FC2ブログ
夏休み中の食生活にきをつけて!!!
2013年07月17日 (水) | 編集 |
今年は梅雨明けが早く、明けた途端猛暑日が続いていますね。
皆様、熱中症にはくれぐれもご注意ください。

夏休みが近づいてきました。
夏休み中の食生活にも気をつけましょう。

私たちの体は弱アルカリ性ですが、食事が酸性食品に偏りすぎると、「アジドージス」という血液中のアルカリ濃度が低い状態になります。

ところがインスタントラーメン、フライドチキン、冷凍ハンバーグ、ケーキ炭酸ジュース、スナック菓子といった子供たちの好む食品の多くが酸性食品なのです。酸性食品や甘い物を取りすぎると、カルシウムの働きが悪くなります。

カルシウムは眼球の形成に深く関係していて、不足すると強膜の弾力が衰え、眼球が球形から楕円形へと微妙に変化していく恐れがあります。

外食はめん類やごはん類など、どうしても糖質が多い物になりがちです。糖質を多くとると、それをエネルギーに変える働きをするビタミンが大量に必要になります。

ところが、糖質をエネルギーに変える働きのあるビタミンは、ジュースやアルコールをとりすぎることによって、その働きが低下してしまう傾向があるのです。

夏バテしないためにも、目の質が弱くならないためにも、バランスのよい食事を心がけましょう。(森)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。