FC2ブログ
夢に向かって
2010年10月26日 (火) | 編集 |
センターに通う会員さんのなかには、資格取得や夢の職業につくために頑張っている方々もたくさんいます。
最近では、視力の規定が緩和もしくは、ほぼ撤廃に向かっている傾向にありますが、まだ規定のある職業や資格もあります。どのようなものがあるでしょうか。

●運転免許
 ○原付・小型特殊
  視力が両眼で0.5以上であること又は一眼が見えない者については、
他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.5以上であること
 ○普通一種・自動二輪・大型特殊
  視力が両眼で0.7以上、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上であること
  又は一眼の視力が0.3に満たない者若しくは一眼が見えない者については、
  他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上であること
 ○大型・けん引・第二種
  視力が両眼で0.8以上、かつ、一眼でそれぞれ0.5以上であること
  加えて、深視力の検査あり
●小型船舶操縦免許
 両眼とも0.6以上(矯正可)
 一眼の視力が0.6未満の場合は、他眼の視力が0.6以上であり、かつ、視野が左右150度以上であること
●客室乗務員
 コンタクト矯正視力が1.0以上であること
●警察官
 裸眼視力が両眼とも0.6以上であること。ただしこれに満たない場合は、
 裸眼視力がおおむね各0.1以上であって、矯正視力が各1.0以上であること
●騎手
 両眼とも裸眼(メガネ、コンタクトレンズ等を用いない)で0.5以上であること
●競艇選手
 両眼とも裸眼で0.8以上
●パイロット
 各眼の矯正視力が1.0以上であること。裸眼視力の条件は無し
 各眼の屈折率が-4.5~+3.5ジオプトリー内であること
 屈折矯正手術、オルソケラトロジーを受けていないこと

            ※この基準は現時点(2010年)での規定です※

 上記の他にも自衛官、消防士、法務教官、航空管制官、電車の運転士、競輪選手、ボクサーなどの職業にも、視力の規定があるようです。
 自分の希望する職業に就くためには、試験日まで期間がどのくらいあるのか、基準の視力まで回復するかどうかを早めに調べ、努力する必要があります。
 手遅れで、自分の夢をあきらめなければならないという悔しい思いをしないために、早期発見、早期対策が大切です。
 目的意識が高く、是非ともよくするのだという意気込みで頑張る人ほど回復が早いです。
              皆さん夢に向かって頑張りましょう(渋)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。






はやり目
2010年10月21日 (木) | 編集 |
今年の夏は全国的に『はやり目』が大変流行したそうです。

『はやり目』=「急性結膜炎」とは急に白目(結膜)が充血し
目に痛みや違和感を感じ、涙がでます。
また、ほとんどの場合、朝起きた時に「目やに」でまぶたが張り付き開きにくくなります。

『はやり目』の一番の問題点は
感染力が強い所です

『はやり目』になった人が目や涙を触った手で、
ドアノブや自販機・手すりをさわり
その手で目を触ると感染してしまいます。
また、咽頭炎による熱や結膜炎の場合
咳による飛沫感染もあります。

そのため、知り合いに『はやり目』の人がいなくても
他人からうつってしまう可能性があるようです。


現在、結膜炎に直接的に効く薬はありません。
そのため、眼科では細菌による混合感染予防の目的とて抗生物質の点眼薬や
痛み止め・ステロイドや軟膏を処方されます。

最終的には自分の体にウイルスに対する抗体ができない限り治りません。
抗体ができるまで発症後10日~2週間はかかります。

まずは『はやり目』にならによう手洗い消毒を行い
また、なってしまった方は周りにうつさないよう気をつけ
早く治るよう栄養・休養を十分にとり節制した生活をしなければいけません。


もう、すっかり秋になりましたが
まだ『はやり目』は流行しているそうです
皆さんも衛生面に気をつけて
目を大切にしていきましょう(本)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


いま出来る事
2010年10月14日 (木) | 編集 |
先日、視力検査をした会員さんのお話です。


トレーニングは良く頑張っていますが、勉強中の姿勢が
どうしても悪くなってしまう…との事で改善策をお話しました。
その後、ご自宅で勉強の時にお母様と一緒に練習をしています。

10分だけ隣に付き添い、背中が丸くなった時に擦ってあげ、直せたら褒めて
『はなまる』を書いてあげるという方法です。

その徹底が実を結び、大分改善が見られてきました。

ご家庭によっては、お子様との10分間がなかなか取れない場合もあると思います。
お子様へ『一言お手紙』を書いて、
机に貼っておくだけでも、充分効果的ではないでしょうか。
お子様は、ご家族のサポートが必要ですし、またそれが励みにもなります。

正しい目の使い方を覚えて、健康な状態を保てるように心掛けなければいけません。
ほんの少しの積み重ねでも、将来必ず大きなプラスになって返ってくるはずです。

10年後も20年後も、一生使っていく大切な目の事です。
いま出来ることは『いま』から…(西)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


食欲の秋・目に良い食生活を
2010年10月06日 (水) | 編集 |
先日、センターに通っているAちゃん(小3)のお母様から
次のようなお話がありました。


『両親も、もう1人の娘(小5)も視力が良いのにどうしてこの子だけ
視力が低下してしまったのか…未だにあれこれ考えてしまいます。』


視力低下の原因は後天的なものがほとんどですが、
お話しする中で、唯一Aちゃんだけが『甘いもの』が非常に好きで、
つい食べ過ぎてしまっていることに気付きました。


糖分の過剰摂取は、目のビタミンと言われている【重要な栄養素=ビタミンA】の
不足を招き、眼の機能低下を引き起こす原因になります。
ビタミンAの他に、ビタミンB1・B2・C・カルシウムなど様々な栄養素を
バランスよく摂る事が大切ですが、その上でぜひ摂って頂きたいのが【アントシアニン】です。


眼の網膜には、ロドプシンという色素が存在します。
眼が光の刺激を受けると、この色素が分解と再合成を繰り返し、脳へ信号を送り伝えます。
眼が疲れてくると、ロドプシンの再合成の働きが鈍くなり視力が低下します。
アントシアニンにはロドプシンの再合成を促したり、
網膜に栄養を運ぶ毛細血管を丈夫にするなど様々な働きがあります。



人間は、情報の80%を眼から得ていると言われています。
それだけ大きな役割を担っている為、
疲労しやすい器官でもあり、その機能を維持する為にエネルギー代謝がとても活発で、
たくさんのエネルギーを消費しているのです。


は実りの季節でもあり、栄養価の高い食べ物が豊富です。
バランスのよい食生活で健やかな眼を保っていきましょう。(天)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。