FC2ブログ
目玉エステ???
2011年05月30日 (月) | 編集 |
これから夏に向けて、ダイエット・・・エステと雑誌やテレビなど色々なところで目にしますが
皆さん今の時代、目玉もエステをするって、ご存知ですか????

今回、ご紹介するのは、以前テレビで見たものですが・・・目玉エステ(眼球洗浄エステ)
正式には、「ネトラバスティ」といい、インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」の施術の一つだそうです。

今、東京のエステサロンでは、眼精疲労やドライアイ・目の充血に効果があるということで、事務系、IT系など仕事で目を長時間使うサラリーマンやOLに人気のようです。


目の周りをしっかりほぐした後、目の周りに小麦粉と水を練った土手を作り、中に生温かい「ギー」という、バターから精製した油をため、油の中で瞬きをするというものです(痛みはないそうです)
しばらくして、ガーゼで油をふき取り、新しいギーを注ぎます。
これを3回繰り返して終わり。時間は20~30分位。
終わった後は、目がすすっきりして、白目の部分がいつもより透明感が出るとのこと

もちろん眼球洗浄エステを受けても、ドライアイ、眼精疲労は日常生活に原因がありますので、一時的な効果しか得られないのです。しかし、ツライ眼精疲労から一時的にでも開放されることに喜びを感じる方は多いのかもしれませんね。
私の慢性肩凝りと同じです。マッサージに行けば一時的には、肩凝り・首凝りも解消されますが1、2日も経てばまた苦しんでいます。やはり根本から改善しなくては治すことはできないんですね。
マッサージよりも運動不足を解消しなくてはいけないようです。

目にも運動(トレーニング)が大切です。実際センターに通うようになって、「目の疲れがなくなった」という方が多く、超音波治療器の使用で眼精疲労の改善また涙の量が増えたなど継続的な効果を実感されています。

是非皆さんも、毎日酷使している目を、トレーニングで労わってあげて下さい。    (久)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

放っておくと危ない不同視
2011年05月27日 (金) | 編集 |
最近、相談に来られる方から「斜めからテレビを見ている」「顔を傾けて物を見る癖があるんです」というご相談を受けます。実際に視力を測ってみると、左右の視力に差がある場合が多いのです。

例えば、右眼の視力は1.0  左眼の視力は0.3というように左右の視力に著しく差がある眼のことを
不同視といいます。
不同視には、先天的なものと後天的なものがあります。
先天的なケースは、片眼だけに遠視が残ってしまったものや、強い乱視がある場合に起こります。姿勢が悪い、物を斜めに見るなどが原因で近視や乱視になり、バランスをくずしてしまったような場合は後天的なケースです。
普段私達は、両眼で生活をしているため、片方の視力が良いと「見えなくて困る」ということがないため気がつきにくいという点が問題です。(片眼の見え方を比べればわかりますが、視力低下を疑わない限り普段から注意して見る事はないでしょう。)
特に先天的な場合は、視力が低い方の眼は、はっきりと見えた経験がなく、その見え方が当たり前になっているため自覚が出来ません。(そのせいで低い方の目が弱視になることも考えられます)
殆どの方が、学校の検診で A(1.0以上)とC(0.3~0.6)のように、左右の結果大きくが違い、慌てて左右の見え方を比べさせてみると確かに見えていない・・・・と初めて気づくようです。

確かに、見えなくて困ることはなくても、放っておくと大変なことになります
私たちは、二つの目で物を見ています。正確には、右・左それぞれで見たものを脳で合致させ、物の立体感や距離感を捉えています
しかし、不同視の場合は左右で見え方が違いますから、物が二重に見えて疲れますし、頭痛・吐き気・肩こりなどに悩まされるなどの症状が出ます。
(例えば、左右の差があることで、野球の時にバッターボックスに立って、正確な距離間が掴めず空振りしやすい・また階段の段差の感覚が掴めず、よく踏み外すなど・・・)

後天的な場合も、もともとはそんなに大きな差があったわけではなく、最初は1段階・2段階の差だったものが放っておいたことによって、差が開いたものでしょう。
それは、日常で遠くを見るときは、無意識に良い方の眼ばかり使い、低い方の眼はさぼってしまうためです。
一度視力差が出始めると、どんどん差が開いてきますから注意が必要です。
眼科で、「両眼で見えてるから、まだメガネはいりません。様子を見ましょう」と言われても、その間に余計に差が拡がる可能性は大きいですから、早期対策をお勧めします。
(差が拡がれば良い方の眼にかかる負担が大きくなり、いずれ良い方の眼も低下することが予想されます。)

