未熟児網膜症
2013年11月29日 (金) | 編集 |
皆さんは『未熟児網膜症』という病気をご存じですか?
あまり聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。

『未熟児網膜症』とは、網膜の血管の未熟性に基づく疾患で、在胎週数34週未満、出生体重が1800g未満の低出生体重児に起こりやすく、生後3~6週頃に発症します。

私たちヒトの『眼』は、妊娠第3週頃に出来始め、7週頃には眼球の形がほとんど完成しています。
光の刺激を脳に伝える神経の膜である『網膜』もこの時期には形成されています。

そこから伸びる視神経も神経管を伝って大脳にまで到達していますが、網膜を養う血管は妊娠16週以降に視神経乳頭部から網膜の外側へと発達し始めます。

この視神経乳頭部は、中央よりやや鼻側にあり、鼻側の網膜血管は、妊娠第8ヶ月くらいには網膜の端まで発達し終わっているのですが、耳側の網膜血管は長いので、9ヶ月以降にならないと発達し終わりません。

なので、多くは耳側の網膜に病変が起こります。

原因としては、胎児が予定より早く生まれてしまったため、網膜血管の発達が終わっていない為に生じます。
高濃度の酸素の投与も要因の1つと考えられていますが、これだけが原因ではなさそうです。

高濃度の酸素は、これから伸びていこうとする網膜の血管を収縮させます。
これがある程度以上続くと血管の先端部が閉塞してしまいます。
子宮の中から体外にでるだけで、赤ちゃんがさらされる酸素の濃度は2~3倍になるのです。

これだけでもまだ発達途中だった網膜の血管は収縮しますが、未熟児の場合多くは保育器の中で高濃度の酸素が投与されるのでさらに血管が収縮し、閉塞を起こしてしまうわけです。
保育器の中にいる間は高濃度の酸素のために、血管が閉塞しても酸素は十分行き渡り、血管ができていない部分の網膜も酸素が足りている状態になります。

しかし、酸素の投与がなくなると、血管のない部分の網膜は酸欠状態になってしまいます。
 
酸素不足を解消するために、血管を伸ばして酸素を供給しなければならないのですが、延びるべき血管が閉塞してしまっているために、その周囲から新生血管という、未熟で異常な血管が周囲に向かって伸びて行きます。
この新生血管は非常にもろく破れやすいので、出血をしたり、重症例では、伸びていくときに、線維性の組織を伴って伸びてゆくので、これが収縮して網膜を引っ張り網膜剥離を起こして失明することもあるのです。

ほとんどの場合は途中で進行が止まり自然に治癒しますが、重症化する可能性も決して少なくありません。

その『未熟児網膜症』の手術は、2004年に始まりました。
そして現在、その手術法が病気の進行を抑え、67%の子が日常生活に支障ない視力になったことが明らかになりました。

従来、重症の場合、異常な血管の活動が落ち着いてからその血管の膜を切り取っていたそうですが、網膜のはがれが進むため、明暗や物の動きがわかる程度にしか改善しなかったそうです。

しかし、国立成育医療研究センター眼科の医師らが、異常な血管が伸びる足がかりとなる硝子体の線維を、なるべく早く切り取る手術を開始し、7年半で57人(103眼)が手術を受けました。

その結果、視力を測れた生後8カ月~4歳10カ月の32人(58眼)のうち、67%の人の視力が0.08~0.5(平均0.2)となり、少しずつ良い方向に向かっている方がたくさんいらっしゃるようです。

現在も、この医療技術は着々と進化しているのだとか。

更に技術が向上して、もっと多くの赤ちゃんたちが、視力を取り戻すことができますように。(安)
ダイオウイカの目
2013年11月27日 (水) | 編集 |
最近、巷で人気のダイオウイカ。


