FC2ブログ
嬉しい言葉
2009年10月29日 (木) | 編集 |

今年の春から、通われている会員さんのお話です。
中学受験をひかえているものの、茨城から頑張って来所されています。
今まで他の視力回復に取り組まれていたそうですが、
なかなか効果が上がらずお母様はどうしたら良いのかと
悩んでいたそうです。

見込みチェックでは、予想以上にお子様が
見えていないということを知り、また使用中のメガネも
作成した時よりも見えておらず、ご心配されていました。
目の状態など説明していく中で、
「何とか早くトレーニングをしたい」ということで
早々に取り組むことになりました。

4ヶ月ほど経った頃お母様よりお電話がありました。
「今日眼科へ行ったら(昨年の良い視力に)戻っているといわれて、
 嬉しくて電話しました!!ありがとうございます!!」
という内容でした。
こちらとしても大変喜ばしい言葉をいただけて
所員全員また頑張ろうという気持ちになりました。

今までは、眼科へ行くたびにメガネの度数を強くするよう言われていたそうですが、
今回は、今のメガネでまだ様子をみても良いと言われて
お母様としては二重の嬉しさだったそうです。

センターへは月に1度の来所ですが、ご自宅では
毎日2~3回トレーニングを続けていらっしゃいます。
お母様とご本人の努力が成果として視力に反映されているのだと思います。
今現在、トレーニングを始めて半年以上になりますが、
視力は伸びてきており、メガネの度数も変わっていません。

会員皆様に満足していただき、またこのような喜びの声がきけるよう
所員一同、一生懸命取り組んでいきます。                 (船)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。