FC2ブログ
ゲームのやりすぎにご注意を!!
2011年12月29日 (木) | 編集 |
クリスマスプレゼントやお正月のお年玉で新しいゲームソフトを購入したという話をよく聞きます。
テレビゲームはセンターへの問い合わせで、近視の原因で思い当たることにも多くあげられています。

なぜゲームをしていると視力低下に繋がってしまうのでしょうか?

●携帯用ゲームの場合、目との距離が30cm前後と近い。
●瞬きをする回数が減ってしまう為、眼に必要な酸素と栄養が届かなくなる。
●携帯用ゲームは車や電車で行うと、焦点を変えるために過度の負担が眼にかかる。
●眼球をあまり動かすことが無いため、眼が運動不足の状態になってしまう。

以上のことが考えられます。

携帯型ゲーム機は、寝転がった姿勢でゲームをしてしまうことも多く、やはり眼に近くなりやすいです。
休みに入って、昼間からあまりにもゲームに熱中しすぎて、夕方部屋が暗くなるのも気づかずにゲームをやり続けているという話も聞いたことがあります。

生活改善のお話でテレビゲームはテレビの3~4倍眼を疲れさせるとお伝えしていますが、距離が近い分それ以上に携帯型ゲームは疲れが出やすいと考えられます。

このような生活を続けた場合、視力の低下だけでなく『VDT症候群』を引き起こす原因にもなりかねません。
パソコンやテレビゲームなどの表示画面を持った情報端末の事を「VDT(Visual Display Terminal)」といい、これらが引き起こす眼の病気をVDT症候群と呼んでいます。

現代のゲームは昔のゲームと違って、とても鮮やかな画面で動きも激しいため、長時間の使用は負担になります。画面を長時間凝視することによって、瞬きの回数は普段の4分の1に減ってしまい、その結果涙の分泌量が減るために眼が乾き、ドライアイや眼の痛み、充血、かすみ、視力低下などさまざまな視覚系症状を引き起こします。

また、眼だけでなく、首や肩の凝り、腕の痛み、手や指の痺れなど骨格系、イライラ、睡眠障害など神経系の症状も出てきます。このような症状を悪化させない為にも眼を酷使することを避け、ゲームをする時は30分以内と時間を決めて、15分に1回は休憩を入れるようにしましょう。

ゲームは眼に悪いからやめましょう、ということではありません。

ルールを作って目に負担のかからないよう気をつけて下さい。

みなさまよいお年をお迎えください。(森)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ

乾燥に負けるな!!
2011年12月27日 (火) | 編集 |
ここ最近寒さを感じるようになり、冬物の上着も活躍するようになりましたね

風邪の季節にもなりますので手洗いうがいを徹底し予防を心がけましょう


寒くなってくると、ついつい暖房に頼り、過ごすことが多くなると思います。
室内で遊ぶことが多くなると、ゲームやTV、読書等、好きなことをして過ごすことでしょう…


暖房の効いた室内は乾燥している上、好きなことに熱中していると瞬きの回数が減り、
涙の分泌が少なくなるので、加湿器等を使って乾燥から目を守りましょう


余談ではありますが、加湿器の置く場所と快適に過ごす湿度について
参考にして頂ければと思い紹介します


まず、置く場所は暖房器具の対角線側がベスト

暖房の風が吹き出し口から直接あたる真下に置くと温かい空気を感知してどんどん加湿をしてしまい
湿気が多くなってしまうのでバランスよく湿気を部屋に循環させるには下から上に流すのが効果的

ちなみに、石油ストーブは石油を燃やすときに水分も排出されているので加湿器は置かなくても
OKだそうです

次に湿度ですが、快適に過ごす湿度は40%~50%くらいがベストでお肌に快適なのは60%(^O^)
ただお肌には60%がよくても、家には60%だと窓が結露に覆われてしまい、湿気が多すぎてしまうので
家には40%くらいが適切のようです。


読書・お絵かきなど近くの作業やゲームやテレビが増えると視力低下に繋がりますので、
30分に1度は休憩を取るようにしましょう
TVは離れて見るようにし、コマーシャルの間は眼を閉じて休憩しましょう(桑)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