大きい物は20mくらいになるとか、マッコウクジラと


戦ったりとか、神話に出てくる「クラーケン」のモデル


だったりとか色々言われております。


c5094574.jpg


ダイオウイカさん、身体が大きいぶん目もそれなりのサイズでして、


なんと眼球の直径25cm位になるそうです。


ちなみに人間の眼球サイズの平均が約24mmなので、25mmということは


約10倍。これだけ大きいと、ほとんど光がささない深海でも1.5くらいの


視力が得られるそうです。(


IMGP3061-ama.jpg


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



ブログランキング参加中!クリックしてね!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ
冬の乾燥
2013年11月25日 (月) | 編集 |
めっきり寒くなり冬がやってきましたね。
冬で気になるのは乾燥…目も肌や空気と同じように乾燥しやすい季節です。

空気が乾燥する冬はドライアイの症状を訴える方が増えます。

涙の分泌量が減ること、目の表面から蒸発する涙の量が増えることが影響しています。
ドライアイを引き起こす要因や環境には以下の事が挙げられ、これらが複合して起こっていると考えられています。


●年齢
加齢によって涙の分泌量が減るとともに、涙の安定性などの質も低下します。

●乾燥した環境
空気が乾燥する冬には、目の表面からの涙の蒸発量が増えてドライアイになりやすくなります。
特に、エアコンから吹き出す風が直接あたると症状が悪化します。

●VDT作業
パソコンや携帯端末などのモニタ画面を見つめる作業を長時間行うと、まばたきの回数が極端に減るために
ドライアイが起こりやすくなります。

●コンタクトレンズ
コンタクトレンズを装用すると、水分の蒸発量が増えてドライアイになりやすくなります。
特にソフトコンタクトレンズでは、まばたきのたびに目の表面とレンズの間で摩擦が生じ
炎症が引き起こされるため、目の乾燥感が増加します。

●薬の副作用
抗コリン作用のある降圧薬(血圧を下げる薬)や精神疾患薬などで、涙の分泌量が減少することがあります。
また防腐剤が入っている点眼液の影響で角膜に傷がつくこともあります。

●シェーグレン症候群
中年の女性に多い自己免疫疾患で、涙腺や唾液腺などが破壊されて、涙や唾液が分泌されなくなります。
重症の場合、目が開けられないほどの痛みを伴うことがあります。

●アイメイク
まぶたの内側にはマイボーム腺という目の表面の涙が蒸発しないための油が出る腺があり、目の潤いは
ここから出る油によって保たれているが、濃い化粧をするとマイボーム腺がふさがれ油が分泌できなくなります。

ドライアイ対策・予防

1.目の休息
・定期的に目を休める。
・遠くを見たり、目の健康体操をして緊張を和らげる。
・蒸しタオルで目を暖め血行をよくする。
・まばたきの回数を意識的に多くする。

2.目薬を利用する
・ドライアイの症状がひどい場合には、ドライアイ専用目薬を利用する。

3.部屋の湿度を保つ
・加湿器などを利用して部屋の湿度を保つようにする。

4.コンタクトレンズの正しい利用をする
・使用する際には使用上の注意を守り、症状がひどい場合にはコンタクトレンズの使用を止める。

5.アイメイクに気をつける
・メーク落としをしっかりと行なう。(7)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

目の錯覚とアート
2013年11月22日 (金) | 編集 |
目の錯覚を利用したトリックアート。
みなさんは見たことありますか?・・・

トリックアートとは?
TrickArt(トリックアート)とは、いわゆるトロンプ・ルイユ(騙し絵)をもとに
人間の錯覚を利用することにより、「立体に見える絵画」や「見る角度によってまったく違った印象になる作品」
さらには「中に入ることで錯覚を体感できる作品」等、不思議で楽しめる全く新しいアートなのです。

作品と一緒に写真を撮ることで完成するリアルで不思議な世界をぜひ体験して下さい♪


★トリックアートの楽しみ方★
写真を撮って遊ぶ
作品の前でポーズを決めて写真をパチリ!面白い写真が撮れちゃいます。
どんなポーズを取るかはあなた次第です!
play_01.jpg





