FC2ブログ
眼の洗い過ぎに注意!
2013年07月31日 (水) | 編集 |
洗顔時やコンタクトを外したあとに
目の中を流水で洗い過ぎる事は目にとってよくありません。

一昔前は眼科でも眼内洗浄を頻繁に行っていたようですが、最近の研究では
眼内洗浄することで、それまで維持していた目の中の
良好な環境が一変してしまい眼の為にはむしろ悪いことが分かっています。

人の眼は涙に覆われていますが、この涙の構造は水分だけではなく
表面から油層・涙液層・ムチン層となっています。
その中の涙液層がいわゆる水分であり、目を潤わせている部分です。
表面の油層はその水分が蒸発しないようにするためにあります。
眼内洗浄を頻繁にすると、この油層が取れてしまいます。

もちろん、涙液層も一緒に奪われます。
つまり、涙を蒸発しないようにする油層がないことで
ドライアイになりやすい眼内環境となってしまい涙自体もなくなるので
さらにドライアイを促進するという悪循環が出来あがってしまいます。

目を適度に洗わないようにする事の方が実は目の状態を
良好に保つのにとても大切なポイントになってくるのです。

また、涙液層には目の栄養分や傷を治す治癒能力など
様々な役割が備わっており、これはどの目薬よりも優れている液体になります。
それを眼内洗浄することですべて奪い去ってしまう形になってしまいます。

では、目の中にまつ毛やゴミなどが入ってしまって洗わざるを
得ないような場合はいったいどうすればいいのでしょう?
そういった場合は、目を洗浄してゴミを洗い流した後に、
一時的に少なくなっている涙液層の役割を補助するためにドライアイ用の
目薬をさすことをお勧めします。
つまり涙の代役として目薬を活用する、あくまでもそれが
眼内洗浄時の眼にとって理想的な方法というわけです。
(西)

近視・遠視・弱視でお悩みの方。資料請求はこちらからどうぞ