FC2ブログ
人工眼
2012年11月30日 (金) | 編集 |
最近ドイツの医師チームが網膜下に埋め込む最新式の人工眼によって中途失明した患者の視力を劇的に回復することに成功したと発表しました。

人工眼というものはその名の通り人工的に作られた眼球の事です。
詳しくは専門的なものになってしまうのですが、簡単いうとカメラが拾った光を機械に通し、電気信号に変えて人工器官へ送信、さらに器官から視神経へそのデータを送って脳に映像を見せる仕組みとのことです。

論文によると、暗い場所に置かれた明るい色のものを見つけることが出来たり、灰色の濃淡を見分けることが出来るようになったそうです。


まったく視力が見えない状態からここまで視力が回復すると患者さんとしては奇跡みたいなことかもしれないですね。
普段私たちはものが見えてるので、「全く見えていなかったものが見えるようになる」という喜びは想像すらつかないです。

センターでトレーニングしている方々もしっかりトレーニングをして「見える喜び」を感じられるようにがんばりましょう!