視力回復!よろこびの声
2011年12月26日 (月) | 編集 |
graf.gif


kansoubun.gif



毎日のトレーニングを頑張りました。


メガネの度を強くすることなく視力が伸びています。


大好きなサッカーを、ずっと裸眼でできることが拓海くんの目標です。(番)



「近視・遠視・弱視でお悩みの方、
 東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。」




ブログランキング参加中!クリックしてね!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ
いよいよ冬休み
2011年12月23日 (金) | 編集 |
今日から冬休みのお子さんも多いと思います。
約2週間のお休みですが、どうしても室内で過ごす時間が増えると思いますので、視力を低下させないために、上手に目を休ませてくださいね。

読書・勉強・・・・30cmの距離を保ち、30分に1度は休憩をします。
タイマーをセットしておくとよいでしょう。また30分ごとで、うまくお休みが取れない人は、読書の場合は、読む前に区切りのよいとこで「ここまで読んだら休憩する」と決めておくのもよいでしょう。勉強も同様で、ここまで終わったら・・・と決めておくと忘れずに休憩がとれるのではないでしょうか。

サンタさんにゲームをもらった人も要注意
DS・パソコン・・・15分に一度は休憩をします
読書・勉強と比べると、目の疲れは何倍も大きいようですので、1日当りの時間も1時間を越えないようにできると理想です。(パソコン用のフィルターを装着すると、更に疲れは軽減できます)
またゲームに関しては、DS(携帯ゲーム)よりは、テレビゲームのほうが距離が保てる点では良いのですが、やはり長い時間はお勧めできません。

何をするのにも、いつもより時間があるからと、だらだらとするのではなく、時間を決めてすることが大切です。
とくに年末年始は、テレビの特別番組もあり、つい見すぎてしまったということもあります。
ですから目を酷使したら、必ず休憩で目の疲れを取ってあげてください。
超音波治療器を持っている方は、上手に活用しましょう。

また眼を使った後の遠方凝視も効果的です。
3mくらい離れたところに視力表やカレンダー・文字が書いてあるポスターなどを貼っておきます。
目を使った後に、それらを見ることで、ピント合わせをする筋肉の凝りをとってあげることが出来ますよ。
是非、試してみてくださいね。


週末にかけて、かなり寒さが厳しくなるようです。
皆さんくれぐれも風邪をひかないように気をつけてくださいね。(久)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



カラス
2011年12月21日 (水) | 編集 |
人間社会の身近に生息するカラス。どこかユーモラスな変な鳥です。いま『黄色いゴミ袋』がカラス対策として
注目されていますが、なぜ効果があるのでしょうか


半透明のゴミ袋の普及とともに、生ゴミをあさるカラスの害も全国で増えてきました
くちばしでゴミ袋を切り裂いて、残飯の中から好物の肉類を器用に取りだすカラス。ちなみに野菜好きではないようです
都市部ではもっぱら人間のゴミを頼りにしているようで、豊富なエサがあればカラスの数も当然増えていきます。数百、時には千の単位で群れをなすカラスは、それだけで怖く感じられますし、大量の糞による被害も悩みのタネ。これを何とかしたいと、誕生したのがカラスには見えない『黄色いゴミ袋』です

 そこにエサがあると分かるから、カラスはゴミ袋をあさります。ならばエサが見えなくなれば、習性としてカラスは他の場所に探しに行ってしまうはずです

 この黄色いゴミ袋、黄色なら何でもOKというわけではなく、特定の黄色でないとカラスの目をだませません。

 「実はカラスというのは人間よりも優れた視力を持っています。人間は光の3原色(赤、青、緑)を組み合わせてものを見ていますが、カラスの眼は4つの色を組み合わせています。
 
 この黄色いゴミ袋を使うと、4つのうちのひとつの色を遮る効果があり、結果的にカラスの視力がガタガタになり、袋の中を見通すことができなくなるのです

 この「黄色いゴミ袋」は、人間よりも精度が高いカラスの視力を逆手に取ったアイデアと言えそうです
 既に東京都杉並区、大分県臼杵市でもカラス対策に効果のある推奨品として利用が始まっています

