FC2ブログ
昨日の出来事
2008年07月06日 (日) | 編集 |
センターが近くにあれば、週に1回や2週間に1回通うことが可能ですが、近くにないとそうはいきません。

今回は5月に入会された東北地方に住む会員さんについてお話しいたします。
その会員さんは遠視性弱視のお子さんです。学校の検診でひっかかり、眼科へ行ったところ、裸眼視力が0.1以下、矯正しても視力が0.1しか出ないと診断されたそうです。ご両親は驚かれ、あわててインターネットで検索し、東京のセンターにわざわざご来所されました。新幹線で何時間もかけて。

検査をすると、眼科での診断ほどではなかったのですが、確かに見づらかったのです。ご両親はやれることはやろうと入会されました。来所できるとしても月1回がやっと。限られた滞在時間の中で、自宅でのトレーニングのやり方を教え、帰られていきました。

1週間後くらいに様子を聞こうと電話をしたところ、「最初見えなかったものが、徐々に見えるようになってきました。それほど期間が経っていないのにびっくりしています。ありがとうございました。」とおっしゃっていました。
私はご両親の決断とご家族皆さんの結束力が少しずついい方向に導いているのではないかと感じました。1か月後の再会を約束し、受話器をおきました。

そして昨日、ご来所され、検査をしたところ、2段階ずつ視力が上がっていました。お子さんはもちろんですが、ご両親も検査の様子を実際にご覧になっていましたので、とても驚き、喜ばれていました。
検査後、トレーニングのやり方をチェックし、ご自宅へ戻られました。次回はまた1か月後です。今度はどのような結果になっているかとても楽しみです。

センターにはこの会員さんのように遠方から来られる方も多くいらっしゃいます。みなさん、センターに頻繁に通えない分、ご自宅で真剣に取り組まれ、視力を上げていらっしゃいます。その努力に頭が下がりますし、とてもうれしいです。

7月に入り、急に暑くなってきました。急激な温度変化についていけず、熱中症や脱水症状が起きやすくなります。こまめに水分補給をし、また外出時は帽子や日傘を忘れないようにしましょう。
お子さんたちは、あと2~3週間で夏休みなんですね・・・・・  (立)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