FC2ブログ
冬休み&クリスマスプレゼント
2008年12月25日 (木) | 編集 |
今日から冬休みですね。
早速貰ったクリスマスプレゼントで遊ぶという人も多いのでは?

貰ったプレゼントで多かったのが、今年もやはり『ゲーム機や新しいゲームソフト』でした。
年末年始は特番などが増え、普段よりもTVの視聴時間が長くなり
加えてゲームの時間となると目に掛かる負担は、かなり大きなものとなってしまいます。
理想は長くても【TV→2時間以内/1日】【ゲーム→30分/週3回】
また、こまめに休憩を入れる事が必須です。
夜更かしなどせず、規則正しい生活を心掛けましょう。



さて、センターの年内の受付ですが12/28(日)が最終日となっております。

●関東センター 10:30~13:00
●福岡センター 10:00~17:30迄の受付となります。


また12/29(月)~1/5(月)迄は年末年始のお休みとさせて頂きます。
※尚、12/29(月)・1/4(日)・1/5(月)は初回カウンセリングのご予約、お電話での
 ご相談のみ行っております。


お間違えのないようお願い申し上げます。



来年も視力回復にあたり、指導員一同一丸となって頑張って参ります。
皆さまの視力回復・目が健やかでありますことを願って、年内最後のご挨拶と代えさせて
頂きます。では良いお年をお迎え下さい。。。  (福)





近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



見事合格!!
2008年12月12日 (金) | 編集 |
センターには、パイロット、警察官、自衛官など、資格取得の目標を持って通っている方が数多くいらっしゃいます。

今回は、『警視庁に合格しました!』という嬉しいニュースがあったでご紹介したいと思います。

彼の場合、最初センターに来た時の裸眼視力が右目0.06、左目0.7 メガネの視力(矯正視力)が右目0.7、左目0.9でした。

警察官に必要な視力は、『裸眼視力が両眼とも0.6以上であること。ただし、これに満たない場合は、矯正視力が両眼とも1.0以上であること』です。

本来、回復まで必要な期間は半年以上ですが、彼の場合、試験までわずか1カ月というかなり厳しい状でしたが、少しでもベストな状態で試験に臨めるようトレーニングを始めました。左右差のハンデのある中、1ヶ月間フリーコースでセンターに通い、毎日数回のトレーニングとソニマックをこなし、見事、試験に合格しました(^^)v
これから入社までの期間も、今の視力が維持と回復を目指しセンターに通う予定です。

皆さんも高い目標を持って日々のトレーニングを頑張ってください。
たくさんのいいニュースが聞けるのを楽しみにしています。 (大野)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

受験シーズン到来 !
2008年12月06日 (土) | 編集 |
受験生の皆さんにとっては、いよいよ追い込みで大変な時期になってきましたね。

さて、以前、高校受験を控えた中学3年生の方が来所された時のことです。
この方の眼の状態は、右目と左目の視力が違う近視性不同視でした。
不同視は、遠くをみる時はいい方の眼に頼って、近くを見る時は悪い方の眼に頼っているので、受験の近業を続けると、どんどん差が開いていくというケースの眼です。

話しを伺ってみると、入試が終わったら早速センターに通い、トレーニングに取り掛かりたいが、受験が終わるまでは通えないと。ただ、ご両親とご本人の気持ちとしては、それでも悪くしたくない、どうにかならないかということだったので、先ずは視力回復サポートメガネとソニマックを購入され、受験が終わるまでは自宅で低下予防に取り組むことになりました。

視力回復サポートメガネとは、視力を矯正することが目的のメガネではなく、凸レンズを用いて、近くの作業で使用することで、近業における視力の低下を予防することを目的としたものです。
勉強や読書、パソコンやDSなどの手元で作業をすることが多い方や、姿勢が悪く、目が近くなるという方には目の保護と視力の低下予防に有効な手段です。
ソニマックは、眼適応超音波治療器で、1日1回10分の投射により、偽近視と眼精疲労を緩和させるので、その日その日に発生する近視を取り除き、近視の進行を予防して、また、目の疲れも取り除いていくというものです。
ご来所の際、本人にソニマックを試してもらったところ、普段から目が疲れているということもあって、「疲れが取れて、すっごくスッキリした!」と大変喜んでいました!(^^)!。

これから、受験を迎える方は、サポートメガネやソニマックは目の健康維持におすすめです。
また、受験生のみならず、近業時間の多い方は是非一度、体験されてみてください。
(但し、使用出来ない目の方もいるので、まずは所員までお気軽にお尋ねください。)

いつまでも、自分自身の眼は大切にしたいですね。
                                             (都)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。