FC2ブログ
小学校受験・・・
2012年10月02日 (火) | 編集 |
受験勉強と目は、切っても切り離せません。

受験勉強は目を酷使します。近くを長時間見ることは、毛様体筋の緊張を伴うからです。

あと1ヶ月で、小学校受験のピークを迎えます。

受験勉強で目を視力低下させないためには、たまに遠くを見ることがもっとも簡単な近視予防法になります。

手元ばかり見ているのではなく、たまに目を上げて遠くに焦点を合わせるように心がけさせてください。
それだけでも違います。

そのほかには、30分に1度、長くても1時間に1回は休憩を入れる。目の血行を良くすることも大切です。

また、幼稚園・保育園生は腕のリーチが短いので、机や本に近すぎないように気をつけましょう。

身体に気をつけて、うれしい結果がもたらせられるようにお祈りしています。(森)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。