FC2ブログ
学校の席順と視力の関係
2011年08月31日 (水) | 編集 |
もうすぐ新学期ですね。新しいクラスになって席順が変わる時、あの子の隣の席になりたいとか、教室の後ろの方だと黒板の字が見づらいなどと、希望の席になりたい人も多いと思います。ここ最近は、視力の悪い児童を優先的に前の席にしている小中学校が多くなっているようです。

お子様が通われている学校で希望の席に出来ず、黒板の字が見づらい場合は、目を細めるクセがついてしまうので無理はせず、メガネを掛けることをおすすめします。(メガネは必要に応じた使い方で使用しましょう)



無限大の距離から来る平行光線(景色)が、正しく網膜(黄班部)にピントを合わせられるのが正視、それよりも前方にピントが合うものが近視、また逆に後方にピントが合うのが遠視と言うのですが、視力が1.0以上あれば正常だと思っている人が大半を占めるのではないでしょうか。決してそうとは言い切れません。では視力1.0とは何か、正常視力とはどういうことなのかを説明しましょう。


視力の0.8とは、5mの距離で1.0のワが認識できず、4mに近づいて見えるという意味で、同様にして3mなら0.6、2mなら0.4となるわけです。ですが、いちいち近づいて距離を測るのは大変だということで、代わりに、ランドルト氏環をその割合で大きくして0.6、0.4、0.2などを作り、皆5mから測るという、現在使用している視力表が作られました。

ところが、たいていの日本人の視力は、白人の視力よりも優れていて、6mや7m離れても、1.0のランドルト氏環が見えます。よって20%優れた視力を1.2、50%優れた視力を1.5とし、それぞれの割合で小さくしたランドルト氏環を加えました。外国映画などで視力表を見る機会があれば、気を付けて見てみて下さい。欧米の視力表には1.2や1.5は無いのです。

では、視力の1.2や1.5が正視か、というと必ずしもそうとは限りません。視力2.0の視力の人がごく軽い近視になっていて1.2に下がった時などは、1.2が見えても正視とは言い難いのです。放置しておけばたいてい必ず1.0、0.9、0.8、…と下がっていくのです。
(高円寺眼科 陸田博 著『あなたにも近視が治せる』より)
(加)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

利き手(腕)と利き目
2011年08月29日 (月) | 編集 |
「利き手」と「利き目」について質問を受けることがあります。
医療や人体については、利き○○ というのは、現時点でも仮説で完全な立証はされていません。
日本人の70%は、右が利き目らしいです。簡単な判別の仕方は、カメラのファィンダーや顕微鏡をのぞく側の目ということになります。

利き目からの情報は、より早く脳に伝わると言われています。その反対の目は、その補足として使われています。

スポーツでは、利き目の機能は方向性を判断しています。
野球のバッターの場合
利き腕と利き目が逆の方が(右利きなら 利き目は左目というように)ピッチャーの投げてくる方向からの物体に対し見やすく、ヒットを打てる可能性が高くなると言われています。
右打ち  右が利き腕の右利き目の人は、右から左へ動く物体が確認しやすく、その物体を目で捕え、利き手でとったり、捕まえたりすることが容易。右が利き腕で左が利き目の人は、左から右に動く物体が確認しやすいというのは、すでに実証されている運動理論です。
つまり、利き目の方に近づいてくる動きに強いということです。
余談ですが・・・だから、日本の回転寿司屋は、右回転なんだそうです

動く物体が、その反対の場合 視野に入ってくるのが一瞬遅れるのと、中心点が掴み難いので苦手になってしまいます。

スポーツをしている方は、自分の利き目と利き腕の関係を知った上で練習すると良いでしょうね。
ちなみに
利き手と利き目が同じ人は、弓道や射撃など同一方の手と目を使うスポーツが得意、
利き手と利き目が異なる人は平均台や馬術などバランス感覚が必要なスポーツが得意な場合が多いそうです