このように学校で視力検査を受けている場合でも、発見が遅れることも多いようです。
ですから就学前のお子様は、特にご家庭で気をつけておいて下さい。
もしも、ご家庭で視力を測定する場合は、両目で見えてるから安心ではなく、必ず片眼ずつの測定することをお薦めします。
そして、低下に気づいたら適切に対処しましょう。
センターの会員さんのご兄弟で、視力が気になる方、まだ視力検査をしたことがない方は、指導員に声をかけて下さい。                          
                                           (久)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ
.




国の違い
2011年05月25日 (水) | 編集 |
中国では総人口13億人のうち約8億人がメガネ人口ともいわれ、その数は全国民の半分以上にのぼっています
あるデータでは、中国の近視発生率は小学生が22.8%、中学生が55.2%、高校生が70.3%と、近視率は上昇傾向にあり、日本と並んで、世界でも有数の『近視大国』と言われています

原因はパソコンの普及等による、目への過重負担が考えられていますが、このほかにも、アンバランスな生活習慣も関係しているようです

日本と非常によく似ている中国の視力ですが、国が違えば言葉や文化が違うように、中国と日本ではメガネのレンズの強さを表す表記が違うようです。
例として、

          
           日本・・・-3.0Dや+4.0D
           
           中国・・・ 300や400

単純に日本の数字に×100をしているだけですね。

ですが、数字だけだと中国のレンズは-(近視用)なのか+(遠視用)なのかの判断ができません
日本だととても大事なことです
例えば同じ0.5の視力でもその人が近視か遠視でかけるメガネの種類が全然違ってくるのですが、中国では考え方が違うようです

なぜ+や-を表示しないのかというと、中国では視力のみを重視し、『視力が低い=近視』という概念が横行しているようです

では遠視の人はどうしているかと言うと、遠視の人は近視の人に比べ、ある程度視力が高いことが多いので一般的にメガネをかける必要性がないとされているようです。
中国では近視はもちろんよく知られていますが、遠視にはあまり馴染みがなく『遠視=老眼』という捉え方をしている人も多いようです。

それも中国は『近視大国』と言われる程近視の人口が多いためそのような考え方になっていったのでしょうか。

また、日本では自分の視力はなんとなく分っているが、自分がかけているメガネの度数は知らない人が多いですよね。中国では反対に視力はわからないが、自分のメガネの度数は把握している人が多いようです。

同じアジアの国でもこのような違いがあるくらいなので、いろいろな国で視力の捉え方は違っていそうですね。
ちなみに近視の人口が多い国として日本、中国、韓国、シンガポール、マレーシア等アジア圏の国がよく挙げられますが、欧米では近視よりも遠視の人口が多いようです

国によっていろいろですね(山)



m_world.jpg



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

紫外線 (*_*)
2011年05月23日 (月) | 編集 |
紫外線量は1年の内、4月~8月が特に多くなります。紫外線が日焼けや皮膚がんの原因になることは
知られていますが、実は目も障害を受けるのです。
雪山などで、雪による紫外線反射で角膜(黒目部分)が炎症を起こす「雪目」は
その代表格です。同じ障害は当然、夏の日差しでも起こります。
紫外線が強くなる時期、どのように気をつけたらいいでしょう。


 「紫外線」 ってなんだろう?

太陽から地球に光と熱が届きますが、紫外線もこの光の中の1つです。
「紫外線」の名前の由来ですが、紫外線とは、その名の通り「紫の外」にある光です。
光は、電磁波という電子の波でできており、この波と波の間隔(波長)の長い順に
小さい文字の7つの色になって目に映ります。
雨が降った後の晴れ間や、庭に水まきしている時に、虹を見たことはありますか?
太陽から地球に届いた光が、空気中の水分を通過することで
7色に分かれて見える現象が虹です。
この7色は、人が目にすることができる光、
「可視光線」と呼ばれていますが、太陽から届く光はこれだけではありません。
「可視光線」ではない、目に見えない光があり、その代表的なものが、
「紫外線」「赤外線」です。

