FC2ブログ
はやり目
2010年10月21日 (木) | 編集 |
今年の夏は全国的に『はやり目』が大変流行したそうです。

『はやり目』=「急性結膜炎」とは急に白目(結膜)が充血し
目に痛みや違和感を感じ、涙がでます。
また、ほとんどの場合、朝起きた時に「目やに」でまぶたが張り付き開きにくくなります。

『はやり目』の一番の問題点は
感染力が強い所です

『はやり目』になった人が目や涙を触った手で、
ドアノブや自販機・手すりをさわり
その手で目を触ると感染してしまいます。
また、咽頭炎による熱や結膜炎の場合
咳による飛沫感染もあります。

そのため、知り合いに『はやり目』の人がいなくても
他人からうつってしまう可能性があるようです。


現在、結膜炎に直接的に効く薬はありません。
そのため、眼科では細菌による混合感染予防の目的とて抗生物質の点眼薬や
痛み止め・ステロイドや軟膏を処方されます。

最終的には自分の体にウイルスに対する抗体ができない限り治りません。
抗体ができるまで発症後10日~2週間はかかります。

まずは『はやり目』にならによう手洗い消毒を行い
また、なってしまった方は周りにうつさないよう気をつけ
早く治るよう栄養・休養を十分にとり節制した生活をしなければいけません。


もう、すっかり秋になりましたが
まだ『はやり目』は流行しているそうです
皆さんも衛生面に気をつけて
目を大切にしていきましょう(本)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。