では「利き目」の判定はどうするか。自分で調べる場合と他人を判定する場合を紹介します。
自分で調べる場合は、まず人差し指で何かを指さします。たとえば、室内の時計としましょう。このとき顔を傾けずに腕はまっすぐ伸ばし、顔の正面に人差し指をもってきます。両眼を開いたまま、フォーカスは時計に合わせます。そのままの姿勢で片眼を閉じます。もし、右眼で見て(左眼をつむっている)、両眼で見た場合とズレがないなら、右眼が利き眼です。逆の場合、左が利き眼になります。

次は他人を判定する方法です。たとえば子どもの利き眼を判定する場合、このホールテスト法が便利です。これは1円玉程度の小さい穴のあいたボール紙を子どもに持たせ、腕を伸ばして穴から判定者(つまりあなた)の両眼の間=鼻のつけ根を見るよう指示します。もちろん姿勢はまっすぐ。穴から子どものどちらの眼が見えましたか? 見えた眼がその子の利き眼です。(久)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ


目の雑学【人の視線】
2011年08月26日 (金) | 編集 |
ふと何か考え事をする時、あるいは何かを思い出そうとする時、
無意識に視線を上に向けてしまう…
そんな経験があるのではないでしょうか。

なぜ、物事を考える時、視線は上に向くのでしょう?

これは、人間にとって「目」から入ってくる情報が、かなり多いという事が
関係しているようです。

私たちは普段から、いろんな物を「見る」ことで周りの状況を把握しています。
目の前にいる人の顔や、風景などから、さまざまな情報を取り入れて、
それを基に脳が色々と判断し、行動しているのです。
ところが、物事を深く考えようとする時には、「目」からの情報が
思考の邪魔になります。気が散ってしまうわけです。

そこで、視線を上に向け、空や天井など、割と平坦で
何もない景色を見てしまう
これが、考え事をする時に上を向いてしまう理由のようです。


同じように、視線を足元に落としたり、目をつぶって考え事をすることもありますよね。
これもやはり、「目」からの情報を遮断し、思考に集中しようとしているのでしょう。


ちなみに、視線と思考の関係では、次のような面白い「説」があります。
考え事をしている時、右に視線が行くと「言葉」を思い浮かべていて、
左に視線が行くと「絵やイメージ」を思い浮かべている、というものです。
これは「言語脳」と呼ばれる左脳が働くと、
左脳の支配する右半身が動きやすくなり、「イメージ脳」と呼ばれる右脳が働くと、
右脳の支配する左半身が動きやすくなるからだそうです。

ただ、これはあくまでも「説」であり、正しいかどうかは明らかではありません。
でも、話のネタにはなりそうですから、知っておくと面白いかもしれませんね。(増)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ


目=パスポート?!
2011年08月24日 (水) | 編集 |
夏休みも残りわずかになりましたが、宿題は終わりましたか?たのしい思い出はつくれましたか?
私は、お盆休みで海外旅行へいってきました。海外旅行での出入国の手続き、面倒ですよね。
それが[虹彩認識]という技術で目がパスポートになるようなのです。

虹彩」は、目の瞳孔のまわりにある色のついた部分です。
この「虹彩」をよく見てみると、こまかい模様がついていて、そのパターンは人それぞれ、まったく違っています。
なんと、一卵性双生児であっても、「虹彩」のパターンは違うのだそうです。
その特異性は、よく知られる「指紋」よりかなり高いと言われています。
そして、この特性を利用して、個人を識別する「生体認証」に目の「虹彩」を使う技術が開発されているわけです。
ここまで書くと、こう言い出す人がいるかもしれません。
「ああ、知ってる。映画で見たことがある。顔を装置に近づけたら、目に光があたって、それで鍵が開いたりするやつだろ」
いいえ、違います。それは「網膜スキャン」まったく違う技術なんですよ。
網膜スキャン」は、目の奥にある網膜の血管のパターンを調べて個人を識別するもので、やはり正確性は高いのですが、いちいち装置に顔を近づけて、目に光を当てなければならないのが、大きな欠点になっています。

