FC2ブログ
コンタクトレンズについて
2010年02月24日 (水) | 編集 |
もうすぐ卒業式ですね。
この時期になると“中学生・高校生になったらコンタクトレンズにしたいんですけど、どうですか?”という質問が増えてきます。
たとえば、運動部に入るので、メガネだと危ない、裸眼だと試合のとき支障があるなどの場合はコンタクトレンズをお勧めします。
ただ、基本的には遠方用の矯正で作るため、近業時間が長く続く際、コンタクトを装用したままで近業をすると視力の低下が心配されます。
お子様の場合、勉強時間が長いので基本的には取り外しが可能で手入れが簡単なメガネをお勧めします。
どうしても必要という方は、眼の負担をカバーする勉強用メガネを一緒に使うといいでしょう。

コンタクトのメリット・デメリット

ハード
強度の近視、乱視の矯正に適してる。
慣れるまでに時間がかかる。
目にホコリやゴミが入ったとき眼をキズつけやすい。

ソフト
装用感が良くスポーツをする人に向いている。
雑菌が繁殖しやすく汚れやすいので清潔にすることが大切。

尚、現在はワンデーや2weekなど、使い捨てタイプの種類も豊富もあるので眼科医と相談の上、ご自身の生活スタイルと合わせて選ぶことをお勧めします。
ぜひ、参考にしてみてください (都)


近視・遠視・弱視でお悩みの方
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ

                                     


うれしかった一言・・・
2010年02月17日 (水) | 編集 |
先日、ある男子中学生の視力測定に入りました。
高校受験に向け忙しくなるので、今回で終了となりました。

最後は無事に視力が上がって終わったのですが、測定の話を終えようとしていた時、一緒にご来所されていたお父様から「視力回復トレーニングを本当にやってよかった。この約1年で本人の意識が変わり、目の使い方を気をつけるようになったし、視力も上がった。妻も感謝していると。知り合いに視力で悩んでいる人がいたら、紹介します」という言葉をいただいた。

とてもうれしかったです。この言葉を励みに皆さんのお力になれるように指導していきたいと思う、今日このごろ。

まだまだ寒い日が続きますが、風邪などひかないようにお気をつけください。(立)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ


バンクーバー2010
2010年02月11日 (木) | 編集 |
いよいよ、今週の土曜日から冬季オリンピックが開催されます。
今回のオリンピックでは、何個メダルを獲得できるでしょうか?
フィギィア・モーグル・ジャンプ・カーリング・・・見逃せない競技が盛りだくさんです。
今から楽しみですね。

オリンピックの期間は、TVをつければ一日中オリンピックの放送をしています。
ついつい夢中になって見入ってしまいがちですが、目の健康のために次のようなポイントに注意して観るようにしましょう。

*長時間続けてみない
    だらだら観るのではなく、観る競技を決めて観たり、録画して観たりする。
*休憩をとる
    30分毎に目を休める。CM時には目を閉じ、観終わった後は目の体操やソニマックをする。
*夜遅くまでみない
    睡眠不足で、次の日まで目の疲れを持ち越さない。

オリンピック選手並みに、毎日目のトレーニングを頑張っている会員の皆様、目の事も考えながらオリンピックを楽しんでください。(船)

資料請求はこちら
目に良い環境づくりを
2010年02月04日 (木) | 編集 |
暦の上では今日から春です。

4月から新入生で新しく勉強机の購入を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
選ぶ際に気をつけて頂きたい点がいくつかあります。

●勉強机は、机もイスも高さの調節ができる物(机やイスが体のサイズに合っていないと良い姿勢が保ちづらくなってしまいます)
●勉強机用のライトは机の天板全体をムラなく照らし、明るさを調節できる物(手元に影ができていたり、まぶしすぎると目に負担が掛かかる上、姿勢が悪くなりやすいです)

以上の点に気をつけてお子様に合った物を選んであげて下さい。

「学校に入り、勉強や読書の時間が増えてくる事によって近視が進行してしまうのが心配です。」という保護者の声を聞きます。

きちんとした姿勢で適度に休憩を取り、目を疲れさせない習慣を今から身につけておけば、近視の発生・進行を未然に防ぐ事ができます。

30分間近くを見る作業が続いたら、2~3分間遠くを見て、その後目を閉じて休ませましょう。

今のうちから目に良い環境づくりを心掛けて下さい。(大)

                              
近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