FC2ブログ
最初に視力を持った生物は?
2011年10月05日 (水) | 編集 |
三葉虫(さんようちゅう)は、
古生代にのみ生息した節足動物で、
最初に視力を持った動物のひとつと言われています。

三葉虫はなぜ他に先駆けて視力を持ったのか。
餌をさがすためではありません。
三葉虫は海底の泥から養分を得ていたからです。

三葉虫が視力を持ったのは
彼らを食べる生き物の出現と関係するといわれています。
敵を見つけて逃げることに長けたり、
固い殻で身を守ったり
生き延びるために自らのカタチを変えることによって
三葉虫は1万の種族を擁して
古生代末期まで生き延びることができました。

環境に応じて進化することに神秘を感じます。(崎)

三葉虫 イラスト


「近視・遠視・弱視でお悩みの方、
 東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。」