それに対して「虹彩認識」は、数メートルほど離れた場所からでも、カメラを見るだけで「認証」が可能な技術です。登録した虹彩画像と、本人の虹彩を瞬時に比較し、本人かどうかを判断するわけです。眼鏡をかけていたり、コンタクトレンズをしていても、その認識能力はほとんど落ちないそうですから、便利ですよね。
すでに実用化も進んでいます。オランダやイギリスでは、虹彩認識をつかった出入国手続きが空港で行われています。
将来的には、パスポート無しで出入国ができる時代になるのではないかという人もいるぐらいなんです。

どこの空港でも、ちらりとカメラを見るだけで、そのまますっと海外へ出かけていける⋯。そんな時代が来るのは、そう遠くない未来なのかもしれませんよ。(入)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ

残りの夏休みの注意点!!
2011年08月22日 (月) | 編集 |
【外遊びやスポーツをしましょう】
児童における近年の視力低下の原因として、子供達の遊び方が以前と随分変わって きていることが挙げられます。外遊び中心から室内遊戯へと移行したことが、大きな要因と考えられています。常に室内で過ごしていると、遠いところを見る機会が減り、逆に近くばかりを見る生活になってしまうからです。夏休みは、健康な身体と視力を  維持させていくために、屋外での遊びやスポーツを楽しみましょう。

【熱中症には注意しましょう】
帽子をかぶり、小まめに水分を摂取すると熱中症を予防することが出来ます。万が一、熱中症にかかってしまった場合には、日陰やクーラーが入っている涼しい所で横になり、安静にしましょう。アイスノンや冷たく濡らしたタオルで脇の下や首を冷やして下さい。更に、水分(スポーツドリンク)を何回かに分けて少しずつ摂取しましょう。
※応急処置を行っても、気分が良くならない場合や意識がハッキリしない場合は、医療  機関に行きましょう。

【宿題は溜めずに計画的に行いましょう】
夏休み期間中は、通常より宿題の量が多くなるかと思います。一気に行って目を酷使するのではなく、計画的に行い、間に休憩や目の健康体操を入れましょう。

【テレビの見方に気をつけましょう】
画面が大きくなればなるほど、やはり視力にも影響が出やすくなりますので、まずは適正視距離を工夫しましょう。
そして、「ながら見」をやめましょう。特に興味が無くても、何となくテレビの前にいることはありませんか?
そんなときは席を外すか、テレビの方に顔が向かないよう、完全に背中を向けてしまいましょう。
30分に一度は休憩を入れることが大事です。目の健康体操やソニマックをしたり遠方を見たり、目の疲れを取ってあげましょう。

【本の読み方やゲームに気をつけましょう】
読んだり、やったりしてはいけないとは言いませんが、時間をきちんと決めて、本やDSのような小型ゲームでは、目との距離を正しく保ちましょう。中途半端なところで時間が来ても、ぐっと「ここまで」と心を決めましょう。また、テレビよりも目の疲れは大きいため、休憩は15分に一度が理想です。気づかない場合は、タイマーをかけてもいいかも知れません。終わった後は、目をいたわることを忘れずに。

【体操や休憩をいつもより多めに行いましょう】
 夏休みは、普段より自由な時間が取れる分、目を使う時間も多くなってしまいます。その分休憩を多くとる必要があります。ソニマックをお持ちの方は、普段より多めに行って下さい。

【なるべく訓練は早い時間帯に頑張りましょう】
 訓練は、目も身体も疲れていない状態で行った方が、より効果的に調節力が発揮出来ます。普段学校がある日は、なかなか朝の訓練も行いにくいですが、時間の融通がきく夏休みはチャンスです。ぜひ頑張ってみましょう!
(加)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ

長野県のこどもは早起き???
2011年08月19日 (金) | 編集 |
お盆が終わり、地域によっては2学期がが始まっているところがありますね。
夏休み中、生活のリズムが乱れませんでしたか?朝、しっかり起きられますか?