紫外線は、可視光線で最も波長の短い紫よりもさらに波長が短く、紫の外側に位置するために
「紫外線」と呼ばれています。また、「赤」よりも波長の長い光、赤の外側の光を「赤外線」と呼びます。
化粧品などで使われる「UVカット」という言葉の「UV」とは英語のUltra(端、極端)Violet(紫)
(紫の外の光線)からきています。

紫外線から目を守るためには、UVカット加工を施したメガネやサングラスがとても効果的です。
UVカット加工のサングラスは、まぶしい日光だけでなく、紫外線が目に入るのを防ぎ、これからの時期、とても重宝します。
サングラスは色が濃いと瞳孔が開くため、かえって紫外線を受ける場合があるので要注意です。
また、すべてのサングラスが紫外線をカットするわけではありませんので、購入時には確認が必要です。

グレー  光を均一に吸収するので、自然な色で物が見えます。眩しさから目を保護してくれるので、
     強い日光に長時間さらされる場合に適しています。マリンスポーツにおすすめ!

ブルー  赤系の光をよく吸収するので、昼間の強い日差しや夜間の対向車のヘッドライトの
     光などが和らぎます。また目元の涼しさもアップ!

イエロー 青色の光だけを吸収します。青色を遮断して視界のコントラストを高める効果があるので、
     視界が悪いときに適しています。ウィンタースポーツ、テニスなどにおすすめです。

ブラウン 青系の光をカットしてコントラストを強める効果があるため、視界を細部まで鮮明にします。
     ゴルフやウィンタースポーツなどに適し、見た目も日本人の肌色にマッチすることが
     多いと言われています。

グリーン 青・赤系の光を吸収してソフトな視界が得られ、目が疲れにくいと言われています。
      フィッシング、ジョギングなどに。

近視・遠視・弱視でお悩みの方
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

視力はいつも変化する
2011年05月20日 (金) | 編集 |
「靴は夕方に買え」などとよく言われます。
これは朝と夕方では足のサイズが違うからです。
朝から絶えず立ったり歩いたりすることで疲れ、むくんでいたりするためサイズが変化します。

もちろん、足だけでなく起床してから時間の経過とともに変化する部分はたくさんあります。

身長もそうです。
朝は横になって寝ていたので身長は伸びていますが、夕方や夜は立って生活をした分、朝に比べると低くなっています。

視力も例外ではありません。

時間の経過や目の使い方によって変化しています。
睡眠がしっかり取れた朝はスッキリと疲労が回復しているため、見え方も良くなりますが、疲労が残っている時には霞んだ見え方になります。

また朝は視力が良好でも、パソコン作業や勉強、読書などで目を使ったりすることで、夜には視力がぐっと悪くなっています。

一時的な視力の低下であれば休養をとることで回復しますが、疲労を溜め込んだままにしていると一時的な視力の低下に留まらず、深刻な進行悪化に繋がります。

それを防ぐためにも、遠くにある対象物を1つ決め、毎日の見え方をチェックしたり、近くを見る作業をしたら
遠くを見て目を休めたりして視力の低下予防に努めましょう。


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

鳴門の目の神様
2011年05月18日 (水) | 編集 |
目にご利益のあるスポットを探していたら、ある神社を見つけました。

葛城(かつらぎ)神社

うず潮や鳴門金時で有名な徳島県鳴門市にあります。
葛城神社は、「鳴門の目の神様」として地元では有名のようです。

御祭神は「一言主神(ひとことぬしのかみ)」さま。

めめ

なぜ目の神様として有名なのかが分かる、
あるいい伝えが残されています。

第39代天智天皇が九州に船で巡幸される時に、一言主神もご一緒し、
途中で粟田(葛城神社がある場所)の浜に立ち寄り、しばらく滞在されました。
ある時、天智天皇と共に釣りをしに浜へ向かう途中、
乗っていた馬がつまずき、一言主神は馬から落ちてしまいます。
さらに、災難なことに竹の切り株に目をぶつけてしまい、
このことが原因で目を患われた一言主神は養生のため、
ひとり粟田に残ります。ある日、井戸水で目を洗ったところ、
なんと眼病が治ったといわれています。
これに喜んだ一言主神は、眼病で苦しんだことを忘れず、
特に目の病で苦しんでいる人たちのために、
徳島・葛城神社の祭神として、加護することを誓われました。

