FC2ブログ
カラコンの危険!
2013年04月01日 (月) | 編集 |
最近よく目にするカラコン...
「瞳が大きく見える」などの理由で10~20代女性に人気の
カラーコンタクトレンズ(カラコン)で眼障害のトラブルが多発している。
不適切な使用でトラブルとなるケースが多くなってきているそうです。


◆8割が受診せず

日本で販売されているのはソフトレンズだけで、
装用感は良いが、汚れが付きやすく、微生物に汚染されやすい。

コンタクトレンズが原因で重篤な眼疾患となる症例のほとんどがソフトレンズ。
カラコン利用者の多くは購入前に眼科を受診せず、
不適切な使用で眼疾患を起こしているケースがほとんど。

同学会が会員の眼科医1105人を対象に行った調査では、
昨年7~9月にカラコンで目に障害を負ったのは395人。
多くは軽症だが、視力障害が残る可能性があった人が2・8%。
8割が購入前に眼科を受診していなかった。

カラコンは平成21年、「高度管理医療機器」として薬事法の規制対象となった。
販売業者は都道府県知事の許可を受ける必要があり、
店舗に管理者を置き、危険性の説明が義務付けられている。
ただ、購入に処方箋はいらず、インターネットや
一部の店舗では洋服を買うのと同じように購入できる。

◆低い酸素透過性

眼障害の原因の一つに酸素透過性の低い材質が使われていることがある。
角膜の健康には酸素が必要で、酸素透過性の低いレンズを長時間装用すると
角膜にびらんを生じたり、角膜周辺部に新生血管ができたりする。
使い捨てを繰り返し使ったり、友人同士で使い回したりするなどのずさんな
使い方のケースもあった。

購入時は必ず眼科医の診察を受け、装用方法・サイクルを守って使うこと。

しっかり管理して、安全に使用しましょう!!(神)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。