これは長野県のお話です。

県教委が公表した県内小中学生の生活リズムや食に関する実態調査で、子どもたちの起床時刻が2007年度の前回調査より早まっているという結果が出ました。

調査は、県学校保健会栄養教諭・学校栄養職員部会が昨年7月に実施。県内の全国公立小中学校を対象に行い、小学5年生2万172人(回答率97・2%)と中学2年生1万9131人(同92・9%)が答えました。

起床時刻を聞く問いに「午前6時前」と答えた小5は全体の22・8%で、前回調査に比べ9・5ポイント上昇。中2は31・2%で同5・1ポイント上がった。午前6時29分までに起床する小5は全体の63・5%、中2で70・3%に上ったそうです。

教育現場からは「『朝食を食べる子どもの方が学力が高い』と盛んに言われるようになり、生活のリズムを見直す家庭が増えたのではないか」(北信地方の小学校教頭)、「不況の影響で早朝から仕事に出る保護者が増えたためではないか」(中信地方の小学校教頭)といった見方が出ています。

教学指導課によると、以前から長野県内児童の起床時刻は全国平均より早いようです。

9月から新学期が始まる人は、残り10日で生活のリズムを取り戻しましょう。(森)
花火の楽しみ方
2011年08月17日 (水) | 編集 |
もう花火大会の季節が到来しているのですが、気まぐれな天気のせいか、あまり夏を感じられなかったり、ピンポイント豪雨があったりして今年は花火を見るのにも一苦労ありそうです。

そもそも花火(はなび)というのは、火薬と金属の粉末を混ぜて包んだものに火を付け、燃焼・破裂時の音や火花の色、形状などを鑑賞するためのものです。
火花に色をつけるために金属の炎色反応を利用しており、混ぜ合わせる金属の種類によってさまざまな色合いの火花を出すことができます。英語では、fireworksといいます。
直訳すると「火の作品」ということになるのでしょうか?

素晴らしい発達を遂げてきた日本の花火。今日はいつもの花火大会とは違った花火の楽しみ方をご紹介しようと思います。
花火競技大会での審査基準を知って、いつもと違った花火大会を楽しんでみましょう。

単発で打ち上げられる割物花火(わりものはなび)の鑑賞ポイント、つまり花火のどこを観て良し悪しを判断するか?の基準には以下の各点があるとされています。

【玉の座り】たまのすわり
 美しい花火に開くためには「玉の座り」が大切で、発射された花火玉が空に昇り詰め、ちょうど上昇力を失い、落下に移る瞬間の静止状態(座った)にあることです。この一瞬で破裂することが理想的とされます。これより早くても遅くても、玉の運動方向(上昇、または下降)に星が偏って放出され、美しい球形に開くことができません。

【割り口】わりくち
 玉が座ったところで点火し、星が一斉に飛び散る瞬間のことを割り口(わりくち)といいます。すべての星に同時に火が付いて均等に飛び散らなければなりません。

【盆】ぼん
 「盆(ぼん)」とは玉が開いたときの形で、どれだけ均整のとれた綺麗な球形に見えるかが良い花火のポイントです。またその開発直径は基本的には、玉の号数でだいたい決まっていますが、開いたときの花火の直径が大きい=盆が大きいことも良い花火の条件となります。また盆の大きさや星の飛ぶスピードなどには作家の個性が表れるところです。たとえば同じ盆の直径でも、瞬間的にすばやく開発する玉はとても男性的で豪快ですし、対照的にややゆっくりと大きく開発する玉は、女性的で優雅なおおらかさを感じます。

【肩】かた
開花した後、星が一直線にきれいに放射状に飛ぶのが良いとされ、「肩の張りがいい」といいます。

【抜け星 星が泳ぐ】ぬけぼし、ほしがおよぐ
 いくつかの星に着火せず、そこだけ黒く花弁が抜けてしまう場合があり、抜け星(ぬけぼし)と呼んで減点対象となります。また星がいびつ、あるいは表面の燃焼が均等でない等の理由で軌跡が曲がってしまったり、蛇行したりする場合も「星が泳ぐ」といって減点されます。ただし最初から星が不規則な運動をする設計の「遊泳星」の場合はこの限りではありません。

【変化】へんか
 「変化」とは玉が開いている間の各星の色や形態の変化の具合です。やはり色合いに加えて変化の足並みが揃っているほど良く、均一な星づくりがされている証です。

