FC2ブログ
日頃からチェックを
2010年06月03日 (木) | 編集 |
初めてセンターにご来所される方が一番多い時期は5月から6月にかけてです。「学校検診でひっかかった」「眼科受診して、すぐにメガネをすすめられてしまった」など理由はさまざまです。

電話応対する中で、以前は目を細めるなど、見えにくい仕草をしているとよくお聞きしていたのですが、特に今年は見えにくそうな仕草はしていないというお話が多いのです。
「回復見込みチェック」にお越しになって、実際に検査をしてみると、近視が強いというケースも多くなってきています。

推測ですが、近視が発生する年齢が早く、はっきりのイメージが記憶にないため、ぼやけている見え方が当たり前だと思ってしまっているのではないでしょうか。
お父さん・お母さんがお子さんに「あれ、見える?」と聞くと、おそらくお子さんは「見える!」と言うとでしょう。少しでも不安に感じるのであれば、メガネ店においてある、持ち帰りできる視力表を使い、家で確認してみるでもかまいません。眼科受診してみるでもかまいません。そして、当センターに「回復見込みチェック」にご来所されるでもいいでしょう。

虫歯と一緒で、「早期発見・早期対策」が重要です。
就学時検診や学校検診で結果がよかったからと安心せず、日頃から注意してみてあげてください。(立)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。