見る角度を変えてみる
トリックアートには、見る角度を変えると印象が変わっちゃう作品もあるんですよ♪
右から見ると…左から見ると…
あれれ、スタイル変わってません??
play_02.gif



錯覚を体感する
部屋に入って全身で錯覚を感じることができちゃうトリックアートもいかがでしょうか?
大きくなれたり、小さくなれたり…錯覚の世界で遊びましょう。
play_03.jpg



みんなで遊んでみるといいかもしれないですね♪

東京トリックアート迷宮館さんを参考にさせていただきました。

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




北斗七星で視力検査
2013年11月20日 (水) | 編集 |
北斗七星のひしゃくの柄の部分から2つ目の2等星「ミザール」のすぐそぱに、4等星の星「アルコル」があります。アラビアでは、その昔「ミザール」と「アルコル」を使って兵士の視力検査をしていたそうです。「アルコル」が見えれば兵士として(視力良好とされ)徴兵される場合も多かったそうです。

0655_03.jpg

提供:国立天文台

 しかし、実際には「ミザール」と「アルコル」の見かけ上の距離は満月の半分ほどで、角度でいうと12分ほどです(1分は1度の60分の1の角度)。視力1.0の人の分解能は1分に相当するので、視力0.1以上あれば「ミザール」と「アルコル」を見分けることができますので、もし見分けられなければ視力は相当悪いと言うことになりそうです。ただ、現代の都市部の環境では「アルコル」自体を見ることが難しいとは思います。
 さらにミザールを望遠鏡で見ると、2.4等星(ミザールA)と4.0等星(ミザールB)が並んでいるのが見えます。ミザールが連星であることは古くから知られていて、ミザールABはおよそ2万年の周期で回り合っている連星だそうです。
 都会では、なかなか星を見ることは難しいですが、日頃パソコンやスマートフォンなどで目を酷使しがちな現代だからこそ、たまには星空を見て目を休めながら遠い昔に思いを馳せてみるのもいいかもしれません。(久)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


目やに(目脂)
2013年11月18日 (月) | 編集 |
目やにとは、目から出る分泌物です。

結膜や角膜上皮から分泌されているムチンを主成分とする粘液に、涙や血管から漏れた血液細胞、まぶたからの老廃物・ほこりなどが混じったものでできているそうです

朝に目やにが見られる事が多い理由は、通常、まばたきによって涙とともに目頭の涙嚢に洗い流されているが、睡眠中にはこの作用がないため、起床時には健常者でも目頭や目尻に少量の乾いた目やにが付着していることがあります
この為、朝の目やには誰にでも出るものです

しかし大量の目やにが出たり、色がおかしい、膿が混じるなどの異常が見られたりした場合には、結膜炎・涙嚢炎・鼻涙管狭窄・さかまつげなどによる角膜炎・ドライアイなど、様々な眼疾患の可能性があるので医師に相談した方が良いでしょう

ここでは、日常生活で簡単にできる予防法をご紹介します。

部屋をこまめに掃除し清潔に保つ


花粉、ハウスダスト対策は、部屋の掃除をこまめに行うことや通気を良くすることが大切です
ただし、花粉を外から室内に持ち込まないためにも、花粉の時期に窓を開けたり洗濯物を外に干すことは避けましょう。ダニの繁殖を防ぐために、カーペットは敷くのを止めるか、こまめに掃除機をかけたり時々丸洗いすることをおすすめします

細菌やウイルスから目を守る
(1)手で目をこすらない
(2)帰宅後はよく手を洗う
(3)結膜炎にかかっている人とタオルなどの生活用品は別々にする
(4)プールから出たらよく洗眼し、目薬をさすなどして、細菌やウイルスから目を守りましょう

