FC2ブログ
目のケアは大切!
2009年07月07日 (火) | 編集 |
7月に入り、お子さん達は夏休みまであと僅かとなりました。
皆さんはこの長期のお休みをどのように過ごしますか?
私が子供の頃は、夏休みといえば海や山へ行ったりと外で過ごすことが多かったのですが、最近では塾の夏期講習や受験勉強、遊ぶとしても家でゲームをする、といった過ごし方が増えてきたようです。
近くを見る時間があまりに長く続くと、目を疲れさせてしまい、近視の進行を早めてしまいます。

当センターでは、日常の目のケアとして「目の健康体操」というものを指導しています。
この体操は、勉強・読書・ゲームなどの近業(近くを見る作業)の後に行なって頂き、一日数回を習慣づける事で、近視の進行の原因となる目の疲れを和らげる事ができます。

また、簡単にできる方法として、目を閉じ、手で覆い15秒経ったら、ゆっくり目を開け、瞬きを10回して下さい。その後に、こめかみから耳の後ろを通り、耳たぶに掛けて指でマッサージをしていきます。

真っ暗にする事で、目の中の筋肉がリラックスし、瞬きをして瞳孔が開いたり閉じたりすることで、瞳孔と連動している毛様体筋(目の中の筋肉)が働き、弱っている筋肉を活発にします。
そして、こめかみから耳たぶに掛けて目のツボをマッサージする事で、目の疲れを解消させる事ができます。

夏休み家で過ごす事が多い方や、日常でPC操作の長い方は是非やってみて下さい。

せっかくの夏休み、視力低下しないよう、くれぐれも目の使い方に気をつけていきましょう。(大)


 
近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。