【消え口】きえくち
 すべての星が一斉に吹き消すように消えるものが(消え口が揃う)が良いとされます。消え口の良い花火は鮮やかな余韻を残し、また強烈な印象を心に焼き付けます。
 消え口が揃うとともに「どんな消え方をしたか?」でも印象は変わってきます。たとえば一斉に吹き消すように、ふっと消える星は、強烈な印象を残し、男性的でいさぎよさを感じさせますし、2段階くらいでピカピカッと消える場合、あるいは芯星と親星の間にわざと時間差をおいて順に消えたりする場合は、一種の「切なさ」や「はかなさ」を感じさせてくれます。こうした点も花火職人の個性による解釈の違いでさまざまな消え方が考えられるようです。

【割黒、黒玉】わりぐろ、くろだま
 割火薬に点火し、星が一斉に飛び散りますが、この時、一部またはほとんどの星に着火せず花火の形に見えないとき、割黒といいます。また内部の割火薬や星にも着火せず上昇した玉がそのまま落下した場合を黒玉といいます。いわば不発玉というわけです。いずれも危険なので大会終了後は念入りに捜索されます。
割り物花火


観戦場所のポイント

花火通、特に写真撮影も目的にする者にとっては風向きが絶対条件になって来ますが、場所的に可能であれば、逆風は避けた方がベターです。煙で花火が全く見えなくなるケースも多いですから。トイレの場所、数もチェックしておきましょう、観覧場所も開始前の人数も少ない頃に、ここと決めても、開始寸前ともなると、大挙観覧者がおしかけ、状況が一変する事もあり、せっかくの祭りが、あとの祭りにならないよう、特に前面の状況予想を睨んでおきましょう。なだらかな、河川敷きの法面などは最高でしょうね。平地であっても花火は通常、空高く揚がりますので距離的に近い観覧場所なら、前方に多少の余裕があれば充分でしょう。
あと会場内ライトが最近、保安対策で過剰とも思える大会も目に付きますが、視界に入る照明ほど邪魔で花火鑑賞の妨げになるものはありません、最近では重要なチェック項目です。
   
節電の影響などもあり、今年は花火大会なども例年に比べ少ないようですが、その分ひとつの花火大会に集中する観客数も例年に比べ増えることと思います。
熱中症などの十分な対策を考えたうえで、思い出に残る花火大会を満喫してくださいね。(鮫)




近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



お知らせ
2011年08月15日 (月) | 編集 |
お盆休みのお知らせ

本日8月15日(月)~19日(金)

全センターお休みです。

期間中、お電話でのご予約、受付は行っております。

休み明けの土曜、日曜日のご予約ご希望の場合は、

サマーキャンペーン実施中に付き、

大変込み合いますので、早めのご予約をお勧めいたします。


ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


まだまだ暑い日が続いておりますが、熱中症予防にもご注意ください。(たま)





近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

軸性近視の視力回復
2011年08月12日 (金) | 編集 |
ネットを見ていたら、とある視力回復関連サイトにたどり着きました。




その中にちょっと気になる記述がありました。それは要約すると




「軸性近視は眼球が伸びているので、毛様体筋のトレーニング




を行なっても意味が無い」というものです。




また、「外眼筋を鍛えることで伸びた眼球を筋肉で引っ張り



のびた眼球を縮めれば視力が回復する」などとも書かれていました。




残念ながらどちらの話も間違っています。




まず、軸性近視でも毛様体筋の異常緊張はあるわけで、



それを解消してあげれば視力は回復します。



眼軸が伸びてしまっているので、1.0とかそこまでの



視力回復はできません。0.02を0.1とか0.2にする、



というのが限界です。

recovery_img02.jpg



また、外眼筋はあくまでも眼球を360度動かす




ための筋肉で、あくまでも「横」の動きです。眼




軸を縮めるためには「縦」の動きをしないといけ




ません。これも不可能です。



意図的かどうかはわかりませんが、こうした間違




った情報を掲載しているサイトにはご注意を!