以来、「葛城神社で祈願したところ目の病が治った」
という人が参拝者に多いことから、
「鳴門の目の神様」として有名になりました。
また、葛城神社には鳥居から、本堂に向かう途中に、
一言主神が目の傷を癒すために使ったといわれている、
「柳の井戸」があります。現在でもこの霊水で目を清めたり、
また容器に入れて持ち帰る方も大勢いるそうです。

私もご利益を授かりに、いつか行ってみたいと思います。(崎)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

テクノストレス
2011年05月16日 (月) | 編集 |
「テクノストレス」とは、コンピューターを扱うことが原因で起きる、心身の障害のことです。

1984年に、アメリカの臨床心理学者クレイグ・ブロードが名づけました。

症状は大きく分けると2種類あります。

①テクノ不安症・・・
コンピューターを扱うことが苦手な人が、無理に使ううちに、難しい、怖い、という意識に追いつめられてストレスを感じ、動悸、息切れ、肩こり、めまいなどの自律神経の失調や、鬱状態など、体調を崩す

最近は社内での連絡や事務処理に、コンピューターを使うことが多くなり、今までコンピューターを使う習慣のなかった人は、ストレスが溜まりますよね。私もその中の一人ですが・・・

症状の予防・改善には、コンピューターに少しづつ慣れていくことや、得意な人に教えてもらう、休暇をとる、自分の他の能力に目を向け、自分に自信を持つことが良いそうです。

②テクノ依存症・・・
コンピューターに没頭し過ぎることで、コンピューターがないと不安になったり、対人関係を嫌い、思いやりが欠如する、機械的な思考=何事も正解/不正解・はい/いいえ という考え方しか出来なくなる

パソコンやゲーム機及びデジタル技術が急速に普及したことで、インターネット(メールやチャット、ネットサーフィン)にのめり込み、睡眠不足やひきこもりなど、生活にも支障をきたす=「中毒」になるケースも増えているそうです。確かに、私の周りにもネット依存・ネットオタクいます。

症状の予防・改善には、人との交流を多くする、自然にふれる、思いやりや優しさの重要さを再認識することが良いそうです。

コンピューター作業は、テクノストレスのみならず目にとっても負担が大きいので、学生の皆さんは、パソコンやゲームは一日30分までに!15分に一回は5分でも休みを入れましょう!
社会人の方は、仕事中はやむを得ないにしても、帰宅後はなるべくしないように!

眼精疲労は、体調だけでなく視力低下につながります。くれぐれもご用心を!!

センターでは、パソコン用フィルターや、視力低下予防に役立つ商品(超音波治療器ソニマック、視力回復サポートメガネ)を扱っていますので、興味のある方は、所員にお聞き下さい。(葉)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

近視用メガネの正しい使い方
2011年05月13日 (金) | 編集 |
メガネは正しく使用すれば目にとって、とてもプラスに
なりますが、間違った使い方をするとき一気に視力を
低下させてしまうこともあります。
今回はメガネの正しい使い方についてのお話を致します。
まず、メガネは見えないときに使うのが大原則です。
見えるのに使うと自らの調節力を使わなくなり、
近視が進行してしまいます。メガネのレンズに
頼ってしまい、毛様体筋の調節力が落ちてしまう為です。
逆に見えないのに使わないことも良くありません。
目を細めたり、強い瞬きをし、無理をして、
見つめるからです。(近視眼は特に見易く感じます。)
これも調節力を使わずにそのような見つめ方に頼る
わけですから進行の手助けをしてしまいます。
また、近視が強くなると網膜が後方に伸びていきます。
無理に裸眼で過ごしていると網膜に光が入らず、感度が
落ちていき、矯正視力が出づらくなることもあるのです。
10人居れば目の状態も10通り、人それぞれ状態は
異なりますのでその方の進行状態・年齢・環境により、
使い方も変わってきます。
ご自身に合った1番正しいメガネの使い方をしましょう。(福)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターへの資料請求はこちらからどうぞ!!


視力回復見込みチェック好評実施中!!
5月末まで特別割引中です!!