「エサが見つからなければ、確実にカラスの数は減っていきます。数が減れば、各地で問題となっているカラス害も自然と解決されていくのではないでしょうか」

 海外では「死のイメージ」と結び付けられることが多いのですが、日本ではどこかユーモラスな存在です。古事記に登場する神話の鳥「ヤタガラス」(サッカー協会のシンボルマークにもなって有名)や、童謡「七つの子」のように親しまれてきたカラス。できれば敵対するのではなく、ほどほどの距離を置いて、付き合っていきたいものです



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

雪目ってご存知ですか?
2011年12月19日 (月) | 編集 |
最近、寒さが本格的になってきましたね~
皆さん体調を崩されていませんか?
この時期は風邪をひきやすいので気を付けて下さいね。

そんな寒さの中、先日スキーに行って来ました!
久しぶりのスキーでしたが、身体がボロボロになって帰ってまいりました・・
やっぱり日頃から運動をしないと駄目ですね

ところで皆さんは雪目ってご存知ですか?
スキーやスノーボードなどで雪山に行く人には是非、
知っておいて頂きたい事です。

症状としては目が痛い、充血する、まぶしい、涙が止まらない、といった事があります。
日中は症状がなく夜になって急に目が痛み出し、
目が開けられなくなるので、あわててしまうことが多いのです。

原因は雪面による太陽光の反射により黒目の部分が炎症を起こしてしまう事です。
この病気は太陽光の紫外線が原因であり、長時間強い日射しの中で過ごした
方にも同様の症状が見られます。

ただ、UVカット加工したゴーグルやサングラスを使用し
紫外線対策を行えば簡単に防ぐ事が出来ますのでご安心ください。

身体のことを考えながら、この冬も楽しく過ごしたいですね。(西)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

次世代コンタクトレンズ
2011年12月16日 (金) | 編集 |
コンタクトレンズに文字やイメージを映すことができる次世代コンタクトレンズの試作品がついに動物で実験されたと発表されました。(ドラゴンボールのスカウターがコンタクトレンズになったようなことです。)
次世代コンタクトレンズを研究開発しているのは、ワシントン大学とフィンランドのアールト大学。

今回の動物実験ではウサギで行われ、コンタクトレンズの試作品に映されたのは1ピクセルのみ。
これ実験で実現可能であるとし、今後はピクセル数を増やしていくことができるそうです。
ゆくゆくは、現実世界の情報が映し出されたり、ゲーム端末やナビゲーション端末での使用が期待されています。

開発での最大の難点は、人間の最短焦点距離が数センチ先だということ。
目にあまりに近いものは焦点を合わせて見ることができないので、眼球に張り付いているコンタクトレンズには焦点が合わず、表示されている文字やイメージがぼやけて見えてしまいます。

これを解決するために、フレネル型のレンズを採用しました。
フレネル型レンズは通常のものより薄く平らなため、コンタクトに写されたイメージに焦点をあてることができるよう設計されています。

コンタクトにイメージを映すということは昔から研究されていますが、今回初めて動物での実験が行われ、新たな一歩を進めました。
しかし、生活の中で活用するレベルまで持って行くにはさらなる研究と開発が必要とのことです。(み)

06ce6765.jpg


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



学校保健統計調査
2011年12月14日 (水) | 編集 |
今月の12月8日に文部科学省から,
「平成23年度学校保健統計調査」(速報)が発表されました。

調査は今年4~6月、
東日本大震災の被害が大きかった岩手、宮城、福島の3県を調査対象から除いた
全国の5~17歳の健康診断結果から抽出した男女約65万人を対象に行ったものです。

そのデータによると、
裸眼視力1.0未満の人は、
[23年度]
幼稚園:25.48 
小学生:29.91
中学生:51.59
高校生:60.93

となっていて、高校生の6割の方が裸眼視力1.0未満になっているようです。

ちなみに30年前は
幼稚園:14.93
小学生:19.05
中学生:36.87
高校生:55.27   でした。
 
裸眼視力1.0未満の方は、30年前と比べて大幅に増加していますね・・。
現代はパソコン・携帯電話・ゲームなどが普及して目を酷使する人々が増えました。
以前と比べても低下のスピードは早くなってきています。

