FC2ブログ
猫の見ている世界
2013年01月16日 (水) | 編集 |
猫にはこの世界がどのように見えているか興味はありませんか?

猫は人間と同じように眼から入った光は網膜から視神経を通して
情報が脳へ送信され映像として認識することができます。
この網膜には明るい場所で色を感じる「錐状体」と
薄暗い場所で明暗を感じたり、急激な動きを感知する「杆状体」という
二つの細胞があります。

猫は薄暗い場所で明暗を感じる「杆状体」の最高密度は人間より高く、
明るい場所で色を感じる「錐状体」の数は人間に比べ非常に少なくなっています。
つまり人間は明るい場所ではっきり見えるように「設定」されていますが、
猫は基本的に暗い場所でよく見え、狩りに役立つように
「動き」を検出しやすい視覚システムに「設定」されています。

また、猫は「眼の大きさ÷ボディーサイズ」値が哺乳動物の中で
最も大きいといわれており、体のわりに眼が大きくなっています。
さらに自由自在に瞳孔の大きさを変化させることが可能で、
最大時は人間よりも大きくする事もできます。
また網膜には光を増幅する機能もあるようで、猫は暗闇でも
少ない光を感じることができ、人間の6倍良く見えているとも言われています。

また、猫は白黒でしか見えないという通説が一般的ですが、
猫にも色感があるという仮説を裏付ける根拠となりうる研究もいくつかあります。
人間は明るい場所で色を感じる錘状体が3種類ありますが、
猫も人間と同様に錘状体が3種類あり、色を見分けることができると言います。
しかし人間の視覚のような鮮明な色感はないと考えられており、
ぼやけたパステル調ではないかと信じられています。

まだまだ、わからない事が多い段階ではありますが猫を飼っている人からすれば
少しでも飼い猫の事を理解できると嬉しくなりますね。(西)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。