FC2ブログ
快眠のコツ・・・身体を温める
2013年08月16日 (金) | 編集 |
寝苦しい夜が続きますが、快適な眠りを得るにはどんな点に気をつければいいのでしょうか。

夏の理想的な寝室環境は室温27~28度、湿度50~60%。快眠のためには、帰宅後は寝室などのドアを開けてエアコンをつけ、寝室にこもった熱を逃がしましょう。

睡眠中のエアコンは、27度前後を維持できればつけたままでもいいそうで、同じ強さで冷気が流れると体が冷え切ってしまう場合もあるので、不安な人は2~3時間で運転が止まるようタイマーを設定するといいでしょう。
エアコンの風がじかに体に当たらないように、送風口は上に向けて、空気が室内を一周するようにしましょう。

寝具やパジャマは素材によって暑さの感じ方が違うので、できるだけ夏用に替えるようにしましょう。
保冷剤などで冷やしすぎると肩こりなどの原因になるので、冷やすのは眠る直前までにしましょう。


人は眠る際、体の深部を最低限の温度に下げるため、体の表面から熱を放散させます。
睡眠時の体温が、体が活性化している時に比べ1度程度下がるとスムーズに眠りに入りやすいのですが、熱帯夜は熱の放散が難しいので、運動などであえて外気温より体温を高め、自然に下がりやすくするといいようです。

具体的には、睡眠前の軽いストレッチや、ぬるめのお風呂、トウガラシ料理などで体温を上げた後、エアコンや扇風機などの涼風に当たると自然な深い眠りにつきやすいそうで体の内側と外側から環境を整えることで眠りの質を高めることができます。
朝日を浴びたり、昼間に活発に過ごしたりすることも、夜に眠る欲求を強めるので効果的ですので、暑いからと室内に閉じこもらず、一番暑い時間帯を避け、外出することも大切です。

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。