視力低下に早く気が付いて しっかりとした対策をすれば、
視力の回復も早くなります。

最近見づらく感じる・・、目を細めるとよく見える等、
少しでも気になることがございましたら、
お気楽にお電話をお掛け下さいませ。
お待ちしております。(崎)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



ドライアイ
2011年12月12日 (月) | 編集 |
この季節は空気が乾燥してのど・鼻・目に

かなり負担が掛ります

今回はドライアイについてのお話です。

ドライアイ(角膜乾燥症)とは目の疾患の

1つで様々な要因により涙の量が少なくなり

涙の成分が変化して眼球の表面が乾くことで

角膜や結膜が傷がついたり

視力低下もしてしまうこともある病気です。

原因

空気の乾燥・・・空気が乾燥すると、目の表面から
        涙液が蒸発しやしくなります。
        
瞬きが少ない・・・通常3秒に1回は瞬きをしますが、
         何かに集中すると(読書・パソコンなど)
         十数秒に1回程度になります。
         その為、涙液の蒸発が進む反面、分泌は
         低下し、涙の膜が切れてしまいます。

瞬きが不完全・・・瞬きの瞬間にしっかりまぶたを閉じてないと
         眼球の表面(下の方)が乾いてしまいます。

コンタクトレンズの使用・・・コンタクトレンズが水をはじく為
              目が乾燥することがあります。
              また、角膜がレンズに覆われて、
              その感度が鈍くなり、瞬きも
              不完全になることで涙の分泌が
              低下します。
対策・予防

○エアコンの風が直接あたらないようにしましょう。
○煙草の煙も避けましょう。
○加湿器や濡れタオルを部屋に置き湿度を保ちましょう。
○コンタクトレンズの使用をできるだけ、短くしましょう。
○パソコンは画面を見下ろす位置におき、合間に休憩を入れましょう。
○意識して瞬きをしましょう(完全に目を閉じる)。
○涙に近い成分の人工涙液を点眼しましょう。
               
※症状が改善されない場合は専門の医師にご相談を(三)

               
近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。













速読と遅読
2011年12月09日 (金) | 編集 |
今回は最近、テレビなどでもよくとりあげられている

速読と遅読に関してのお話です。

まず、速読とは(スピードリーディング)

文章を速く読む為の技術であり、読書スピードを向上させ効率よく、

大量の書物を読破する技術。

日本人平均読書スピードは1分あたり、500~700字と言われています。

速読をマスターすると、読書スピードは20000字(あらすじをつかむ読み方)

しっかり理解しながら読む場合は10000字。新書だと10分前後で読破出来る

ペースとういうかなりのハイペースです。

また、遅読とは(スローリーディング)

明確な定義は存在しないようですが

1冊の本を速く読みきることを目的とするのではなく繰り返し読んで理解を

深めることや知識や興味を広げていったり、

1冊の本をゆっくり味わいつくすというものです。

この2つの技術を習得し、勉強などの用途に合わせて、

使い分けが出来れば、

能率・読解力がかなりあがるでしょう。

ただし、どちらも近業なので、毛様体筋(目の筋肉)への負担

かかってしまいます。

手元を見るときの明るさ・距離などには十分気をつけて、

休憩を入れるなどのケア

必ず行いましょう!(三)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。





2011年も残り少なくなりました
2011年12月07日 (水) | 編集 |
12月に入りやっと冬らしくなりました。
今年も色々ありましたが、2011年もあと1か月を切りました。
皆さんはどんな1年を過ごされましたか?
年末に向けて、まだまだ忙しいとは思いますが、
1年を振り返る時期でもあります。
そして、1年を振り返る中で視力の低下でお悩みの方は、
今年最後にケアをするのもいいかもしれません。
近視は進行性のもの。
放置していては、進歩はありません。

現在東京視力回復センターでは12月28日まで、
『視力UP応援キャンペー』を行っています。

2011121.jpg

視力回復は早期発見・早期対応が効果的です!
今年の締めくくりに、冬休みを迎えるこの時期に、
来年の視力回復を目標に取り組んでみてはいかがでしょうか?
ご来所の際には予約が必要になります。
まずはご希望のセンターまでお電話にてご予約下さい。
今年の不安は今年のうちに解消しましょう~(たま)

各センターはここから!


