FC2ブログ
深視力とは??
2013年08月23日 (金) | 編集 |
今年の夏もかなり盛り上がった高校野球!熱中した方も多いのではないでょうか?
前回に続いてスポーツに必要な視力。そのひとつに  深視力 があります。
深視力は、車の大型免許を取得するときにも必要とされますが、スポーツをするときにも重要とされます。
深視力とは、いわゆる遠近感・距離感です。

サッカーやラグビーという競技の際、スタジアムやテレビで見るとフィールドが一目瞭然ですが、選手の目線ではそのように見えません。選手の目線で見たときに、それをあたかも、鳥が見たような俯瞰図(ふかんず)に置き換える能力が必要です。深視力があればこのようなことができるのです。

また深視力は、野球のバッティングでも重要な能力です。
ボールをバットに当てるには、ボールと自分との距離を正確に把握することが必要です。
その他、ボクシングなどの格闘技でも、相手のパンチが自分にどの程度まで近づいているのかわかれば、僅かな差でキックやパンチを見切ることができます。
これらはすべて、正確な距離感をつかめればこそ可能なのです。

これは、左右の視力に大きな差があると、非常に不利になります。(いわゆる不同視)
私達は、片目だけでは、うまく遠近感をつかめません。
例えば、片目を閉じて、両手の人差し指を離れたところからくっつけようとしても、うまくいきません。これを両目でやると、いとも簡単にできてしまうのです。
左右の目から得られた映像は、微妙に異なっています。それが脳で統合され一つの映像として認識される時に、遠近感が生み出されます。そのときに、左右の視力に差があると良い方の目ばかり使ってしまうため、深視力がうまくでなくなるわけです。ですから、片方の視力が良いから大丈夫と放っておくのは危険です。スポーツされる方は勿論ですがそうでない方も、弱い方の視力を鍛えておくことが大切ですね。(久)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。