FC2ブログ
ブルーライト
2012年08月13日 (月) | 編集 |
 ここ最近になってよく耳にするようになった『ブルーライト

 ブルーライトとは、波長が380nmから495nmの青色光のことです。

 目に見える光の中で最もエネルギーが強く、パソコンやスマートフォン、液晶テレビなどのデジタルディスプレイから多く発せられると言われています

 ブラウン管に比べ、液晶モニターの方がブルーライトを多く発しており、また、スマートフォンの普及なども相まって、現代人はブルーライトを浴びる量が増えています
 
 青色光は赤色光に比べて散乱しやすく、理論的には眼精疲労や眼疾患を引き起こしやすいとのことです。

 また、ブルーライトと眼精疲労との因果関係を明らかにすべく、ブルーライトをカットする保護メガネを用いた実験を実際のオフィスで行ったらしく、その結果、保護メガネの装着により、眼のストレスは軽減されることが明らかになりました

 ただし、保護メガネをずっとかけ続けることによるマイナス面について、実験データが十分でないことや、ブルーライトが仕事の集中力を増すという研究報告もあるらしく、今後の研究結果にも注目です

 ブルーライト対策として、
(1)モニターにフィルムを張る。
(2)ブルーライトの影響を下げる専用のめがねをかける。
(3)携帯・スマホに専用の保護用シールを貼る。
などがある。

ブルーライト対策として、上記のほか、
(1)画面からなるべく眼を離す。
(2)夜遅くまでの作業を控える。
(3)長時間にわたる作業を控える。
ことも必要でしょう。


(やま)


thumb5.jpg


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ


視力回復見込みチェック好評実施中!!
詳しくはお近くのセンターまでお電話ください。