原因はこれらだけではありませんが、簡単なことなので少し意識してみましょう。

ちなみにムチンという物質は山芋や昆布、ウナギなどに含まれているネバネバとした物質と同じらしいですムチンは眼球の表面をはじめ、口の中や鼻の中、果ては胃や腸にまで存在し、人の体を守っているのです
人の体に山芋と同じ成分が存在するなんて、意外ですねやま



                 35.jpg

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


ぼやけた世界とクリアな世界
2013年11月15日 (金) | 編集 |
4__.jpg
3__.jpg
15.jpg
16.jpg
14.jpg
13.jpg
19.jpg
20.jpg
17.jpg
18.jpg




屈折異常は近視・遠視・弱視・乱視・老眼と
様々ございます。
目はお1人、お1人、状態が異なります。
近視・遠視・弱視・乱視・老眼なのか?
どのくらいの屈折(進行の状態)なのか?
視力がどのくらい出るのか?
また、その方の生活環境で
対処法がそれぞれ、変わってきます。
十人十色のトレーニング方法、生活面の改善法が
ございます。
皆様の状態に合ったアドバイスを
今後も考えて参りたいと思います。(三)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

★ この季節にはカボチャを ★
2013年11月13日 (水) | 編集 |
image_201311121731203cb.jpg

かぼちゃには体を温める効果があるので、冷え性の方にはうってつけの野菜です。
温かいスープにして飲めば保温効果は抜群で、病後の体力回復にも効果があります。


かぼちゃは、β-カロチン(ビタミンA)が豊富なほか、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄などをバランスよく含んだ栄養面ですぐれた野菜です。
この数多い栄養成分の中でも、含有量の多さで目をひくのがβ-カロチンです。


近年、このビタミンAが風邪、C型肝炎などの感染症やガンといった免疫力低下によって発症する病気の抑制に効果的であることで注目されています。

β-カロチンには、粘膜などの細胞を強化して、免疫力を高める働きがあります。
免疫力が高まると、外から体内に侵入してくる有害な細菌やウイルスを撃退するだけではなく、抗がん作用も高まります。

さらにβ-カロチンには、体を酸化から守る坑酸化作用もあります。
体内の細胞の酸化は、ガンや老化など様々な病気の原因となっています。

体を酸化から守るためには、日常の食事から抗酸化成分を豊富に摂ることが重要ですが、その抗酸化成分の代表がβ-カロチンです。



また、冬至に食べるとよいといわれるのは、その時期、かぼちゃを常食していると、風邪の予防になると考えられるからです。
ビタミンAとCが粘膜の抵抗力を高め、細菌感染を予防する効果を発揮します。


体力がなく、貧血ぎみの方が常食すれば、鉄分、カルシウム、ビタミンCなどの効果で、症状が改善されるでしょう。

胃や腸の潰瘍に、かぼちゃのポタージュがよく飲まれます。これはカロチンとビタミンCに、細胞粘膜を正常に保つ効果があるとされるからです。

かぼちゃのビタミン類、ポリフェノール、ミネラル、食物繊維等は、皮やワタに多く含まれています。調理の際は、これらの部分も上手に使うが良いでしょう。

ちなみにビタミンAとビタミンEは脂溶性なので、油と一緒に調理すると体内での吸収率が良くなります。


■ かぼちゃ100g中の栄養素含有量 ■
β-カロチン:4000μg
ビタミンC:43mg
ビタミンA:5.1mg
葉   酸:42μg

cee26752818b3a93ec908c3d8b4bdec5.jpg

■ 眼の栄養素としてのビタミンA ■
ビタミンの中でとくにビタミンAは目との関係が深く、角膜や網膜の細胞、粘膜をを正常な状態に保ち、涙の量を一定に保つなど、目を活性化させる働きがあります。


(小)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

心地よい安らぎを
2013年11月11日 (月) | 編集 |
日中の疲れをいやしてくれるお風呂。
出来れば毎日湯船につかり、のんびりしたいものですが、難しいときには
足湯に挑戦してみてはいかがでしょうか?