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


目と脳
2011年12月05日 (月) | 編集 |
人の目は、網膜に映った2次元の世界を見ており、
奥行きそのものは認識しておらず、脳が造り出す『立体』を見ているのです。
遠くにあるものは小さく、近くにあるものを大きいと認識しています。

そのため、遠くにあるものを大きいと感じると、
近付いた時には更に大きくなると思い込み、同じサイズのものでも、
下記のような絵を見ると目が錯覚を起こしてしますのです。

img_75086_823545_8.jpg




また、脳には必要のないものを排除する機能が備わっており、
常に情報を補正しているのです。

例えば、ハンディカメラで撮影されたホームビデオを長時間見ていると
気分が悪くなったり、次から次へと映し出される映像に酔ってしまったりという
ご経験、皆さんもありませんか?
それはカメラ越しの映像を見ているから起きてしまう現象なのです。


撮りたいA地点からE地点へカメラを動かすと、当然A→B→C→D→Eと
B・C・D地点を通過せざるをえません。
そのため、流れる映像と残像が視界に入り、気分が悪くなってしまうのです。
しかし、私たちの目はどうでしょう。
今見ているパソコンから、壁の時計などに目を移してみて下さい。
その間にある物が視界に入ると思いますが、ハンディカメラのような
現象ではなかったはずです。
それは、目から入ってきた情報を、瞬時に脳が必要のない情報と判断し
編集し、カットしているからなのです。


目は、脳に直結している臓器の1つです。
高性能な目の仕組みと脳の編集力によって、私たちは毎日当たり前のように
物を見ているのです。
普段何気なく見ている映像を、意識してみるとまた面白いかもしれません。
そして、間違いなく目の大切さに気付くでしょうね。(増)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

飛蚊症緊急レポート
2011年12月02日 (金) | 編集 |
飛蚊症の存在を知って欲しい。
そして、適切な予防を!!

                                  レポーター 和歌山市 東畑さん

飛蚊症への道

22歳 システム開発の会社へ入社、その頃はモニタ(CRT)にはフイルターをつけていました。
職場が変わり目に優しいと言われていた液晶モニタに変わり、その時フィルターは付けませんでした。
その頃から目に対する意識が薄れていました。

28歳の時に、光輝度で光沢のある液晶モニタを購入、輝度を落として使えば大丈夫と思い、
この時もフィルターを付けませんでした。

そしてある日、疲れ目がひどく、つい、目を強く押してしまいました。

その後、目の前を黒い影が移動しました。次の日青い空を見上げると黒い糸くずが左目に浮いており、
右目も透明な点々と糸くずが浮いていました。

2011112810510000_convert_20111128110535.jpg

飛蚊症が発生する原因がよく分かってないそうです。

一般には加齢と共に誰にでもと言われていますが、実際にはならない人もいますし、若くてなる人もいます。
視界いっぱいにゴミだらけの人や少ししか飛蚊のない人もいます。
38歳の私は68歳の母より比べ物にならないほど多いです。


2011112810520000_convert_20111128110907.jpg


パソコン作業を長時間する人の中には、ひどい飛蚊症になっている人も少なくありません。

インターネットで公開されている下記のHPで書かれているように、私自身も高輝度ディスプレイを使用していた
時期と、飛蚊症を発症した時期が一致します。
経験的に言われる飛蚊症の原因には、ディスプレイの他に、目をこすった、マッサージした、強い光を見続けた、
疲れ目、等があり、又医学的にストレス
が影響する可能性も示唆さsれています。
パソコン作業が間接的な原因となっていても不思議はありません。

パソコン作業を長時間する人は、目の疾病と、健康管理に関する知識を。
起きてしまう前に!!

(小)

現役眼科医がわかりやすくまとめたサイトがあります。
飛蚊症の具体的な症状、対処法、予防法についてご参照ください

http://allabout.jp/gm/gl/17500[AllAbout【目の病気】飛蚊症]

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。