視力回復のためには正しい情報を見極めることが大切ですよ。()



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




ブログランキング参加中!クリックしてね!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ
レーシックその後・・・
2011年08月10日 (水) | 編集 |
メガネやコンタクトレンズでは煩わしく、レーシック手術を考えていらっしゃる方は多いと思います。
そこで今回は、レーシック手術を一年ほど前に受けた方のお話をご紹介します。

今ではメガネ無しの生活をしていますが、予想外のことが起こったそうです。

それは、スキーに出かけた際に、紫外線に弱くなったと感じたようなのです。
雲一つない快晴だったので、ゴーグルではなくサングラスをかけて滑ったところ、まもなく視力が
落ちてきて、午後には眼を開けられない「雪目」になってしまいました。

幸い症状は一晩で回復し、翌日ゴーグルに変えたところ症状は出なかったそうですが、
レーシックを受けたプロゴルファーが同じ症状で1ラウンドも回れなかったと言う話もあるそうです。

レーシックは角膜を削るので、その分紫外線に弱くなるのでしょう。

日常生活に不便はないようですが、レーシック手術を考えているスポーツ愛好者の方は
事前によく相談、検討していただきたいと思います。(桑)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

ワックとは
2011年08月08日 (月) | 編集 |
株式会社ワックで製造されている、両眼視簡易検査器のことです。

本来、メガネやコンタクトの処方前に、検査器の中の風景を5分間見ると、
凸レンズの作用でより見づらい状態(雲霧法)が起き、遠近にピントを合わせる眼の筋肉の緊張が解かれ、水晶体の調節が取り除かれることで、近視や潜伏(隠れた)遠視を調べる機器で、もともと視力の回復用に作られたものではないのです。
また、検査器の中は1mくらいで、擬似的に遠方をみているつもりなだけで、実際は本当に遠くを見ている訳ではありません。

当センターの視力回復トレーニングでは、個々人の目の状態に合わせた雲霧法や水晶体体操法(近くと遠くを瞬時に見る)で、実際に遠方(2.5m~5.0m)を毎日1回約10分間を2回~3回見ることで、眼の筋肉の緊張をより効果的に解き、ピントを合わせる力を鍛え、近視の進行抑制と視力回復につなげています。(ち)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

目と心に優しい色彩
2011年08月05日 (金) | 編集 |
8月に入り、そろそろ帰省される方も増えてきます。
都会にいると、なかなか遠くの景色を見る・・・という機会が少ないお子様も「田舎に行くとたくさん遠くが見れるし,自然があるから緑をいっぱい見れるよ」という声。
遠くを見ることが良いのは勿論、確かに緑を見ると、目に良いといわれます
その理由には、緑の色彩の波長が、人の目(網膜)に負担をかけない最も適しているからだと言われています。
人は、緑色を見るのに労力を要さないので長時間、緑に囲まれていても疲れることはなく、集中力を保つことが出来ます。
これが、ビリヤード台・黒板・野球場など集中力を要する場で緑が多様されている理由のようです。
また、アイレストグリーンともよばれ、目を休める色として(目の疲れを和らげる目的で)部屋に観葉植物を置いている人もいるそうです。


そして・・・心理的効果もある緑色
緑には血圧を整え、リラックスさせる働きがあります。
この緑の色をむしょうに身につけたくなった時は、心理的な安らぎや疲れから逃れたい気持ちが強くなった場合だと言われています。人間の脳は、無意識で勝手に動いている部分が大半で、その部分が無意識のうちに発したシグナルとして現れたのが、緑なのかもしれません
緑を身につけたい、また緑を見たいなどと思う時は、自分の気づいていないところで、体や心が悲鳴をあげているのかもしれませんね。
日頃、勉強で目を酷使しているお子さん、また毎日仕事でパソコンに向かっている方、休日には是非 緑に触れる機会を作って、目も心もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか

雑学・・・
アメリカやインドには色を使って治療をする医師がいます。
緑色には老廃物を取り除く作用があるようで、血のかたまりを溶かしたり、ただれやはれもの、潰瘍の治療にも成功しているそうです。(久)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




メガネの歴史
2011年08月03日 (水) | 編集 |
メガネが無かった昔でも、人は歳をとれば老眼になり、また近視や遠視、乱視の人もいました。 メガネが、いつどこで誰が発明したのかは正確にはわかっていません

