FC2ブログ
嬉しい言葉
2009年10月29日 (木) | 編集 |

今年の春から、通われている会員さんのお話です。
中学受験をひかえているものの、茨城から頑張って来所されています。
今まで他の視力回復に取り組まれていたそうですが、
なかなか効果が上がらずお母様はどうしたら良いのかと
悩んでいたそうです。

見込みチェックでは、予想以上にお子様が
見えていないということを知り、また使用中のメガネも
作成した時よりも見えておらず、ご心配されていました。
目の状態など説明していく中で、
「何とか早くトレーニングをしたい」ということで
早々に取り組むことになりました。

4ヶ月ほど経った頃お母様よりお電話がありました。
「今日眼科へ行ったら(昨年の良い視力に)戻っているといわれて、
 嬉しくて電話しました!!ありがとうございます!!」
という内容でした。
こちらとしても大変喜ばしい言葉をいただけて
所員全員また頑張ろうという気持ちになりました。

今までは、眼科へ行くたびにメガネの度数を強くするよう言われていたそうですが、
今回は、今のメガネでまだ様子をみても良いと言われて
お母様としては二重の嬉しさだったそうです。

センターへは月に1度の来所ですが、ご自宅では
毎日2~3回トレーニングを続けていらっしゃいます。
お母様とご本人の努力が成果として視力に反映されているのだと思います。
今現在、トレーニングを始めて半年以上になりますが、
視力は伸びてきており、メガネの度数も変わっていません。

会員皆様に満足していただき、またこのような喜びの声がきけるよう
所員一同、一生懸命取り組んでいきます。                 (船)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

秋の味覚第二弾
2009年10月22日 (木) | 編集 |
今週は、目の栄養素が豊富に含まれるレシピをご紹介します。

わかさぎのエスカベージュ

wakasagi


材料  (4人分)
    わかさぎ 24尾
    たまねぎ (薄切り)1/2個分
    ピーマン (緑、細切り)1個分
    ピーマン (赤、細切り)1個分   
    レモン        1/3個分

[ドレッシング]
    酢     大さじ2
    レモン   大さじ2
  オリーブ油  140ml
    塩     少々
    こしょう  少々
 粒マスタード  小さじ2
    塩     少々
    こしょう  少々
    小麦粉  適量
    揚げ油  適量

作り方

1 わかさぎは、薄い塩水でさっと洗い、水洗いし、水気をふき、
  塩・こしょうし、小麦粉をまぶして、180度の油で揚げます。

2 ドレッシングを作り、野菜、魚の皮とわたを取って、半月の薄切り
  にしたレモンを合わせます。

3 揚げたてのわかさぎを2のドレッシングに漬け、半日おきます。

  (☆わかさぎは牛乳に漬けて臭み抜きをしてもよいでしょう)


わかさぎには、カルシウムが多く含まれています。カルシウム
が不足すると目を覆っている膜が弱くなり近視が進みやすく
なります。

ピーマン&レモンには、ビタミンCが多く含まれます。ビタミンC
はレンズの酸化を防ぎ透明度を保ち白内障を予防します。
現代人には不足しがちと言われるビタミンの1つです。

小麦粉にはビタミンB1が多く含まれます。ビタミンB1は視神経
の働きを健やかに保ちます。

たまねぎなどのねぎ類に含まれるアリシンはビタミンB1の吸収
を助けてくれる作用があります。

この他にも必要な栄養素は色々ありますが、大切なのはバランス
よく栄養を取ることです。

好き嫌いのない食生活を送りましょう! (大)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


パソコンフィルター
2009年10月15日 (木) | 編集 |
私は毎日、自宅で30分くらいパソコンを使用しています。
30分という短い使用時間にも関わらず、使い終わった後に必ず頭痛がしていました。
本当は、1時間くらいパソコンは使っていたかったのですが、頭痛がひどくなるので30分で抑えている状況だったのです。
おそらく眼精疲労から くるものなのでしょう。その頭痛が悩みの種でした。

そこで、この悩みを解消したいと思い、以前から欲しかったパソコンフィルターを購入しました。
実際に使用してみて驚いています。全然 違うのです。
画面がチカチカしないので眼も疲れませんし、以前は必ずあった頭痛がなくなりました。
それまではソニマックも頻繁に使用していたのですが、今では少ない回数で済んでいます。
先日、つい夢中になって、2時間余りパソコンを使用してしまったのですが、その際も頭痛はありませんでした。
フィルターを付ける付けないのとでは、こんなにも効果が違うものかと、身をもって体感しています。

みなさんご存知だと思いますが、パソコンの画面からは眼に対して有害な光線が出ています。
しかし、フィルターを付ければ、この有害な光線をほぼカットしてくれます。
パソコンを長時間される方はもちろん、短時間の使用の方にもおすすめです。

