FC2ブログ
メガネ洗浄器
2013年03月12日 (火) | 編集 |
眼鏡店の店頭や、センターの待合室に置いている超音波洗浄器について。
この時期、メガネについた花粉や、汚れを落とすために洗浄器を使う方も
多いようですが、洗浄の際、以下の点に気をつけていただければと思います。



・セルロイドや、アセテート等の材質のプラスチックフレームで、古いものは
 洗浄の時間が長いと、汚れが繊維から入り込み、フレームが白く濁ってしまう
 ことがあります。洗浄の際、水が汚れていないか確認し、きれいだとしても、
 できるだけ洗浄の時間は短めにした方がいいでしょう。

 また、プラスチックフレームはアルコールとの相性が悪いので、除菌のウエット
 ティッシュで拭くとやはり白く濁ってしまいます。

 メガネ専用の洗浄液をティッシュか、柔らかい布につけて拭くことをお奨めします。

セルフ~


また、金属のメガネであっても、耳にかかる部分は主にプラスチック素材でできているので、
年月が経過したものを洗浄すると汚れが目立ってしまいます。もし汚れが気になるようでしたら
その部分だけ交換できますので、フレームを購入されたところで相談してみて下さい。

先セル




・婦人用に多い、ジュエリー等飾りつきのフレームの場合、洗浄器の超音波の影響で
 飾りが接着されている台座から取れてしまうことがあります。できるだけ洗浄の
 時間は短めにして下さい。

imagesCAM76G5D.jpg



・レンズ止め部分にネジの緩み止めをつけている場合、洗浄することにより、
 緩み止めの成分が流れてしまうので、洗浄後に再度つけることをお奨めします。



花粉の春から、汗をかく夏に向けて、超音波洗浄器が大活躍すると思いますが、
正しい使い方でメガネを清潔に保っておきましょう。(植)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。