レンズの原型は紀元前3世紀にまでさかのぼりますが、 当時は火をおこすための神聖な道具として用いられており、 ものを拡大して見る、という用途には使われなかったようですそのレンズが、初めてメガネとして使われるようになったのが、 13世紀の半ばから後期にかけてのイタリアではないか、と言われています
高価な水晶や緑柱石を磨いて作られていたレンズが、 イタリアのベネチアで発達したガラス技術によって生まれ変わり、 ヨーロッパ中に広まっていったのです。

そして最初は老眼用として単眼の凸レンズ、今で言う虫眼鏡の原型でしたが、 程なく両眼用として二つのレンズを使う今のメガネの原型が誕生したのです。 近視用の凹レンズが作られるようになったのは16世紀になってから、 乱視のレンズの誕生はそれよりずっと遅れて19世紀の初め頃と言われてます。

メガネを日本に初めて伝えたのは、1549年に日本に渡って来たキリスト教の宣教師フランシスコ・ザビエルです

現山口県の大名・大内義隆に贈ったメガネが日本最古のものと考えられています。 ザビエルに続いて日本に渡って来た宣教師たちも、時計、鉄砲などヨーロッパの珍しいもの と共にメガネを大名への贈り物にしました。 そしてメガネを贈られた大名や家臣の話を聞きつけた他の多くの大名やお金持ちが ヨーロッパからわざわざ取り寄せて少しずつ広まっていきました。
日本で最初にメガネが作られたのは江戸時代水晶のかざり玉を作っていた職人が、見よう見真似で水晶を磨きレンズを作って商売をはじめたようです。 当時は高価で、とても庶民の手に入るものではなく、大名など限られた人しか手に出来なかったようです。
明治になり、政府の勅命を受けた朝倉松五郎という人物がヨーロッパでメガネ作りを勉強し、 新しい機械と技術を日本に持ち帰りました。 それ以降は日本でもメガネが安く作れるようになり、一般の人々にも普及していきました。(山)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



いろいろな動作を
2011年08月01日 (月) | 編集 |
昔の子供たちには野原や空き地にも恵まれ、遊ぶ時間もたっぷりありました。
時代と共に子供たちを取り巻く環境は大きく変化し、幼稚園、小学校からの塾通いや受験、遊びもテレビゲームや携帯型ゲームなどが主流となり室内に閉じこもって遊ぶ子供が少なくありません。
また外で遊ぶ環境が少なくなったこと、様々な事件なども外で遊ばなくなった要因になっているのでしょう。

文部科学省などの調査では子供の体力・運動能力は1985年ごろから徐々に低下傾向にあると言われており、運動不足や姿勢の悪さが原因で、すぐ疲れる、階段を少し上がると息切れがする、肩がこる、腰痛など、こういった症状を訴える子供たちが増え、大人さながらにマッサージや整体通いの幼稚園児や小学生も増加しているようです。また身体の不調だけでなく、やる気や集中力の低下、うつ傾向などの問題も着目されています。

体力づくりには筋力、持久力だけでなく、体の動きを上手に且つ効率的に使う能力(敏捷性・平衡生・巧緻生)調整力も大切な要素です。
頭の考えに体の動きがきちんとついていく、危険物をとっさに避けることができるなど、脳・神経・筋肉などが連動した調節力は10歳前後でほぼ完成の域に達してしまうと言われていますが、普段からいろんな動作をしている人ほど体力や運動神経の衰えは遅くなるそうです。

子供にとっての運動は成長、発達を促し体力をつけさせるだけでなく、疲労の回復力や危険物から身をかわす敏捷性の向上、成人病予防に繋がります。またストレス解消や健全な心の発達にも欠かせないものです。

神経系の発達が盛んな幼児期から小学校高学年までは、遊びを含めた多様な身体運動に取り組ませてあげたいものです。

身近にできる多様な動作というと子供たちに家事の分担をしてみるのもいいのではないでしょうか。
家事も立派な運動になります。雑巾をしっかり絞り、力を入れて拭き掃除をする、布団の上げ下ろしなど様々な身体運動になります。

夏休みは日常生活の中での体力づくりに挑戦してみてはいかがでしょうか。


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。