ウニは全身が“眼”だった
2011年05月11日 (水) | 編集 |
ナショナルジオグラフィック』の総合サイトがあるのですが、
関連記事でこんなの見つけました。

ウニは“足”の付け根からトゲの先端まで、体の表面全体を巨大な
“眼”として使っている可能性が明らかになった。

はっきり眼とわかる構造を持たないにも関わらず、光に反応する。
ここまでは以前の研究で判明していたが、どのように見ているかは謎だった。
アメリカムラサキウニ(学名:Strongylocentrotus purpuratus)の遺伝子解析を
行った際、網膜の発生に関連する遺伝子がいくつも見つかっていた。
網膜は光を感知する組織で、ヒトなど脊椎動物の場合、眼球の内側を覆っている。
この研究などから、ウニの視覚は皮膚に不規則に散らばった光を受容する細胞に
依存し、これらの細胞が集合的に網膜の機能を果たしている可能性が示されていた。

大部分の動物は、眼の中に色素細胞がある。
網膜の光受容細胞は全方向の光を吸収するため、色素細胞が後ろと横からの
光を遮断する。そのおかげで、前の景色を見ることができるのだ。
ウニの場合、トゲが光を遮る色素細胞の働きをすると理論づけられていた。
ところが新たな研究から、ムラサキウニの1400本以上ある管足の付け根と先端に、
それぞれ異なる光受容細胞が密集していることが明らかになった。
ウニの体の下側にある管足は、先端が吸盤になった長い管で、移動に使われる。
「ウニは管足を網膜として使い、他の部位で余計な光を遮っているのではないか」と
イタリア、ナポリにあるアントン・ドーン臨海実験所(Anton Dohrn Zoological Station)の
発生生物学者マリア・イナ・アルノーネ(Maria Ina Arnone)氏は研究チームの
見解として述べる。
過去の研究から、トゲの数や配置が視力に影響を及ぼすことはわかっていた。
「今回の発見は、この事実と整合性がある」とアルノーネ氏は言い添えている。

1400も目があったら、いくつかの視力が悪くても問題ないのでしょうね。
けど、全ての視力が悪かったらどうなるんだ??
なんてくだらない事を考えてしまいましたww (タマ)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターへの資料請求はこちらからどうぞ!!


視力回復見込みチェック好評実施中!!
5月末まで特別割引中です!!



(´∀`)赤紙報告会
2011年05月09日 (月) | 編集 |
今年も学校の視力検査の時期がやってきました。

センターに通っている子供たちも
「今回の※英語はなんだろうなぁー」
「先生、見えるかなー?どうしよう」と、
わくわくどきどき期待と不安の表情で学校での視力検査を心待ちにしているようです。
(※学校の視力検査の判定はアルファベットで表されます。
A・1.0以上 B・0.7~0.9 C・0.3~0.6 D・0.3未満 このような判定が主なようです。)

子供たちに限らず、「今回は眼科受診の紙をもらわなければいい」
「去年の診断結果よりいいと嬉しいですけどね」というご父兄の方も。

蓋をあけてみれば衝撃の結果に「えー!!本当に?」とビックリ、
「すごい!!よくやったねー!!」と褒め称える毎日です。

センターの視力検査では、右目0.5・左目0.5の女の子の場合
「先生!右目A・左目A判定で紙もらわなかったよ!!凄いでしょ!」

右目0.3・左目0.2の男の子の場合
「右目B・左目Cだった!去年のC・Dよりいい結果だったよ!
メガネかけなくていいでしょ?メガネやだもん」

極めつけは右目0.06・左目0.05の中学生
0.1を切る視力なので当然メガネは持っています。
「右目B・左目Cだった」との報告。
メガネの視力検査の結果かなと思い聞いてみると、
お母様曰く
「裸眼の視力みたいなんです。やっぱりあてにならないんですよね」
と困惑されていました。
これには本当にビックリしました。

その子のお母様からこんなお話をいただきました。

「実は私、学校の教諭をしておりまして、私も視力検査の担当をしたことがあります。
学校の検査は、一度にかなりの生徒の検査を実施するため、何グループかに分けて一斉にやります。
そのため一人にかけられる時間はわずかで、項目に沿って1、2コ視力表を見せては、はい!次!と流れ作業になり、ただ振り分けをし、あとは眼科へどうぞというような現状でした。子供が貰って来たこの結果は納得がいきます」
と申し訳なさそうにお話をされていました。