今月は目の愛護デーキャンペーン実施中のため、パソコンフィルターをご購入の場合も割引があります。
この機会に、一家に一枚ぜひ!                            (錦)

資料請求はこちら
社会人応援モニターキャンペーン実施中!
2009年10月12日 (月) | 編集 |
現在、東京視力回復センターでは「目の愛護月間キャンペーン」のほかにも、
「社会人応援モニターキャンペーン」を実施しています。
キャンペーンページはこちら

パソコンの長時間使用により、仕事を始めてから視力が低下した。
最近、目の疲れ(眼精疲労など)がひどい。
など、大人になってからの視力低下も増えてきています。
視力回復は早期発見、早期対応がより効果的です。
少しでも不安を感じるならば、この機会に、まずは視力回復見込みチェックを
受けてみるのはいかがでしょう?!
現在の正確な状態を把握する上でも、役立つかと思います。


【対  象】

社会人・主婦(20~50歳台前半)の方限定の
※ 視力回復見込チェックを受けて、回復の見込みを確認された方。
※ 眼疾患がなく、矯正視力が出る方。

◆ 仕事を始めてから視力が低下した。
◆ 最近、目の疲れ(眼精疲労など)がひどい。
◆ メガネやコンタクトが合わなくなってきた。
◆ 子供の時からメガネで不自由してきた。

そんな方にお勧めです。

コース料金、トレーニング用具、メガネなど
その他、いろいろな割引サービスをご用意しています!!

全センター100名限定のキャンペーンです。

期限は平成21年11月中旬迄
限定数に達した場合は早期終了の場合もございます。

ご希望の場合はお早めに!!


お申し込みはご希望の各センターまで、お電話にてご予約ください!(本)



各センターはこちらから


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



秋の味覚
2009年10月08日 (木) | 編集 |
食べ物が美味しい季節になりましたね。
今回は、栄養素が豊富な秋の食材を使った料理をご紹介します。


最初にご紹介するのは秋の味覚を代表する魚である秋刀魚の塩焼きです。
秋刀魚には、DHAが豊富に含まれており、目の衰えを防ぐ働きがあります。
眼に疲労感がある時に食べて頂くと効果的だと思います。


次に、秋ならではの味覚である栗を使った炊き込みご飯です。
栗に多く含まれているビタミンB1は目の粘膜を保護する働きがありますので
疲れ目や目の充血が見られるときには是非お試しください。
ただビタミンB群は体内に蓄えることができないので
一度に摂取するのではなく、毎日きちんと摂取するのがポイントです。
栗ご飯を毎日食べるのは大変だと思いますが…
他に豚肉・大豆・玄米・レバー・納豆などにも多く含まれていますので、
眼が充血しやすい方は毎日ビタミンB群を摂取できるよう工夫してみてはいかがでしょうか?


最後にさつまいもを使ったスイートポテトはいかかでしょうか?
さつまいもにはビタミンCが豊富にあり、水晶体を保護する働きがあります。
水晶体の透明度を保ち、細菌などから目を守りリフレッシュさせてくれる働きがあります。


秋には美味しく栄養満点な食材がたくさんありますので
眼の事も考えながら料理をして頂くと更に楽しみながら食事が出来ると思いますよ。

                                              (所)

近視・遠視・弱視でお悩みの方
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

目の愛護月間キャンペーン実施中!!
2009年10月01日 (木) | 編集 |
平成12年からの「ハッピーマンデー制度」の導入により、
10月の第2月曜日が「体育の日」となりましたが、
まだ10月10日が「体育の日」のイメージが強い方も多いのでは?
もとは東京オリンピックの開会式がこの日に行われたためにこの日が
「体育の日」となったようです。
他にも「釣りの日」「マグロの日」「缶詰の日」なんていうのも、10月10日です。

そして、もうひとつ忘れてはいけないのが「目の愛護デー」

10月10日の「10・10」を横に倒すと眉と目の形に見える事から、
中央盲人福祉協会が1931年に「視力保存デー」として制定し、
戦後、厚生省(現厚生労働省)が「目の愛護デー」と改称した。
                            (ウィキペディアより引用

普段の生活の中で、目から情報を得ることがかなりの割合を占めます。
そのため、気がつけばかなり目を酷使している場合もあります。
大切な目を守るためにも、これを機会に目の大切さを考えてみるのはいかがでしょうか?

東京視力回復センターでは、10月中
「目の愛護月間キャンペー」を行っております。
秋の学校検診がある方もいらっしゃると思います。
視力回復は早期発見、早期対応がより効果的です。
この機会に、ご希望の方は、お近くのセンターまでお気軽にご連絡ください。(藤)



各センターはこちらから


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。