悪化してからご相談されても、出来ることがかなり限定されてしまいます。早期発見・早期対策は重要なポイントです。
(大)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ

弱視の子ども
2008年05月22日 (木) | 編集 |
センターには、弱視のお子さんがたくさん通われています。

その中の多くは遠視性弱視ですが、それがどんな眼の状態なのか分からず、どうしたらいいか悩んで相談に来られる親御さんがほとんどです。

弱視とは、裸眼視力0.3以下で、一番良く見えるレンズをつけても(矯正視力)0.4以上の視力が出ない眼のことで、基本的に網膜が完成される6歳までに治しておかないと、年をとるごとにだんだん治りにくくなり、早く治しておかないと一生涯度の強いメガネをかけても十分に見えず、生活に支障がでるケースもあります。

センターに通われている皆さんは、程度の差はあれ、「先ず何とかメガネさえかければ生活に困らないようにしたい」「将来メガネで運転免許を取れるレベルまでは、せめて回復させてあげたい」と熱心に通われています。

センターでは弱視用の訓練で、一日でも早くメガネの視力が出るように、メガネの視力が出た後は、少しでもメガネを外せる時間が出来るように、裸眼の視力を鍛えています。(完全にメガネを外せる人もいます。)

訓練も、今まで使ってなかった眼の見る力を使って、今まで見ようとしてこなかった小さいものを頑張ってみるリハビリ的トレーニングですから、決して楽ではありません。それを一生懸命毎日毎日見て訓練している子供たちを見ていると、あまりの偉さに感涙しそうになるほどです。また、視力検査の度に回復していくグラフや、親御さんの喜ぶ笑顔を見ることが出来、私も嬉しいです。

遠視や弱視だけでなく、近視も早期発見・早期トレーニングが一番です!迷われている方も、センターでどんなことをしているか、是非一度見に来て下さい。


※注)視力回復の目標には個人差があります。詳しくは視力回復見込みチェックでお伝えしています。

(藤・相模)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ



努力するのに年齢は関係ない!
2008年05月16日 (金) | 編集 |
ある日のこと、60歳の男性がセンターを訪れました。
目的は運転免許を裸眼で更新するために視力を上げること。
実はだいぶ前にもそのためにセンターに通われていたとの事。

目標達成のために何かお手伝いできればと思いましたが・・・

免許更新の日まで時間がない。
怪我で片目を失い、もう片方の目だけで検査を受けなければいけない。
そして何より60歳という年齢でトレーニング効果が短期間で出てくるのか。

所員の誰もがそのようなことを思っていたはずです。
(本来であれば、トレーニングの性質上、年齢的にお断りしているケースが多いです。さらに、片眼での免許取得も安全面から言って決しておすすめなどしません。)
ですが、その方の「どうしても裸眼で更新したい」という熱意に押され、通っていただくことに・・・。

それから、二つのセンターを併用して、毎日センターに通ってトレーニングに取り組んでいました。お仕事帰りにも関わらず本当に毎日毎日です。
雨の日も風の日も・・・。

そして二ヶ月が経ったある日。わざわざセンターまでお礼を言いに来てくださいました。そうです、見事目標を達成されたのです。
何度も頭を下げて「ありがとうございました」と、本当にうれしそうでした。

しかしこちらは、訓練のプログラムを組んだだけ。
ご本人が努力をしなければ、どんな良い訓練プログラムを組んだところで意味ありません。訓練を意味あるものにしたのは、紛れもなくこの方自身なのです。

さて、更新も無事に済み、センターに来る最後の日。
「今度免許更新のある5年後、またお世話になりますね。」という言葉を残してセンターを去っていかれました。

その言葉に、「目標のために努力するという気持ちは、いくつになっても持っていたいものだ」と感じ、わたし自身にとっても、とても良い人生経験になりました。 (錦)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

夏の大運動会
2008年05月11日 (日) | 編集 |
そろそろ夏季の運動会が始まる時期になりましたね。
皆さん、練習に忙しい毎日ではないでしょうか?

徒競走のレーンがきちんと見えたり、点数の確認がしっかり出来ると
より運動会も楽しくなりますね。

たとえば近視の場合、赤は良く見えますが
白はわかりづらいので、種目によっては瞬時の判断が難しくなります。

練習で忙しい毎日と思いますが、
体力と同時に視力もしっかり鍛えておきましょう。

本番を楽しみにトレーニングに取り組むと、
いつもより充実したトレーニング結果が出るのでは?!

勝ち負けにこだわらず、元気に運動会を迎えられるように
所員一同願っております。
楽しいお話を聞かせてください。

(横・都)
GWの過ごし方
2008年05月03日 (土) | 編集 |
 いよいよGWに突入、中には11連休の方もいるようですが、みなさんはどのように過ごされますか? 旅行やショッピング、デートにドライブと大人はそれなりに忙しいようですが、最近の子供達はインドア派が多いようです。センターに通っている子供達も予定を聞くと、「うーん、家でずっとWiiしてるかな。」「友達みんなでDSするかも。」 と。 それは予定とは言わないと思いますが・・・・・
 私が子供の頃はこのGWが嬉しくて、マブナやザリガニを釣ったり、野球、鬼ごっこと野山をかけまわっていました。普段から動き回っていましたが、こと連休になるとそれに拍車がかかってましたね。行動範囲を思い切り遠くまで広げて。明日も明後日も休みだと思うと、家へ帰るのも忘れてしまって。勉強もそれなりにはしていたのですが、近くを見る時間ばかりが多くなり過ぎるようなことはなかったので、大人になった今でも良い視力を保てている訳です。今と昔では子供を取り巻く環境もだいぶ変わってきてはいますが、今年のGWは目のためにいいことしてみませんか。どうしたらいいか、遊び方は君達のお父さん、お母さんが知っているかも。(新)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。