FC2ブログ
色が変わるコンタクトレンズ
2012年02月29日 (水) | 編集 |
体の状態によって色の変化するコンタクトレンズ......


お洒落なイメージを思い浮かべるかもしれません。


色の変わるコンタクトレンズは、糖尿病患者のためのコンタクトレンズで、

涙の中に含まれているグルコースの量によって、今の自分の血糖値が

高いのか低いのかを知ることができるコンタクトレンズだそうです。

ちなみに糖尿病は厚生労働省によると患者が日本中に1370万人いると推定されています。

開発されたコンタクトレンズを用いることによって糖尿病患者は、

常に視界の左下にある小さな半透明のドットで自分の血糖値を判断できるようになるそうです。

血糖値が上がった場合も下がった場合も、その危険度に応じて色を変えてくれるとのこと。

商用利用が可能かどうかのテスト中だそうですが、現在、血糖値を測定する方法は採血するしかないため、製品化されると糖尿病の人たちの一助になるかもしれません。

尚、このコンタクトレンズの開発と同時に、血中のコレステロールに反応するレンズも開発されているそうです。

geddes_new1.jpg


「近視・遠視・弱視でお悩みの方、
 東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。」