足から温まった“熱”は身体の中に上がって全身を温めるそうで
入浴できない時や、湯船に長時間つかれない方にはお奨めです。
身体が温まると免疫力も向上し、これからの風邪の予防にもつながります。

お勧めの足湯は、浴室にイスを持ち込んで行います。
ぬるくなったらすぐにお湯を足せ、床が濡れる心配もありません。

出来れば、大き目のバケツを使い、足首の内側にある
“三陰交”(さんいんこう)という冷えのツボヲを温めるとよいでしょう。

お湯の温度は少し熱いと感じる、42℃前後が目安です。
お湯にアロマオイルなどを入れ、香りを楽しみながら
行うのもいいですね。

ashiyu.png



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

目の色や視力、まぶたの様子でわかる体の病気
2013年11月08日 (金) | 編集 |
目の調子が悪くて眼科に行く事がありますが、目以外の大きな病気の
症状の一つとして目がおかしくなっていることがあるのを知っていますか。
眼科医が目以外の病気を発見して体の他の部分の検査を受ける事をすすめる
というのはよくあることなのです。

では目の状態と関連する病気を紹介しましょう。

・目が出ている 甲状腺機能亢進症
・慢性眼瞼垂下及び複視 重症筋無力症
・目のぼやけ、視界が暗い 脳卒中、硬化症
・こめかみのあたりの頭痛、物を噛んだときの痛み 側頭動脈炎
・片方の目を閉じられない 顔面神経痛
・突然まぶたがたれる 脳動脈瘤
・黄色い目(黄疸) 胆石、膵臓癌

また、以下の症状が見られる場合もすぐに医者に行くようにしましょう。

・左右の瞳孔の大きさが違う
・急な視力低下やぼやけ
・小さな斑点や曇りがふらふらと視界を漂う
・目がチカチカする

健康診断、体調チェックという意味にもなるので、定期的な眼科検診は必ず
受けるようにしましょう。
(tama)


me222.jpeg



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

まぶたの腫れ
2013年11月04日 (月) | 編集 |
朝起きて鏡を見てみると、まぶたが腫れぼったく
むくんでいたなんていう経験があると思います。

ではなぜ起こるのでしょう。

まぶたが腫れる原因
○疲れ目
○血行が良くない
○水分の蓄積

仕事や勉強で目を酷使することで目が疲れ、
むくんでしまうことがあるそうです。

また、塩分のとりすぎから来る場合もあります。

まぶたのむくみの解消法としては、
目の疲れを取り、休ませることが大事です。

お湯につけた温かいタオルで1~2分間、顔全体を暖めてから、
水で軽く洗顔します。

これを2~3回繰り返すと、顔やまぶたの血行がよくなり
スッキリするでしょう。(井)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


コンタクトレンズを入れていた猫
2013年11月01日 (金) | 編集 |
一般にコンタクトレンズは視力補正用として認識されていますが、場合によっては
逆まつ毛により角膜を傷つけてしまうのを防止したりと別な用途に使用されることも
あります。


そして、人間だけではなく、動物もコンタクトレンズを使用することがあるようです。

15歳の猫、アーネストは眼瞼内反(がんけんないはん)という症状が出て、まぶたが
内側にめくれてしまい眼球を傷つけていました。まぶたの手術をすれば治るのですが、
15歳という高齢から麻酔に耐えられない可能性があったため手の施しようがなかった
そうです。そこで獣医さんが猫用のコンタクトレンズを入れて眼球を保護、まぶたと
眼球が直接触れないようにしたためアーネストは手術をすることなく回復したそうです。


cl 猫 01

人間と同じようにレンズを入れて



cl 猫 02

見た目もさほど違和感がありません。


猫の目は喧嘩の傷や、風邪などによって簡単に炎症を起こし、場合によっては
失明してしまうこともあるようです。
このアーネストという猫、失明の危機を免れることができてよかったですね。



gigazine コンタクトレンズのおかげで盲目にならずに済んだ猫  を参考にさせていただきました (植)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。