FC2ブログ
自宅のトレーニングで大幅に視力アップ!
2010年06月10日 (木) | 編集 |
以前、福岡のセンターに来られていた熊本在住の方の話です。

当時中学3年生だったAさん(女性)は、かなり近視が強く視力も左右0.03~0.04位でした。また、来所時には既にメガネを6本も作り変えており、「回復は無理でもこれ以上悪くしたくない!」との事でした。

ただ、当センターには入会規定があり、「矯正視力が出ない・円錐角膜(急激な角膜の変形により回復不可)などの眼疾患がある・・・・」の場合は、断らなければならないというものでしたが、幸いそれらはクリアしたものの、年齢から考えるとあまりに近視(乱視も)が強く、回復は?とすべてを伝えましたが、「絶対にやる!」と本人は一歩も引かず、ご両親も「そこまでいうなら・・・」とスタートしました。

しかし、通うと言っても熊本~福岡までバスの利用も含めて2時間近くかかりますので、月に2~3回がやっと。あくまで自宅のトレーニングが中心でした。

1年間続けた結果、左右の視力で0.2、メガネは来所時からかけていたものより、少し弱いものに作り変えました。というもの、かかりつけの眼科医から「今のメガネは1.2~1.5見えるので、中学生ならもう少し弱くしてもいい!」と言われたからです。※初めてレンズが弱くなったと本人も両親も大喜びでした。

その後は高校生になり部活などで忙しく、電話や手紙でのやりとりになりました。今回「完全にメガネがいらなくなった!」「0.1以下が1.0に!」という体験談ではありませんが、非常に心に残っている体験談です。

また、あの時に何もしなければどうなっていただろう?と考えると、本当に良かったと思うと同時に、よく頑張ったなぁ~と、Aさんの努力に頭が下がります。

メガネやコンタクトを否定するつもりは全くありませんが、それらに頼りっきりになったり、目の健康(視力低下には痛みがないので放置しがち)をおろそかにすると、「いざ」という時に矯正視力が出ないといったことにもなりかねません。特に年齢が低ければ低いほど、進行(悪化)が速いので、注意が必要です。  (光)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。