FC2ブログ
気持ちの変化
2008年10月30日 (木) | 編集 |
現在小学校5年生になる、会員A子ちゃんのお話です。
今から約9年前に、A子ちゃんのお姉さんがセンターへ通うことになりました。
当時A子ちゃんはまだ赤ちゃんで、お母様とお姉ちゃんと一緒にベビーカーに乗っていらっしゃっていました。

そのご家族は、ご両親共にかなりお強い近視でいらっしゃった為
今後のお子さんの視力低下を切実に心配されていました。
低年齢で低下した場合、近視の進行が大変早いこと、またきちんと抑制していくことが重要という説明に大変ご納得されていました。


それから6年が経過し、当時赤ちゃんだったA子ちゃんが小学2年生になって視力低下に気付き、少しでも早いうちにと、新たにセンターへ通うことに
なったのです。
A子ちゃん自身の頑張りやご両親のサポートもあり、視力は順調に回復に
向かっていきました。
しかし学年が上がるにつれ、勉強量が増え習い事も多くなり、
自宅トレーニングとの両立が難しくなってきたのです。
しかし、そのような状況でもご両親の懸命なサポート、
センター側も出来る限りのバックアップを試み、
何とか取り組んできましたが、日常に追われ日々の疲労に負け、
途中何度も投げ出してしまいそうになることも…
『視力は悪くしたくない…
でもトレーニングは疲れているから先に休みたい…』
どうしても思うように出来ず、A子ちゃん自身も戸惑っているようでした。

長期に渡るやり取りの末、今年の夏、A子ちゃんの気持ちに大きな変化が
起きたのです。
『このままじゃいけない!』という思いが素直に表れたのです。
現在も前向きに、また自覚を持って取り組んでいらっしゃいます。



何事も前向きな気持ちが大きな原動力となります。
『視力低下はどうにも出来ない…』と諦めるのではなく、
『今からでも何かしらの対策がとれる!』
と思う気持ちが今後に繋がるのです。

生涯共にする大切な目ですから、まずは現状を把握することが大事です。
目の状態を知り、どのような対策が必要なのか考えてみてください。(福)




近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ





飛び出す絵本
2008年10月24日 (金) | 編集 |
先日、書店で偶然飛び出す絵本というものを見つけました。
タイトルは、「恐竜時代」。

なんだろうと思いページを開くと、びっくり!恐竜が大きな口をあけて飛び出してくるのです!
よく見るとティラノザウルス。まるで生きているかのよう私をにらみ、そのまま食べようとしてきました!

いや、そう思わせるほどの迫力だったのです。
それだけでなく、色使いが鮮やかで、細かい部分まで繊細に作られています。

作者はロバート・サブタさんという方。
他にも、「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」などをテーマにした飛び出す絵本を作られているみたいです。

絵本っていいですね。

思わず感動してしまいました。

ゲームやテレビの普及で、本に触れる機会がどんどん失われていく現代。
大人も子供もこういった絵本を通じて想像力を豊かに出来ればいいなと感じました。

ちなみに私は、ロバート・サブタさん作の「クリスマス」という飛び出す絵本を購入しました。
私自身、飛び出す絵本作りにも挑戦するつもりです。

もちろん近業時間には気をつけますよ!

みなさんも30分に一度は目の体操をし、遠方凝視をしましょう。
また近業時は、出来れば勉強メガネ(視力低下予防メガネ)をかけて、目を疲れにくくさせたいですね。

*勉強メガネは使える方、使えない方いらっしゃいますので、詳しくはセンター所員までどうぞ。(大)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ


こんな子もいます
2008年10月18日 (土) | 編集 |
だんだん寒くなってきて秋らしくなりましたね。秋休みは短かかったですが、いかがお過ごしでしたか?
目の愛護月間である10月ももう半ばです。
実は10月には目の愛護デーとは他に、「アイメイトデー」もあったのをご存知ですか?
アイメイトとは盲導犬の事で、アイメイトデーというのは視覚障害者と盲導犬への理解を深める日なのだそうです。
ほかにも、空を見る日というのもありました。10を英語で(テン)と読むのに由来しているのですが、
「目の愛護デー」、「アイメイトデー」と同じ10月に定められていたので、私は空を見て近視予防をしようという解釈をしました。

センターでは、10月に限らず日々トレーニングに励んでいる会員さんがたくさんいらっしゃいます。
その中に、とても姿勢の良い子がいます。センターでお手本にしたいくらい日常生活でも良いとの事なのですが、
お母様が言うには「センターに来る前は寝転がって本を読んだり姿勢は悪かった。」みたいなんです。
センターに初めてきた時の検査で視力が落ちていると自覚し、今では自分で気を付けているようです。 えらいっ!!