会員の子供たちは、センターの検査結果よりもいい結果を貰って、皆、嬉しそうで誇らしげにしていましたが、
私は何だか複雑な心境です。


もっと早く正確に現状を把握し対策をたてていたら、元の状態に戻ったかも知れない子が沢山いるんだろな・・・・


「去年、始めて学校から紙をもらって来たときに、眼科は受診したものの、まだ大丈夫かな?と変な安心をせず、早く対策を立てていればよかった」「去年センターに来ていたら、もっと良くなったんですよね、何やってたんでしょうね」などカウンセリングに来ていただくご父兄の方からも同じような言葉をいただきます。

視力の低下は痛みなくじわりじわりとやってきます。
進行悪化は待ってはくれず、来年にはメガネの宣告を受けるかも知れません。

今年初めて眼科受診の紙をもらった方には、まだ大丈夫かな?と油断せずに専門医を訪ね、定期的に検診を受けていただきたいと願います。

そして視力の低下原因が、病気以外の場合、早めに当センターのご相談会、トレーニングをお勧め致します。


来年も笑顔で今年より良い報告が聞けるように
「メガネいやだ!かけたくないもんっ」とトレーニングをしている頑張り屋さんたちに
応え、支えられるように私も頑張っていきたいと思います。(み)




近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターへの資料請求はこちらからどうぞ!!



『早起きを楽しく、習慣化しよう!!』
2011年05月06日 (金) | 編集 |
■早起きはストレス健康法■
健康とは意思が強くて、体が元気な事です。
早起きは、眠気との闘い、冬から春は寒さとの闘いで、私たちにとってはストレスです。

でも、前日の夜、「明日は早起きして〇〇するぞ」と決意し、翌朝にしっかり起き、さらにそれを繰り返して習慣化させていく過程は、意志を強くさせます。
asa
「自分の体に早起きというストレスを人為的に与える事で、強い意志を養います。
さらに、生活が規則的になり体が丈夫になって、健康を増進させる事ができます」

と、”早起きは医療”の根拠を挙げている先生は多数いらっしゃいます。

■すっきり目覚めるコツは、レム睡眠のときに起きること■
人間の睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠からなり、2つあわせて2時間でワンセットです。
ノンレム睡眠は、脳が眠り、体は起きている状態で1時間30分。
レム睡眠は体が眠り、脳は起きている状態で30分


朝
目覚めるのにふさわしいのは、レム睡眠に入った時で、この時には脳が活動していて、聴覚もあるので、目覚まし時計の音でラクに起きられます。

つまり、眠りに入って90分単位で起きるのが、スッキリ目覚めるコツです。
横になった途端に寝てしまう人は別として、そうでない人は10~20分プラス
して考えると良いでしょう。

視力回復には、充分な睡眠をとる事も大切な要素となります。
皆さん、質の良い睡眠をとり、気持ちの良い朝を迎えてください。(小)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


目の色いろいろ
2011年05月04日 (水) | 編集 |
目

目の色は各国の人によりさまざまです。

目の色は虹彩という部分のメラニン色素の量によって変わってきます。

虹彩の色は遺伝性の身体的特徴であり、主にその表面にある色素に由来し、人間やその他の動物は虹彩の色に関する表現型に変異を示します。

人間の目の色のバリエーションは虹彩の中のメラニン細胞が作り出すメラニン色素の割合によって決定されます。

上皮細胞の色素、虹彩のストロマに付着するメラニンとその細胞の密度が色を構成する3つの要因です。

日本人の多くは濃いブラウンで、最もメラニン色素が多い色でもあります。最も多い色であり、どんな人種にも見られる色です。

個体差もありますが、アフリカ系、アジア系のヒトのほとんどは濃いブラウンで、「黒」と見られる場合も多いです。

日本で、「目が黒いうちに」と言われるのは、日本人のほとんどは濃いブラウンの虹彩であることに由来します。
明るいブラウンのヒトも多いが、濃いブラウンほど多くはないようです。

