FC2ブログ
目薬の保存方法について
2011年11月18日 (金) | 編集 |
目薬を冷蔵庫で保存されている方も多いと思いますが、
一般的な目薬は、特に記載が無ければ常温保存でOKです。

冷蔵庫で冷やすと…
夏場は、室内と冷蔵庫の温度差があるため結露したり
冷蔵庫の入れる場所によって凍ってしまうこともあるので
逆に品質が悪化する可能性があります。

また、冷やして点眼した時に
ひんやりと冷たく感じて気持がいいですが
炎症がある時やドライアイがあると
刺激になる事もありますので注意が必要です。

市販の目薬の中には
冷蔵庫で保管できることが明記されている商品もありますが
それ以外は冷蔵庫に入れない方が無難です。

特に指示がない場合は、
直射日光が当たる場所や高温になる場所を避けて保存します。


また、目薬によっては
遮光保存の表記がある物もあります

これは、光によって目薬の成分が変質したり
効果が弱まってしまう恐れがあるため
半透明や色付きの袋に入っています。

この袋によって、目薬の品質が保たれますので
使用後は、必ず専用の袋に入れるようにしましょう。


使用期限内でも…濁りや浮遊物があったり、変色している場合は
 すぐに使用を中止しましょう。

救急箱に保管する際も、匂いが強い湿布と一緒に保存すると
 芳香成分が吸着する恐れがありますので注意しましょう。
(これらの他に医師の指示がある場合は、そちらに従いましょう。)(塚)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