FC2ブログ
秋花粉・・・
2013年09月11日 (水) | 編集 |
猛暑が続き、暦の上では既に秋ですが、まだ実感できないですね。

ところで、秋にも花粉症があることをご存知でしょうか?

花粉症といえば、春のスギやヒノキの花粉症が有名ですが、秋にも花粉症があるんです。



秋はブタクサやヨモギなどキク科の花粉によるものが多く、実は日本で最初に見つかった花粉症はブタクサ花粉症だそうです。

「キク」が代表する、秋に黄色く咲く草花には注意が必要ですね。

見た目が稲穂のようなイネ科の花粉も原因の1つです。

キク科やイネ科の草花はもともと牧草で、水気の多い空き地や河川敷に群生します。

秋の花粉症はこのような場所で遊んでいる子どもに多く、強いアレルギー症状が出ることがあります。

また、カナムグラやイラクサの花粉や、秋に飛ぶというスギ花粉によることもあります。


症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりや眼・鼻・のどのかゆみなど、春の花粉症と同じです。

キク科やイネ科の草花は背が低いため、スギやヒノキの花粉ほど遠くには飛びません。

堤防や河原など、雑草が多く生えている所には行かない、草遊びをしないなど、花粉を吸わないように気をつけれ

ば、症状を抑えることができます。

春に花粉症があって秋も同じような症状が出る、あるいは風邪にしては症状が長引いている、かゆみが強い、

という時は、秋の花粉症かもしれません。かかりつけのお医者さんに相談しましょう。

又日々の訓練もなかなか集中するのが難しいかもしれませんが無理せずに頑張りましょう( ´ ▽ ` )ノ (か)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。