メラニンとは、太陽光線に含まれる有害な紫外線などから私たちを守ってくれている大切な色素です。

目以外に肌、髪などにもあります。

一般に、虹彩のなかのメラニン色素の量が多いと茶色となり、少ないと青色になるといわれています。

日光の照射率が高い国では、紫外線から守るために、虹彩内にメラニン色素が大量に蓄積され黒色や茶褐色の目になります。

反対に、日光の照射率が低い国では、虹彩内のメラニン色素の量が少なく、青色などの薄い色の目になるといわれています。
また、同じ人でも、メラニンの生成量が少なくなったり、日光の照射率が違う土地へ住むと、目の色も変わってくるそうです。

メラニンの生成量が、環境により異なってくるのです。

ブラウンや青以外に他の目の色もご紹介しましょう。

●ヘーゼル…アメリカ、ヨーロッパ

●アンバー(黒目)…日本

●グリーン…北ヨーロッパ、南ヨーロッパ、中東、中央アジア、スウェーデン、
      デンマーク、ノルウェー、オランダ

●グレー…ロシア、フィンランド、バルト海沿岸の国

●ブルー…北ヨーロッパ、アイルランド、ドイツ、イギリス、オランダ、オーストリア、
     ポーランド、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド

●ヴァイオレット…ごく、まれに出現

●レッド…全人類の人口の0.001% (井)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


目への作用が注目される成分と食べ物
2011年05月02日 (月) | 編集 |
食品中に含まれ、目への作用が注目される成分には、
ブルーベリーなどに含まれているアントシアニンやカルシウムは有名ですが、ほかにもキチン・キトサンやポリフェノールがあります。また、目の組織成分として存在するコラーゲンやコンドロイチンも見逃せません。寒い季節、食事に取り入れ、たっぷり栄養を摂りましょう。

キチン・キトサン
キチン・キトサンはカニ・エビ・シャコなどの殻や貝殻、イカの軟骨などに含まれる動物性の食物繊維です。
食物繊維として安全性が高く,病原性細菌に対する抗菌作用や、有害物質を吸着して対外に排出するなど、免疫力や自然治癒力を高める効果があることが明らかになったため注目されたのです。
目についても、白内障や眼精疲労などによって起こる視力低下を改善させたり、細菌やウイルスを原因とする目の病気を予防する作用が期待できます。家庭でもひと工夫すれば手軽に摂取できます。例えば、小エビなどは殻のまま油で揚げたり、炒めればそのまま丸ごと食べられます。

ポリフェノール
ポリフェノールは、植物が光合成を行う際にできる化合物の総称です。種類は多く、フラボノ-ル、カテキンなどがよく知られています。
ポリフェノールは優れた抗酸化作用が生活習慣病の予防と改善に有効であることがわかってきたため脚光を浴びるようになりました。ポリフェノールは目にも大変よいのです。
ポリフェノールを多く含む食品や嗜好品には、春菊・小松菜・ほうれん草・ブロッコリー・玉ねぎ・赤ワイン・緑茶・ウーロン茶・ココア・チョコレートなどがあります。しかし、ワインはアルコールであり、砂糖を入れたココアやチョコレートはカロリーが高いです。十分考えて摂取することが大切です。

コラーゲン
コラーゲンのおもな働きは、細胞に酸素や栄養分を補給して機能を活性化させ、組織の老化を防ぐことです。
また、免疫機能を強化する作用もあります。
コラーゲンは水晶体や角膜、網膜に多く存在しており、コラーゲンを多く含む食品をすすんで摂取することは目の健康と老化を防ぎ、疲れた目に活力を与えてリフレッシュさせる効果が期待できます。
コラーゲンを多く含む食品には、鶏の手羽・牛すじ・うなぎ・カレイなどがあります。

コンドロイチン
コンドロイチンは、コラーゲンとともにからだの結合組織を構成する食物繊維の仲間です。
働きは多岐にわたっています。目に関しては、角膜や水晶体に作用して透明度や弾力性を高め、眼精疲労の改善や老化による病気の予防に効果のあることがわかっています。保水性を向上させる作用もあります。
現在では、目薬にも配合され、疲れ目やドライアイ症状の改善と予防に大きな役割を果たしています。
コンドロイチンを多く含む食品には、山芋・オクラ・納豆・なめこ・こんぶ・わかめ・のり・動物の軟骨などがあります。(森)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。