FC2ブログ
学校保健統計調査
2011年12月14日 (水) | 編集 |
今月の12月8日に文部科学省から,
「平成23年度学校保健統計調査」(速報)が発表されました。

調査は今年4~6月、
東日本大震災の被害が大きかった岩手、宮城、福島の3県を調査対象から除いた
全国の5~17歳の健康診断結果から抽出した男女約65万人を対象に行ったものです。

そのデータによると、
裸眼視力1.0未満の人は、
[23年度]
幼稚園:25.48 
小学生:29.91
中学生:51.59
高校生:60.93

となっていて、高校生の6割の方が裸眼視力1.0未満になっているようです。

ちなみに30年前は
幼稚園:14.93
小学生:19.05
中学生:36.87
高校生:55.27   でした。
 
裸眼視力1.0未満の方は、30年前と比べて大幅に増加していますね・・。
現代はパソコン・携帯電話・ゲームなどが普及して目を酷使する人々が増えました。
以前と比べても低下のスピードは早くなってきています。

視力低下に早く気が付いて しっかりとした対策をすれば、
視力の回復も早くなります。

最近見づらく感じる・・、目を細めるとよく見える等、
少しでも気になることがございましたら、
お気楽にお電話をお掛け下さいませ。
お待ちしております。(崎)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。