FC2ブログ
目が疲れない環境を
2013年09月16日 (月) | 編集 |
目が疲れない環境を


今日は、生活改善や測定の後のお話でいつも触れていることをまとめてみました。
視力回復のためには、訓練をしっかるやるのはもちろんのこと、日頃から目が疲れない環境を作ることも大切です。


*ご家庭でのセルフチェック*

・読書やプラモデル作り、お絵描きなどの細かい作業を暗い部屋でしていませんか?   
・テレビを近くで見ていませんか?
・ゴロゴロしながらテレビを見ていませんか?                      
・ゲーム等を長い時間していませんか?
・エアコンをつけっぱなしにしていませんか?                      


1つでも当てはまったら要注意です!
対策としては・・・

・細かい作業をする時は、部分的な照明で手元を適度に明るくし、目に負担をかけないようにしましょう。
(適度な明るさとは、明るすぎても暗すぎてもいけません。会員さんは生活改善の話の際にお配りしたプリントを参考にして頂くか、訓練士にお尋ね下さい。)

・テレビは休息を取りながら見るようにしましょう。なるべくCM中は目を休める、30分毎に目の体操や遠方凝視をするなど目を疲れさせない工夫を。

・テレビまでの距離に注意し、寝転んでテレビを見るのはやめましょう。
 肩こりや視力の左右差の原因になります。
 また、寝転んだ姿勢では、テレビを下から見上げることになるので、涙の蒸発を早め、ドライアイの原因にもなります。
 テレビの正面に座り、水平か見下ろすような位置で観賞しましょう。

・DSやPSP等の手元で遊ぶゲームは、画面が小さい上に、適度な距離を保つのが難しいので、テレビよりも相当目に 負担がかかります。
 ゲームはしないのが理想ではありますが、する場合は休憩を挟みながら、30分以内におさえましょう。

・部屋の乾燥にも注意!空気の入れ替えをする、エアコンを付けっぱなしにしないなど、常にきれいな空気を保つことを心がけてください。

・不規則な生活は目にも体にもよくありません。栄養をしっかり摂って、ゆっくりお風呂に入り、リラックスしましょう。
 イライラしていると瞬きの回数も減るそうです。また、お風呂の蒸気は目も潤してくれます。リラックスして質の良い睡眠を心がけましょう。良い睡眠は、眼精疲労を取る一番の解決策です。


いかがですか?
意識すれば今すぐにでも始められることばかりですよね!
目は一生使う大切な友達です。
まずは生活を見直し、目が疲れない環境を作るよう心がけましょう。(ゆ)

無題