こんな10月を機会に、前述の子のように視力の大切さを再認識し、目を大事にしていけたらよいですね。(相模)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ
とある日の検査での話
2008年10月09日 (木) | 編集 |
当センターではトレーニングと並行して、月に1回視力の検査をし、その結果
に応じて様々なアドバイスや叱咤激励を行なっています。

先日、私が検査をしたA君はトレーニングは毎日がんばっているのですが、
ゲームも毎日4時間していました。ゲームはTVの約4倍の負担が眼に
かかると言われます。
「ゲームのやりすぎではないですか?」とA君に言うと、お母様から
「今の世の中、子ども達の遊びの主流はゲームで、ゲームをやっていないと、
友達の話しに入れないので仕方ないんですよ。」と言われました。
確かに私たちの子どもの頃と比べると、外で缶蹴りや鬼ごっこなどをして
遊ぶといったことが少なくなってきています。

私はA君に「友達と遊ぶ時は、毎日ゲームをしてゲームの話しかしないの?」
と聞いたところ、たまにしかしないそうです。友達と遊ぶ時は公園で
サッカーも、鬼ごっこ等もするそうです。
ゲームをすることで交流を深めることも大切だと思いますが、ゲーム以外でも
それは、可能ではないでしょうか。

A君にゲームを長時間することにより、どれくらい眼に負担がかかるのかを
説明したところ、理解してくれたらしく、以前に比べゲームの時間に気を付け、
’休憩’や’眼の疲れを取る体操’などを積極的に出来るようになりました。

当センターでは、トレーニングと日常生活習慣の改善が、視力回復のポイント
と考えております。しかし、どちらもとても根気のいる大変なことなのです。
お子様の視力を守るためは、お父様、お母様のあたたかい愛と積極的な
協力が必要です。どうぞ、大切な目のために日常生活の改善に努めてくだ
さるようお願い致します。

最近、ゲームや勉強・パソコンなどで眼を使う時間が増え、視力が心配な方
はセンターの無料カウンセリングを受けられてはいかがでしょうか。その方の
目の状態に合わせた、アドバイスが出来ます。
ご希望の方は、是非お近くのセンターまでお問い合わせ下さい。(船)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ



目の愛護デーです
2008年10月03日 (金) | 編集 |
10月は「目の愛護月間」、そして10月10日は「目の愛護デー」ですね。
由来ですが、10月10日の10と10を横向きにすると目のように見えるからだと言われています。
1931年(昭和6年)に中央盲人協会が失明予防の運動として、「視力保存デー」がはじまりで、
戦後、厚生省により「目の愛護デー」と名称が変わり現在に至っています。
時代が進んで子供たちを取り巻く環境が変わり、目を愛護するというよりかは目を酷使することが多いのではないかと思います。
外より室内で遊ぶことが多くなり、TV・ゲーム・パソコン・マンガ・カードゲームと近くを長時間みているお子様もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そのことにより、近視になり視力の低下の可能性もより高くなります。
だからといってそれらを禁止するのでは無く、いかに近視にならないように取り組んでいくかが大事だと思います。
○ TVはなるべく離れて見る(画面のインチ×0.15が最適の距離)
○ ゲームは30分まで
○ パソコンはこまめに休憩をいれる(遠くを見たり、軽いストレッチをする)
○ マンガ・読書は約30cm距離を離して
まだこれ以外にも、視力低下の予防の為のノウハウはたくさんあると思います。
お子様の目を守るために、お父様、お母様方は是非視力低下予防に取り組んで頂きたいと思います。(横・都)